TOP > CATEGORY > 2008年お気に入り作品5選
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


今年こそは積み作品を減らしたい 

2009年01月18日 ()
  
 「2008年お気に入り作品5選」予定していた全企画が終了しました。今年はなんとか1月の半ばまでに全部あげることができて満足。来年は年明けからあげれるように前もって年内に書いておきたいですね。


 ・2008年 お気に入りノベルゲーム 5選
 ・2008年 お気に入りムービー 5選  
 ・2008年 お気に入りライトノベル 5選
 ・2008年 お気に入りアニメ 5選
 ・2008年 お気に入り漫画 5選  


 ノベルゲー・ムービー・ラノベ・アニメ・漫画と5つの媒体でそれぞれ良かったものをあげましたが、いいかがだったでしょうか?知ってる作品もあれば、そうでなかったのもあるかと思います。私の場合、あんな感じなので、少しでも参考になれば幸いです。
 他の人の「2008年良かった作品」もいろいろ聞いてみたいですね。また記入用紙をサークルの部室に持って行って皆に書いてもらいましょうかね。

 ここ1年くらい、このブログではノベルゲーの話ばかりしていたので、ラノベや漫画の話題は久しぶりだったり…。ノベルゲー以外の話もやっていきたいのですが、ノベルゲーの話をするだけで精一杯なのが現状。もう少し時間的に余裕があれば本やアニメの話もできるんですけどね。まあ、私のそういう話に需要があるかどうかはまた別ですが…。余裕があればやりたいですね。
 去年1年いろいろな作品を消化してきましたが、積んでるものが一昨年よりも明らかに増えた気がします。既存の自分がチェックしているシリーズや作家のものを消化していくのに手一杯で、新規に読もうと買ってきたものが積まれていく感じ。良くない傾向です。今年こそは積み作品を減らしたい。目標としてはこんな感じ。

 ノベルゲー:30本
 小説:100冊
 アニメ:1日1話。新番チェックを再開する。
 漫画:雑誌チェックを再開する

 たぶんこのくらい読めば、新作を消化しつつ積まれたものも消化できると思うんですよね。不可能ではないはず。でもよくよく考えるとノベルゲー30本って結構きつい。2週間でゲームやってレビュー書くというペースか。レビュー書かなかったらできないこともないけど、ブログやりながらだとしんどいですね。まあ、研究室に入る前は50本くらいやってたし無理じゃないはず。
 まずは、シャルノスのレビューあげて次のゲームをやることから始めましょうか。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.01.18(Sun) 11:29] 2008年お気に入り作品5選Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2008年 お気に入り漫画 5選 

2009年01月14日 ()
  
 2008年お気に入り漫画5選です。
 2008年に発売された新作だけだと選ぶのがちょっとしんどいので、2008年に新しく読んだシリーズという括りで選んでいます。

 それではどうぞ。

続きを読む↓

  

 1. 弱虫ペダル

 
弱虫ペダル 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/07/08)
渡辺 航

商品詳細を見る


 今年読んだ新作漫画で一番おもしろかったのがこの弱虫ペダル。毎週秋葉原まで片道45kmの道のりを自転車で通い続けた少年が、自転車部に入部し、ロードレースに挑戦する物語です。
 体力の限界に挑戦する自転車漫画は多少根性補正が入っても気にならないのが良いところ。気力と気力のぶつかり合いがいいですよね。
 自転車に乗ってどこか遠いところに行ってみたくなる良い漫画です。






 2. GA -芸術科アートデザインクラス-

 
GA -芸術科アートデザインクラス- (1) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス) GA -芸術科アートデザインクラス- (1)
(まんがタイムKRコミックス)

(2006/09/27)
きゆづき さとこ

商品詳細を見る


 続いては、GA -芸術科アートデザインクラス-。まんがタイムきららCharatにて連載中の4コマ漫画。1つ1つのネタがおもしろい良い漫画です。舞台が高校の美術科なだけあって美術関係のネタがとりわけ多めです。色彩をネタにしたカラーページはかなり好き。
 アニメ化も決まったことですし、そろそろとらのあなの情報誌「とらだよ」に連載されている「GA材置き場」が書籍化してもいい頃合い。フルカラー冊子で3巻の特典にでもつきませんかねー。






 3. ゆるめいつ

ゆるめいつ(1) (バンブー・コミックス)ゆるめいつ(1) (バンブー・コミックス)
(2007/07/06)
saxyun

商品詳細を見る


 浪人生という名のニートな登場人物達のゆるくてゆる~い日常を描いた4コマ漫画。ただただゆる~い日常が続くだけの漫画です。すごくまったりしています。
 何もやる気がしない時、長期休暇とかに読むのがオススメ。






 4.百舌谷さん逆上する

 
百舌谷さん逆上する 1 (1) (アフタヌーンKC)百舌谷さん逆上する 1 (1) (アフタヌーンKC)
(2008/06/23)
篠房 六郎

商品詳細を見る


 ヨーゼフ・ツンデレ型双極性パーソナリティ障害の女の子「百舌谷さん」を描いたツンデレコメディ。
 百舌谷さんのツンデレが定義通りであることは間違いないんだけど、このツンデレは何か違う、そう思わせる何とも奇妙な作品です。
 最近のツンデレはデレてるだけでツンデレじゃないというあなたに。真のツンデレ漫画(?)をどうぞ。






 5. 任侠沈没

 
任侠沈没 1巻 (1) (ニチブンコミックス)任侠沈没 1巻 (1) (ニチブンコミックス)
(2007/06/19)
山口 正人

商品詳細を見る


 この企画の最後を飾るのはこの漫画、任侠沈没です。従来のヤクザ漫画とは一線を画する新時代のヤクザ漫画。ある意味、神漫画です、この任侠沈没は。
 とりあえず、一度読んでみるのをオススメします。ヤクザへの見方が変わること間違いなしです。ヤクザの可能性は無限大。







 以上、2008年お気に入り漫画5選でした。
 全部某先輩の家にある漫画となりました。いつも良い漫画をありがとうございます。昨年は漫画の新規開拓には先輩に頼り切りだったのがちょっと悲しいところ。今年は自分でももっと新規開拓したいですね。



 関連記事 : 2007年分野別良かった作品-アニメ編-

 

閉じる↑

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.01.14(Wed) 23:29] 2008年お気に入り作品5選Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2008年 お気に入りアニメ 5選 

2009年01月13日 ()
  
 2008年お気に入りアニメ5選です。
 2008年に新しく放映されたアニメの中から選びました。

 それでは、どうぞ。

続きを読む↓

  


 1. true tears

 
true tears vol.1 [DVD]true tears vol.1 [DVD]
(2008/03/25)

制作/P.A.WORKS


商品詳細を見る


 2008年のアニメ第一位は、true tears。
 涙をなくした少女が再び涙を取り戻すまでを描いた、6人の少年少女の青春恋愛物語です。
 各人物の流す涙が印象的な作品でした。ここまできれいな涙を見たのはこれが初めてです。また、映像的にも美しい作品でした。各キャラクターの表情が良く出ていて、心情がしっかりと伝わってきました。すれちがう恋模様を見ていて胸がせつなくなってくる良い物語でした。






 2. ef - a tale of memories / ef - a tale of melodies

 
ef - a tale of melodies. 1 [DVD]ef - a tale of melodies. 1 [DVD]
(2008/12/26)

制作/シャフト


商品詳細を見る


 ゲーム、ムービーに続いてこの企画3回目のランクインです。2008年はefの年でした。
 基本的なストーリーは原作と同じですが細部がところどころ違っていて、アニメ独自の脚本もおもしろかったです。原作もおもしろいけど、アニメはアニメでなかなかおもしろい、そう胸を張って言える良い作品でした。
 過剰なまでの演出は見ていて飽きなくて良い感じ。ノベルゲームの表現とアニメの表現をいろいろ比較して楽しい作品でした。いつもコメディベースの作品を作っているシャフトですが、ストーリー重視のefも良かったので、またシャフトの作る過剰演出のストーリーものを見てみたいです。






 3. 劇場版 空の境界

 
劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 [DVD]劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 [DVD]
(2008/05/21)

制作/ufotable


商品詳細を見る


 月姫、Fateに継ぐ、奈須きのこ作品3度目のアニメ化。
 劇場版ということもあり、3つの中では文句なしに一番出来が良いです。
 原作厨としては大満足の出来なのですが、原作未読者は説明が足りなくて置いてけぼりをくらうかも。
 できることなら原作を読んでから見るのをオススメします。
 まもなく関西でも6章の忘却録音が上映開始。空の境界でもちょっと異質な第6章、映像にするとどうなるか楽しみです。 






 4. ひだまりスケッチ×365

 
ひだまりスケッチ×365 Vol.1 [DVD]ひだまりスケッチ×365 Vol.1 [DVD]
(2008/09/24)

制作/シャフト


商品詳細を見る


 4つ目は、ひだまりスケッチ365。
 2007年の1期に継いで、今回は2期がランクインしました。
 毎回、安心して視聴できるいいアニメです。
 ウメ先生の同人誌が百合百合してる影響か、最近どうもひだまりスケッチが百合百合しているように見えてしまいます。漫画4巻の新キャラとかまさにそうだし…。ウメスの百合好きにも困ったところ。どうにかしないと…






 5. コードギアス 反逆のルルーシュ R2

 
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 [DVD]
(2008/08/22)

制作/サンライズ


商品詳細を見る


 2008年お気に入りアニメ、最後は、コードギアスです。
 1期は「ここで終わりかよ」ってところで終わりましたが、2期はきちんと終わって良かったです。オチも納得できるもので満足。ルルーシュによるルルーシュのためのアニメでした。







 以上2008年お気に入りアニメ5選でした。2008年は1クールに5本程度しか見れませんでしたが、それでもおもしろいアニメは結構ありました。時間に余裕がなくておもしろそうなのだけ見ているともいえますが、まあ満足しているので良しとしましょう。
 2008年はできませんでしたが今年こそは深夜アニメ全新番チェックをまた再開したいところ。



 関連記事 : 2007年分野別良かった作品-アニメ編-

閉じる↑

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.01.13(Tue) 21:04] 2008年お気に入り作品5選Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

今期のお勧め by フェンリル
今期は第2シリーズですが夏目友人帳を是非。お勧めの一品です。

コメントを閉じる▲

2008年 お気に入りライトノベル 5選  

2009年01月12日 ()
 
 2008年お気に入りライトノベル5選です。
 2008年に発売された新作だけだと選ぶのがちょっとしんどいので、2008年に新しく読んだシリーズという括りで選んでいます。

 それでは、どうぞ。


続きを読む↓

  
  
 1. 黄昏色の詠使い

 
イヴは夜明けに微笑んで―黄昏色の詠使い (富士見ファンタジア文庫)イヴは夜明けに微笑んで―黄昏色の詠使い

著者/細音 啓
イラスト/竹岡美穂
レーベル/富士見ファンタジア文庫

商品詳細を見る


 綺麗とか美しいとかそんな言葉が似合う作品。著者自作の言語による名詠式(召還魔法)は綺麗で、人を想う心や人と人との絆は本当に美しい。それは竹岡美穂(イラスト)の色使いのように綺麗。
 2008年一番のお気に入りです。久々に読んで感動した本でした。





 2. 戦闘要塞マスラヲ

 
戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (スニーカー文庫)戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス

著者/林 トモアキ
イラスト/上田夢人
レーベル/スニーカー文庫

商品詳細を見る


 ひきこもりニートのヒデオと電子精霊のウィル子が魔人や人間の頂点を決める聖魔杯で闘うというお話。
 今年、完結しました。全5巻。
 基本ギャグベースで進んでいく作品なのですが、要所要所はしっかり押さえていて燃えるところはしっかり燃えるいい作品です。特に最終巻は熱かったです。4巻のラストから最高の展開に持ってきた感じ。
 同著者の前作「お・り・が・み」を読んでおくとより楽しめるかも。





 3. AURA~魔竜院光牙最後の闘い~

 
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~

著者/田中 ロミオ
イラスト/mebae
レーベル/ガガガ文庫

商品詳細を見る


 ラノベでよくある邪気眼設定を逆にうまく扱った作品。
 切り口はちょっと変わっていますが、その中身は真っ当なボーイミーツガール。
 おもしろかったです。ニヤニヤしながら一気に読んでしまいました。
 中二設定の物語が好きな人、中二病・高二病・大二病を患っている(いた)人に読んでもらいたい一冊。





 4. 鋼殻のレギオス

 
鋼殻のレギオス (富士見ファンタジア文庫)鋼殻のレギオス

著者/雨木 シュウスケ
イラスト/深遊
レーベル/冨士見ファンタジア文庫

商品詳細を見る


 主人公が学園最強かつモテモテな学園ファンタジー。世界設定が結構好きな作品です。
 現在4人のヒロインがいますが、私はもちろんフェリ派。まあ、フェリがいいんですよ。
 今月からTVアニメも始まるこのシリーズ。良いアニメになることを願っています。





 5. 生徒会の一存

 
生徒会の一存―碧陽学園生徒会議事録〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の一存―碧陽学園生徒会議事録

著者/葵 せきな
イラスト/狗神煌
レーベル/富士見ファンタジア文庫

商品詳細を見る


 ある人曰く、「エロゲのテンション高めな日常パートだけ取り出した作品」

 実際その通りで、ひたすら生徒会のメンバーが生徒会室でだべっているだけです。だけど、その会話がなかなかにおもしろい。いいコメディ作品です。
 むしろこんなエロゲがまたやりたい。どこかこんなノベルゲーを作ってくれないかなぁ。日常パートでニヤニヤしっぱなしの楽しい作品を。いっそのこと、これをゲーム化しても…。会長ルートに知弦ルート、深夏ルートに真冬ルート、さらに妹ルートを入れて…、もちろん裏ルートには中目黒(男)ルートを…。夢が膨らみますね。







 以上、2008年お気に入りライトノベル5選でした。今年は新しく手を出した本にアタリが多く、充実した読書生活を送ることができました。2008年に読んだ本は70冊ほどで年間100冊を達成することはできませんでしたが、1冊1冊におもしろいものが多かったので良しとします。

 それでは今年も良い本に出会えることを願って―



 関連記事 : 2007年分野別良かった作品-ラノベ編-
 参考リンク : 読書メーター - udkさんの読書メーター (最近の読書状況)


閉じる↑

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.01.12(Mon) 01:45] 2008年お気に入り作品5選Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2008年 お気に入りムービー 5選 

2009年01月10日 ()
   
 2008年のムービーBest10なる企画をやってる人がいたので私も便乗してやってみます。皆さん10個以上取り上げていますが、10個はちょっとしんどかったので5つに限定してお送りします。ムービーの紹介というよりは感想に近いかも。

 それではどうぞ。

続きを読む↓

  



 1. ef - the latter tale. (minori)



 

 【ニコニコ動画】【H264】 ef - the latter tale Demo Movie 高画質版


 まず一つ目は、ef - the latter tale.のムービーです。制作は新海誠。first tale.のムービーも神でしたがこちらも負けず劣らずの神ムービーっぷりを発揮しています。
 このムービーで個人的に気に入っているのが水の描写。水に関わりのあるミズキの章で流れるムービーということで、唇に落ちる雨粒やこぼれ落ちる涙、水たまりに足を踏み入れた時など、とにかく水の描写がきれいです。そしてもう一つ気に入っている描写が天使の階段(by凪)です。ムービーの後半、雲の切れ間から覗く光の描写がすばらしい。天使が上り下りする階段にふさわしい美しさです。
 このように映像のクオリティが非常に高いムービーなのですが、それだけでなく本編(4章)の内容もうまく現しているのも良いところ。ゲーム本編には完全版としてこちらのデモでカットされてたシーンも加わっているので是非そちらも。






 2. CHAOS;HEAD (NitroPlus)



 

 【ニコニコ動画】【Nitro+】CHAOS;HEAD OPムービー


 2つ目は、CHAOS;HEADのオープニング。制作はたぶんRMG(EDクレジットにムービー:難中亭多楽・RMG・ぺはら塗装とあったので。それに動きもRMGっぽいし)。
 主題歌の「Find the blue」との組み合わせがバッチリなムービー。曲に合わせて絵を出したり動かしたりするのが本当にうまいです。ニュージェネ事件を断片的に見せてユーザーの目を引きつけるのもうまい。血に染まったヒロインや磔の現場はかなり気になるはず。
 ネタバレには成らない程度に上手く見せてるのも良いところ。お気に入りシーンはさびに入る直前に出てくる「その目だれの目」。曲が静かになるその瞬間に出てくるのがいいですね。
 ムービーを見て気になったら、ゲームをやってみるのもいいのではないでしょうか。ゲームをやった後に見ると、作中のネタがふんだんに使われているのがよくわかるはず。






 3. 11eyes (Lass)



 

 【ニコニコ動画】Lass「11eyes -罪と罰と贖いの少女-」 オープニングムービー


 3つ目は、11eyesのオープニング。こちらも制作はRMG。上2つからはちょっと落ちますがそれでもいいムービーです。もちろん本編が好きだからムービーも好きというのもありますが。
 ちょっと気になるのが、某キャラが刺されたり、某キャラが魔法を大放出してたりするところ。ネタバレ的にはいいんでしょうかね、アレ?
 あと何気にイントロでスペルビア・インウィディア・イラ・アケディア・アワリティア・グラ・ルクスリアと敵の名前を言ってるのも良いですね。







 4. 漆黒のシャルノス (LiarSoft)



 

 【ニコニコ動画】【H.264】Liar-soft 漆黒のシャルノス デモムービー


 4つ目は、漆黒のシャルノスのオープニング。制作はyokota。このムービーで初めて名前を耳にした人ですが、このシャルノスのムービーは結構良かったです。
 このムービーはサビに入る前に大きく曲調が変わるのがポイント。ムービーの前半は19世紀初頭の雰囲気が出ています。意図的にムービーにいれてるノイズも良い感じ。そして、曲調が変わる後半は怪異に追われるメアリ(主人公)をキーワードとともに上手に描いています。実はこのムービーが私のシャルノス購入の決め手となっていたり。






 5. 祝福のカンパネラ (ういんどみるOasis)



 

 【ニコニコ動画】祝福のカンパネラ オープニングムービー


 最後は、祝福のカンパネラのオープニング。制作はMju:z。Mju:zは神月社やパリオ、癸乙夜などから成るムービー制作集団です。神月社ということで「STARRING」の文字がしっかり入っています。
 最近、私の中でかなりループされているムービーです。ミネットのキャラPVも個人的にはオススメ。






 以上、2008年のお気に入りムービーでした。前回の記事「お気に入りノベルゲー5選」とラインナップがほとんど同じなのはご了承を。
 
 今年もいいムービーが出るといいですね。
 とりあえずはminoriの新作「eden*」のムービーがどうなるかに注目。

閉じる↑

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.01.10(Sat) 19:33] 2008年お気に入り作品5選Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2008年 お気に入りノベルゲーム 5選 

2009年01月09日 ()
   
 2008年 お気に入りノベルゲーム 5選です。
 2008年に発売された新作の中で個人的に良かったものを5つあげました。

 それでは、順番に紹介していきます。


続きを読む↓

  


 1. ef - a fairy tale of the two.


ef - the latter tale. (Amazon.co.jp オリジナルポストカード4枚組付き) タイトル    ef - the first tale. / ef - the latter tale.
 メーカー    minori
 発売日     2006年12月22日 / 2008年5月30日
 シナリオ    御影 , 鏡遊
 原画       七尾奈留 , 2C=がろあ
 音楽       天門



 私的2008年トップは、ef - a fairy tale of the two.。
 完成度の高さという点で文句なしの1位となりました。

 ”物語そのものは平凡でもかまわない”
 ”どこにでもありそうな身近な話を絵と計算しつくした演出で印象付ける”
~新藤凪~

 minoriのそんなこだわりが見えた作品でした。2008年一番のオススメです。






 2. 11eyes ~罪と罰と贖いの少女~


11eyes-罪と罰と贖いの少女-
 タイトル    11eyes -罪と罰と贖いの少女-
 メーカー   Lass
 発売日    2008年4月25日
 シナリオ   LEGIOん , 剣技マナ , 獅子雰麓
 原画       萩原音泉 , ちこたむ , 小沢悠 , 鳴海ゆう , KENGOU
 音楽      SuperSweep



 続いて2つ目は、11eyes ~罪と罰と贖いの少女~。
 侵食世界学園伝綺ADVと、自分の趣味ど真ん中の作品ですごくおもしろかったです。私、こういう学園伝綺ものには目がなくて…。設定だけでなく、作品のクオリティも高くていい作品でした。学園伝綺ものや燃えゲーが好きな人にオススメです。
 そういや、コンシューマ版の11eyes CrossOver の発売日が決まったそうですね。4月2日と予想より早め。追加シナリオを読みたいけど、XBOX360をどうやって手に入れるか?逆移植やファンディスクに収録される可能性も低いし…。悩み中です。






 3. CHAOS;HEAD


CHAOS;HEAD
 タイトル    CHAOS;HEAD
 メーカー   NitroPlus
 発売日    2008年4月25日
 シナリオ   林直孝
 原画       松尾ゆきひろ (キャラデザ:ささきむつみ)
 音楽      ZIZZ , 5pb



 3つ目は、CHAOS;HEAD。
 極度の妄想癖を持つ主人公を許容できるかどうかが鍵となる作品。私はオタク主人公の妄想を楽しんで読んでいました。妄想の力は無限大ですね。これほど主人公の個性が光る作品もノベルゲーでは珍しいと思うのですが、どうでしょう?
 efの演出は神でしたが、CHAOS;HEADの演出も負けず劣らず良かったです。演出による作品への引き込まれ度合いはかなり高い。沙耶の唄といい、ホラー系の演出がすごく上手いですね、Nitroは。
 妄想癖の強いオタク主人公に抵抗が無ければやってもらいたい作品です。






 4. G線上の魔王


G線上の魔王 通常版 タイトル    G線上の魔王
 メーカー   あかべぇそふとつぅ
 発売日     2008年5月29日
 シナリオ    るーすぼーい
 原画       有葉
 音楽       tiko-μ



 4つ目は、G線上の魔王。
 同シナリオライターの車輪の国はとっつあんゲー(若本ゲー)でしたが、こちらは魔王ゲー(福山ゲー)でした。ジャンルはサスペンスものになるのかな。はじめてプレイする時はおもしろいけど、2周目をやるとあまりおもしろくないゲーム。つまりネタバレは非常にまずい作品です。あと矛盾点とか考えるのも良くない、そんな作品です。メインルート(ハルルート)はかなりおもしろかったです。






 5. さくらシュトラッセ



さくらシュトラッセタイトル    さくらシュトラッセ
メーカー   ぱれっと
発売日    2008年1月25日
シナリオ    NYAON
原画       くすくす
音楽       樋口秀樹 , BURTON



 ルゥリィは私のネコ、異論は認めない。


 まあ、そういう作品です。とにかくルゥリィの可愛さは異常。
 可愛いヒロイン達の掛け合いとかもめ亭の暖かな雰囲気を楽しむゲーム、それがさくらッセ。
 今年の萌えゲーの中では一番のアタリでした。







 振り返ってみると、2008年は新作が豊作な年でした。毎月何かしらの新作をやっていたように思えます。特に4月と5月がかなりきてましたね。このランキングでも5つ中4つが4月・5月の新作ですからね。
 他に2008年にやったものだと√after and anotherや銀色なんかも良かったのですが、あれは2008年発売でないので惜しくもこの5選には入りませんでした。

 今年(2009年)も良作がたくさん出るといいですね。
 まずは1月発売の祝福のカンパネラに期待です。




閉じる↑

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.01.09(Fri) 17:02] 2008年お気に入り作品5選Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2008年お気に入り作品5選 

2009年01月09日 ()

 2008年が終わり新しい年を迎えたので、毎年恒例のその年のお気に入り作品5選をやろうと思います。昨年はだらだらやっていたら2月までかかってしまったこの企画、今年はとっとと書いていくつもりです。
 2007年版は、ノベルゲー・アニメ・漫画・ラノベの4分野でやりましたが、今年はあと1項目増える予定です。まずはノベルゲーからやっていく予定。
 

 関連記事:2007年お気に入り作品5選

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.01.09(Fri) 12:02] 2008年お気に入り作品5選Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。