TOP > CATEGORY > 今月のノベルゲー雑感
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


今後発売の期待作紹介(2010年7月~) 

2010年03月27日 ()

 前回に引き続き、期待作紹介です。今回は発売日がまだ未定のものを取り上げていきます。
 全部で9作品。今回は作品数が多いのでコメントは短め。
 発売が早そうな順に紹介していきます。それではどうぞ。





◆ Garden

タイトル   Garden
メーカー  CUFFS
シナリオ  トノイケダイスケ
原画      ☆画野郎
発売日   瑠璃ルートができたら
期待度   85

 発売日はまだ未定のままですが、今回取り上げる中で一番発売が早そうなのがこの「Garden」です。
 さすがに次のるい智FD(年内予定)よりは早く出ますよね?
 出るのかなぁ。
 出て欲しいなぁ。
 出てくれませんか?





◆ るいは智を呼ぶファンディスク -明日のむこうに視える風-

タイトル   るいは智を呼ぶファンディスク -明日のむこうに視える風-
メーカー  暁WORKS
シナリオ  日野亘 , 衆堂ジョオ
原画      さえき北都
発売日   2010年予定
期待度   75

 るい智のファンディスク。省略すると智FD。
 FDということはメインヒロインの智のサービスシーンがいっぱい収録されるんですよね。本編では智のHシーンは9つしかありませんでしたが、FDではもっと収録されることに期待。央輝や恵といった仲間も増え、宮和や真耶といったキャラクターも出てくるようですし、いったいどのくらいの回数、智が攻略されるのでしょうか。先日、めでたく佐本二厘が演じることが決定しましたし、今から楽しみです。





◆ 天使の日曜日 “ef - a fairy tale of the two.” Pleasurable Box.

タイトル   天使の日曜日 “ef - a fairy tale of the two.” Pleasurable Box
メーカー  minori
シナリオ  鏡遊
原画      七尾奈留 , 2C=がろあ
発売日   2010年予定
期待度   80

 次はefのファンディスク。『おとぎ話は、ひとつじゃない』ので、本編以外にファンディスクが出るのも当然ですよね。
 minoriのFDと言えばwindとはるおとの2作品のFDがあるのですが、どちらもとってつけたHシーンがあるだけであまり出来がよくないんですよね。このefのFDも同様の不安はありますが、概要を聞いたところ短編集みたいになるようなのでそれなりにちゃんとしたものになりそう。サブキャラのIfストーリーは結構気になります。





◆ 11 eyesファンディスク

タイトル   11 eyesファンディスク
メーカー  Lass
シナリオ  LEGIOん , 剣技マナ , 獅子雰麓
原画      萩原音泉 , ちこたむ , よう太 , 小沢悠 , 鳴海ゆう , KENGOU
発売日   未定
期待度   80

 期待のファンディスク、最後は11eyesのファンディスクです。1年半前に制作を開始したと宣言して以来何の音沙汰もありませんが、まあ今年中には出るんじゃないかと思っています。CrossOverの時は制作期間が短くて虚ろなる境界シナリオの制作がきつかったと言っていたので、今度はじっくり作り込んでくれるんじゃないかと。だからファンディスクの続報が出ないと。うん、そういうことにしておきましょう。





◆ 恋ではなく -It’s not love, but so where near-

タイトル   恋ではなく -It’s not love, but so where near-
メーカー  しゃんぐりらすまーと
シナリオ   早狩武志
原画      トモセシュンサク
発売日   未定
期待度   85

 早狩武志の新作は今までのlightからは離れてあかべぇ系列のブランドから。早狩作品をコンプしている身としては当然この新作もやります。早狩氏ならではの物語に期待。





◆ 魔法使いの夜

タイトル   魔法使いの夜
メーカー  TYPE-MOON
シナリオ   奈須きのこ
原画      こやまひろかず
発売日   2010年予定
期待度   85

 2年前に発表された型月3部作のひとつ。魔法使いの夜は2010年発売でしたっけね。その割にはあまり情報が開示されていませんが、そのうち出てくるでしょう。
 出るとすればこれが今年一番の大作になりますかね。久々にきのこの新作が読めるということで期待。





◆ 月姫リメイク

タイトル   月姫リメイク
メーカー  TYPE-MOON
シナリオ   奈須きのこ
原画      武内崇
発売日   未定
期待度   90

 続いては月姫のリメイク版。月姫は私を月廚への道に引きずり込んだ業の深い作品です。ノベルゲームにはまりこむきっかけでもあったのかな。
 せっかくなので最高のクオリティで作って欲しいですね。





◆ Girls' Work

タイトル   Girls' Work
メーカー  TYPE-MOON
シナリオ  星空めてお , 茗荷屋甚六
原画       -
発売日   未定
期待度   85

 型月3部作、最後は星空めておのGirls' Work。Liarと違って予算はあると思うので好きに作って欲しいところ。
 めておと言えば、そろそろ「FOREST」をやるのもありかも。ある程度作品数をこなしてから手を出そうと思っていたので。でも、FORESTの関連文学作品の方は全く手を出していないので先にそっちを読んでからですかね。





◆ サクラノ詩

タイトル  サクラノ詩 ~春ノ雪~
メーカー 
シナリオ すかぢ
原画     基4% , 硯 , 月音 , 籠目 , すかぢ , 砌煉炭
発売日  2004年予定→未定
期待度  90

 今年はもうサクラは咲きそうにありませんが、来年にはサクラが咲いてくれることを願っています。
 なんか2年前にも同じ台詞を言ってた気がしますが、気のせいにしておきましょう。
 今年は素晴らしき日々が出たからもう発売されないでしょう。仕方ないです。
 来年…いや、再来年…いや、再々来年にはきっとサクラも咲くはず…





◆ 陰と影 ~那月島鬼談~

タイトル  陰と影 ~那月島鬼談~
メーカー ケロQ
シナリオ すかぢ
原画     基4% , 吉田誠治 , 硯 , 月音
発売日  開発無期限停止
期待度  90

 ケロQの二重影のリメイク(?)にあたる作品。
 開発無期限停止と言われても、ホームページが消えてしまっても、いつか開発が再開されることを願っています。

 もし…もしも…サクラノ詩が発売されたら…開発が再開されますか?





 以上、今後発売の期待作(2010年7月~)でした。
 ファンディスク3つはまあ年内に出るでしょうけど、その他は年内に出るのかすらも怪しいものばかりです(中には出るのかどうかも怪しいものがありますが)。魔法使いの夜くらいは出てくれたら嬉しいですね。
 次回更新は素晴らしき日々をやり終えるまでしばしお待ちを。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.03.27(Sat) 17:50] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by コハク
>サクラノ詩
もう出ないものと思った方が良いかと……

by udk
 『諦めない、絶対!』
 『あきらめたら、そこで試合終了ですよ』


と、どこかの偉い人も言ってましたし、サクラノ詩はまだ諦めません。
 打ち切られてしまった漫画とかシリーズの続きが出なくなった小説とか、過去幾度となく体験しましたがこのサクラノ詩は諦めるにはまだ早い。打ち切られても連載が復活したり、10年のブランクのあとにシリーズが再開されたりということもあります。そもそもサクラノ詩は打ち切りのような終了宣言がまだ出ていない。上にあげた例と比べるとまだまだ余裕。それに延期と言ってもたった6年です。すかぢの会社がつぶれるまでは諦めませんよ。表向きは開発すると言ってますし、サクラノ詩はまあ出ると思います。いつになるかはわかりませんが。

 それに対して陰と影の方は……やばいかも。開発無期限停止はどうにもならないかもしれません。

 でも、諦めない、絶対に。

コメントを閉じる▲

今後発売の期待作紹介(~2010年6月) 

2010年03月24日 ()

 このブログでは「○○年○月のノベルゲー雑感」と題してその月に発売される作品の話をしていますが、いつも発売間近のものばかりなので、たまには発売が先の作品の話でもしておこうかと思います。
 とりあえず今回は期待度が高い作品の中で現段階で発売日が決定しているもの(だいたい4月から6月まで)を取り上げていきます。全部で4つ。それ以降については次回にでも。






置き場がない! 初回版
タイトル   置き場がない
メーカー  あかべぇそふとつぅ
シナリオ  健速
原画      有葉
発売日   2010年5月27日予定
期待度   75


 4月はすっとばして5月発売予定のものから。あかべぇそふとつぅの「置き場がない」です。
 健速といえば「こなかな」「キラークイーン」「かにしの(本校)」「そして明日の世界より」の4作品。きれいな話、読んでて気分が良い作品を毎回出してくれます。描かれる主人公像、描こうとするテーマは毎回似たような感じですがそこは気にせず…。私はこの健速作品を全てプレイするくらいには好きなのですが…これは…この「置き場がない」は何か違う。コメディという新しいジャンルに挑戦するのはいいと思うんですけど、体験版をやった感じあまり作風が合ってないように思えるんですよね。最近出ているラノベの6畳間の侵略者も同じくコメディもので似たようなことを思いました。
 結局、話の行き着くところは過去作と同様できれいにまとめてくれるとは思うのですが(主人公もいつも通りの健速主人公になりそうですし)、この体験版序盤のノリはなんか違う。このあと続く5月発売予定の作品と見比べながらになるかと思います。


 『置き場がない!』を応援しています!





ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable DXパック
タイトル   ナルキッソス ’もしも明日があるなら’
メーカー  角川書店
シナリオ  片岡とも
原画      緒方剛志
発売日   2010年5月27日予定
期待度   85


 続いてはナルキッソスシリーズ4作目の「ナルキッソス ’もしも明日があるなら’」
 シリーズ最終章が収録されるそうなので、3作目まで全部やっている私は当然これもやるつもりなのですが…
 発売はPSP!?
 これはPSPを買えということですか。そうですか。
 新規シナリオだけPCで売ってくれませんかね?
 まあ、最近はノベルゲーの移植もだいぶPSPの方に移ってきているので、この際PSPを持っておくのも悪くないですかね。

 あと、そうでもいい話ですが、副題をいつも「もしも明日がはれならば」に空目してしまうのは私だけ?


 ナルキッソス~もしも明日があるなら~PSP





エヴォリミット 初回版タイトル   エヴォリミット
メーカー  propeller
シナリオ  東出祐一郎
原画      中央東口
発売日   2010年5月28日予定
期待度   80


 燃えゲーに定評がある東出祐一郎×中央東口ラインの新作。能力者、学園都市、記憶世界、バルバロイ、カラミティ、テラフォーミング、コールドスリープ…これでもかってくらいいろんな要素をぶちこみまくった世界観はおいしすぎる。この世界観でおもしろくできなかったらダメなんじゃないかとまで思う。
 体験版をやった感じは体験版ver2はこれからおもしろくなるってところで打ち切られた。あとはどこまでおもしろくできるか。世界の謎解きと熱いバトルシーンに期待。


 エヴォリミット





リアル妹がいる大泉くんのばあいタイトル   リアル妹がいる大泉君のばあい
メーカー  ALcotハニカム
シナリオ  おるごぅる
原画      風見春樹
発売日   2010年5月28日予定
期待度   80


 おるごぉる先生の新作。おるごぉる先生は…ましろ色の美羽先輩ルートともう一つ別のゲームをやったことがあるのですが、長所も短所もあるライターさんだと思うんですね。キャラクター造形やシーン単体なんかはいいと思うんですけど、いかんせん構成の甘さがというかシーンとシーンのつなぎというか展開の急加減が…。あー、あとおるごぉる先生といえば大事なことを忘れていました。変態です。本人はブログのプロフィールで否定していますけど変態です。ブログでたまに出てくる変態話がおもしろいです。

 ・おるごぅる先生の変態話

 これを読むと俄然新作が気になってきます。
 まだやってないBackStageとかしにキスをやるという手もあるのですが、できれば新作につっこんでいきたいですよね。

 現実の妹に絶望し、ゲームの世界で理想の妹を求める主人公。(なんか私のまわりにもこんなお兄ちゃんが何人かいますが)
 その主人公とリアル妹・虚構妹の関係性がどのようにになっていくのかが楽しみ。


 ALcot ハニカム 『リアル妹がいる大泉くんのばあい』 応援中!





 以上、今後発売の期待作(~2010年6月)でした。なんか5月の期待作の話をしているだけのように聞こえますが、まあ気にしない。こうして見ると5月が大変そうです。でもどうせ1つくらいは延期するから大丈夫ですよね?
 次回はそれ以降の期待作についてぐだぐだ語っていきます。お楽しみに。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.03.24(Wed) 23:10] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ヤタ
>しにキス
作品自体には色々と粗が目立ってましたが(予算の都合上)
シナリオに関しては、きちんと咀嚼しながら読み進めれば良作だったかな、と思います。
いささか説明不足感もありますが、そこを伏線含めて、考えて読むと……
本当にタイトルと中身がマッチした作品だな、と自分は感じました。

死生観を扱った中では、自分の中で結構上位に食い込んでます。

>~2010年6月
ここまでの間ならば、個人的には戦女神VERITAがおすすめです。
……何だかんだで、今回も萌えゲーアワードのプログラムとか、
2chでのエロゲのランキングで、上位に食い込みそうな予感です。

by udk
>しにキス

 しにキスは結構評判いいですよね。それに、ヤタさんのイチオシ。これはやっておかないといけないかなぁ。

>戦女神

 4月発売の中では一番人気ですね。エウシュリーはまだ一度もやったことがないのでどれかやってみようとは思っているんですよね。去年の姫狩りか戦女神の新作か。4月余裕があったらやってみるのもいいかも。

コメントを閉じる▲

2010年3月発売のノベルゲー雑感 

2010年03月21日 ()

 今日は日本橋電気外祭り&水戸コミケでしたね。参加された方、お疲れ様です。私は日本橋の方に行ってきました。今回は特に買うものもなかったのでゆっくり11時半頃に行って各地の様子を見て回っていました。ざっと見ていった感じだいたいうまくいってた感じですかね。次回の日本橋ストリートフェスタでも電気外祭りがあるといいですね。というか大阪在住の身としては切実に希望。ただ、ストリートフェスタの人の多さだけは勘弁。人だらけで道を歩くのにかなり苦労しました。

 電気外祭りの詳しい話は実際に物品を購入した方にお任せするとして…私の方はいつもの新作ノベルゲー雑感をやります。以下、お馴染みのノベルゲー雑感です。
 先月は延期も多くそれほど注目作はありませんでしたが、今月はその分延期していたものが一気に来て(Cross Days,素晴らしき日々,恋色空模様,White Album2など)、上半期一番の注目作が集まる月となっています。いろいろい気になる作品が多い3月、この記事では個人的に注目している作品を5つ紹介します。
 まず3月の新作で私が真っ先にプレイするのはこれ↓



素晴らしき日々 ~不連続存在~ 特装初回版タイトル  素晴らしき日々
メーカー ケロQ
シナリオ すかぢ
原画     基4% , 硯 , 籠目 , karory
発売日  2010年3月26日予定
期待度  90


 ケロQの新作「素晴らしき日々」です。今月はこれ一択。上半期一番の期待作、いや、今年一番の期待作と言っても私の中では過言ではありません。なんたってあの終ノ空と関わりのある作品ですよ。ケロQファン、終ノ空ファン、そしてすかぢファンとしてはやらざるを得ない。
 体験版についてはやると続きが気になって眠れなくなりそうなのであえてやっていません。そもそも体験版の出来がどうであれ、絶対にやると決めていますしね。発売まで楽しみは取っておこうと思います。代わりに復習として終ノ空を再プレイすることにします。細部は結構忘れているところも多いので、これを期にいろいろすかぢ作品を復習しておきましょうか。

 せっかくなのでプロフィールのところの応援バナーも素晴らしき日々に変えておきましょう。朝色も応援しておきたいのは山々なのですが、ここは素晴らしき日々で。500%美化されたざくろちゃんを貼り付けておきました。下の方にある今後発売の期待作のところも素晴らしき日々に。こちらは卓司君を…って、あれっ、卓司君のバナーがない…。卓司君は終ノ空最萌キャラなのですが残念です。仕方ないからOHPの素材を使ってバナーを作ってみました。

   卓司

 文字が入ってたり表情が変だったりしますが、とりあえずはこれで。本編ではきっと彼のかっこいい表情も見れることでしょう。





 次の3月の注目作はこれ↓


CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!(通常版)
タイトル  CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!
メーカー 5pb
シナリオ 林直孝
原画     松尾ゆきひろ
発売日  2010年3月25日予定
期待度  70



 「CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!」です。カオスヘッドのファンディスク(?)、続編(?)、何かよくわからないものが出るようです。
 カオスヘッドはおもしろかったんですが、これはどうだろう…。あのキャラクター達でラブコメをやってもなぁ…。シュタゲの時に乗り遅れた反省を活かしてここは突撃するべきなんだけど、怖い。あのスタッフ達がただのいちゃラブゲーで終わらせるはずがないとは思っているのですが、怖い。
 というわけでここは箱本体はシュタゲ布教用にまわさないといけないということにして、様子見に逃げます。





 次は、先日レビューをあげた星メモと関わりのあるこの作品↓


Happy Wardrobe 初回版
タイトル     Happy Wardrobe
メーカー     Shallot
発売日     2010年3月25日予定
シナリオ     なかひろ
原画       笹弘  
期待度      75



 あかべえ系列の新規ブランドShallotの処女作「Happy Wardrobe」です。本作の注目はなんといっても星空のメモリアで企画・シナリオを担当したなかひろが企画・シナリオを担当することでしょう。といってもその他のスタッフは違うので、演出やらグラフィックやらの出来についてはさすがには星メモのフェイバリットと比べると見劣りしてしまいますが…。フェイバリットはその辺が強いですからね。
 演劇を成功させるというのが主題になるのは間違いないのですが、どこまでそれがうまく描けるのかですかね。それによって印象がだいぶ変わってくるかと思います。それと個別ルートがうまく書けるかどうかが気になるところ。各ヒロインの問題を絡めた上で本題となる演劇話をうまく書けるかですかね。体験版をやった感じ、なかひろらしく会話劇は上手く、安定した作品にはなりそう。難しいだろうけど、星メモ越えになったらいいなぁ。





 次は触手ゲー↓


ク・リトル・リトル ~魔女の使役る、蟲神の触手~ (外付け購入特典付)
タイトル     ク・リトル・リトル ~魔女の使役る、蟲神の触手~
メーカー     BLACK CYC
発売日     2010年3月26日予定
シナリオ     伊藤ヒロ
原画       椎咲雛樹  
期待度      75



 クトゥルフ触手バトル物。主人公は触手です。なので触手エロも書き放題。Black cycらしい過激なエログロは今回も健在。ただクトゥルフ設定とバトル描写っがチープに見えるのが不安なところ。あえてこういう設定を持ってきたからには何かあるとは思うんですけどね。
 そういや同じ、伊藤ひろ×Black cycの夢幻廻廊2がまだ積まれたままでした。さすがに先にこっちですかね。





 最後はこれ↓


恋色空模様 Amazonのページへ
タイトル     恋色空模様
メーカー     すたじお緑茶
発売日     2010年3月26日予定
シナリオ     氷雨こうじ
原画       るちえ  
期待度      75(絵:90)


 すたじお緑茶の恋色空模様です。
 絵がいいです。るちえの絵がいいです。すごく好みです。
 イベントCGや購入特典の画像が更新される度に欲しくなってきます。
 でも、あの体験版の内容だとどうしても踏み込めない。
 結局追加の体験版も出なかったし…
 緑茶作品をひとつでもやってたら踏ん切りがつくんですけど…
 ああ、しかし公式のカウントダウン見てたら欲しくなってきた。
 素晴らしき日々を買いにソフマップのレジに並ぶ時まで悩んでそうです。





 以上、私的3月の注目作でした。今月は他にも、すごい展開があると各地で話題のOverflow「Cross Days」、悪い意味で何かと話題のbiscotti「Floating Material」(←4月第一週に延期)、商業美少女ゲーム初の新製品無料配布を行うということで話題のnative「se・きらら」など話題には事欠かない月になりそうです。他にも丸戸シナリオのLeaf「ホワイトアルバム2前編」やパープルの新作「夏に奏でる僕らの詩」などいろいろあります。どれだけ良作が出るかは未知数なところもありますが、とりあえず私は素晴らしき日々で。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.03.21(Sun) 19:41] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2010年1月発売のノベルゲー雑感 

2010年02月04日 ()

 修論用の研究をやっていたらあっという間に2月になっていました。まだ1ページたりとも書いていない状況ですがまあなんとかなると思ってブログを新。まずは先月発売のノベルゲーの話でも。
 1月も多くの新作が発売されましたね。新規ブランド(root neko , ひよこソフト , Hearts)の作品が3つに、それに対して解散してしまうブランド(LittleWitch)も。それと1月はFD・続編が多く、全部で7作とだいたい4作に1作はFD・続編というすごい月だったりします。
 そんな中、私がやるのはこれ↓

 
星空のメモリア Eternal Heart星空のメモリア Eternal Heart
(2010/01/29)
Windows

商品詳細を見る



 星空のメモリアEternal Heart(星メモEH)です。本編が気に入っていたのでFDもやってみました。
 今日ちょうど夢のアフターシナリオが読み終わったところ。いいシナリオでした。
 終わってからのんびりCG鑑賞モード等を見ていたのですが、ところが、ここで問題が!


 『シーン回想でボイスが再生されない!?』


 という困った状況に。


 『これは真の意味での賢者セーブをしておかなくてはならないのか?』


 と一瞬思いましたが、冷静になって修正パッチがないかメーカーHPを見に行ったらちゃんとありました。
 Hシーンの前にセーブを行うという賢者行為をせずにすんで良かったです。


 しかしこの文章に何かデジャブを感じる…
 と思ったら前にも修正パッチのあて忘れをやらかしていました

 何も成長していな…いや、今回は発売当日にインストールしてちゃんとメーカーHPの人気投票結果を見てニヤニヤしていたので少しは進歩している?
 どうも発売翌日にパッチが上がっていたようでして気づきませんでした。
 そんな訳でパッチもあてたことですし、次のメアシナリオを読むとします。


 とあるシナリオが未収録だったゲームについては…先月パッチが出ましたけど一番重要なヒロインのルートはまだみたいなので、まだしばらくおあずけです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.02.04(Thu) 22:48] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

承認待ちコメント by -

コメントを閉じる▲

2009年11月発売のノベルゲー雑感 

2009年11月25日 ()

 いつの間にか最終更新から1週間経っている…こんな時はサクッと書ける新作ノベルゲー雑感でペースを取り戻す……ということで11月のノベルゲー雑感です。
 11月も10月に続いて激戦月になる予定でしたが、そこはさすが(?)の美少女ゲーム業界。大型タイトルが2本延期されて(しろくまベルスターズ♪、airy[F]airy)、いつもと同じくらいの月になりました。ん?Cross Days?あれは当然延期されるものなので数には入りません。

 そんなわけで有力タイトルが減りましたが、そんな中、個人的に注目している作品をいくつかあげていきます。今月は全部で3本です。





 まずはじめは、ライアーソフトの「白光のヴァルーシア」

 
白光のヴァルーシア ~What a beautiful hopes~ (予約キャンペーン「白光のヴァルーシア サウンドトラック」付き)白光のヴァルーシア ~What a beautiful hopes~
(2009/11/20)
Windows

商品詳細を見る


 ”白光”と書いて”ひかり”と読みます。”ひかりのヴァルーシア”です。”はっこう”ではないのでご注意を。私も先月まで”はっこう”と読んでました。この読み方は難しい…。
 これは「蒼天のセレナリア 」「赫炎のインガノック」「漆黒のシャルノス」に続くライアーソフト・スチームパンクシリーズ第4弾です。昨年シャルノスをやって、その後ブログでは話をしていませんがこっそりインガノックをやって、どちらも良かったので今月の新作ではまずこれをやるつもりです。やる予定…やる予定だったのですが10月の新作がまだ全部終わってないので、ヴァルーシアはそのあとで。来月11日のしろくまベルスターズ♪とすごくかぶりそうですが、何とかします。いや、何とかなるのか?





 次の新作の話に移りましょう、工画堂スタジオの「ウソツキと犬神憑き」

 
ウソツキと犬神憑きウソツキと犬神憑き
(2009/11/20)
Windows Vista

商品詳細を見る


 「シンフォニック=レイン」のライターの西川真音の新作です。西川真音としては久々の新作ですね。シンフォニック=レイン好きとしては当然やらないければならないものなのですが、実はまだ同ライターの「My Merry May with be」が終わってないという現実。あまりにもギャルゲー然とした「My Merry May」が、いや媒体がPS2であるということがゲームの起動を妨げるんです。
 まあ、「ウソツキと犬神憑き」については体験版をやってそれから検討します。





 最後はちょっと変わったものを…、G.J?の「佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります」


佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります佐野俊英が、あなたの専用原画マンになります
(2009/11/20)
Windows

商品詳細を見る


 これはどういうゲームかと言うと…

 RPGツクールならぬ、エロゲツクールです。 

 世の紳士達の妄想を表現できるという夢のツールです。まあ、今年出たノベルゲーム制作ツール「らのべぇ」のエロゲ版ですね。詳しくはこちらの公式ホームページを参照。 公開自由というのが結構いいですね。

 最近のエロゲーはちっともエロくない、もっと自分のツボをピンポイントについたエロゲが欲しいというあなたに…。
 このゲームで理想のエロシーンを作ってみるのはいかがでしょうか?

 



 以上、11月の新作ノベルゲーでした。この記事を書いてるとやる予定だったゲームがどんどん発掘されていって良くないですね。あれもやりたい…これもやりたい…うーん、困りものです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.11.25(Wed) 12:10] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(6) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by コハク
>激戦月
1月に大半が逃げていったので、今度は1月が酷いことになりましたね。
そして、また1月も中途半端に延期して普通と変わらない月になるんだろうなと思ったり。

ほかの人の注目作品を知るというのは、なかなか面白いことですね。
人によって注目作品はまるで違うので、ノベルゲーに対するいろんな見方を知ることが出来て興味深いです。

by udk
1月は大作系は少ないけど、今の感じだと数の多い月になりそうですね。今年の9月と並ぶFD・続編の多い月になりそう。

確かに、人によってその月の注目作品が違うというのはおもしろいですよね。こんな作品も発売されるんだと気付かされることも多いので、人の注目作品を見るのは私も好きです。

by frost
初コメです。ライアーの新作は遂にフルボイスみたいですね。それはすごく嬉しいです。シャルノスは男性陣の声が少し寂しかったですからね。

その前に、とりあえず、私は積んでいる9月、10月のゲームで特に村正をやろうかと思いますが、その前にマブラヴをやらなきゃだしと凄く忙しいです‥‥


時間って案外少ないものですね。udkさんもゲーム頑張って下さい~。では

by udk
はじめまして、frostさん。

このフルボイス全盛の時代にパートボイスを貫いていくライアーの姿勢はかなり貴重だったのですが、そのライアーもついにフルボイスなんですよね。パートボイスもあれはあれで好きだったりするので。いや、そんなことよりも予算に余裕が出て、パートボイスとフルボイスを選べれるようになって今回はフルボイスを選んだと前向きに解釈しましょうか。以前、パートボイスの可能性(http://udk.blog91.fc2.com/blog-entry-449.html)という記事で示したように。

でも、全員にボイスがつくというのならそれはそれでいいかも。前作は確かに重要キャラにボイスがありませんでしたからね。

延期とかバグとか by 近代衣服の残響
お久しぶりです。
最近コメント投稿していなかったのですが、いつも興味深く読ませていただいています。

『しろくまベルスターズ♪』『airy[F]airy』両方とも延期とは……。
業界の延期癖、バグの多さ……
この業界に慣れ親しんでいるとudkさんがおっしゃったように、「さすが(?)の美少女ゲーム業界」という捨て鉢な精神になってきますが、
しかし一般社会の常識に照らし合わせたら、こんな状況を許容している方がおかしいんですよね。

「創作」はこれが普通……?
しかし、わたしの他の趣味で言えば、例えば楽器とかおよーふくの業界でこんなことがあったらクレームの嵐ですし、下手すりゃ訴訟ですよ。「二度」はないですよ(笑)
そういえばライアーも昔はバグ騒動を派手にやらかしてましたね……(修正パッチが入ったフロッピーを封入して売り出した、というのには驚きました)
うーん、なぜでしょう? 

最近個人的に注目していたのは上の二作と『Garden』の追加パッチ(これもほんといい加減に……)だったのですが、しかし、振り返ってみれば原画が全部ロリだという事実に気づき、しばし沈黙……(笑)

レス遅くなりました by udk
「Garden」はそろそろCUFFSの提示した数週間の延期の期日が迫っているのですが、まだなんでしょうかね(笑)
ロリなのは、まぁ…それはそれで。私はいいと思いますよ。


延期云々に関してはきちんとスケジュール管理ができる人材(制作進行・プロデューサー)がいないメーカーが多いんでしょうね。そして延期が蔓延している状況もそれを悪化させると…。

製品が完成しそうな時期に発売日を決めて、完成したらすぐに発売するというのではなく、ちゃんと製品が完成してから発売日を決定するという風にはできないんでしょうかね?完成してから発売するのだと数ヶ月のタイムラグが出てしまうことになりますが、こうしたら延期や致命的なバグはなくなると思うんですよね。無理して開発終了ぎりぎりの日付に発売日を決めないでもって思うんですよね。でも、自転車操業みたいなところが多いから無理かなぁ。

コメントを閉じる▲

2009年10月発売のノベルゲー雑感 

2009年10月24日 ()

 
 10月は注目作の発売日が集中していて大変だと言っていましたが、恋空を始めとして何作か延期されたので、世のエロゲーマー的には幾分楽な感じになったのではないでしょうか。といっても私が期待していた作品は延期されずそのまま発売される/発売されたものが多く、きついことに変わりはありません。
 そんなわけで何を購入して何を見送るか最後の決断をするため、梅田のソフマップまで行ってきました。


 参考:これまでの10月戦線記事

 ・ましろ色シンフォニー 体験版(TGver) 感想
 ・コミュ-黒い竜と優しい王国- 体験版 感想
 ・装甲悪鬼村正 体験版 感想
 ・恋色空模様 体験版 感想
 ・2009年10月戦線の予定(暫定)





 ソフマップに着いたら、いつものように年齢制限PCゲームのコーナーへ。まずは当初の予定通り、村正とましろ色を予約。


装甲悪鬼村正 限定生産版 Amazonのページタイトル     装甲悪鬼村正
メーカー     NitroPlus
発売日     2009年10月30日予定
シナリオ     奈良原一鉄
原画       なまにくATK  
期待度      85


ましろ色シンフォニー Amazonの購入ページへタイトル  ましろ色シンフォニー
メーカー ぱれっと
シナリオ 保住圭 , おるごぅる , 北川晴
原画     和泉つばす
発売日  2009年10月30日予定
期待度  80



 どちらも店舗特典が良かったのでソフマップで予約。村正はスペシャルコンテンツディスク、ましろ色はぱんにゃシーツとぱんにゃバッグがソフマップでの購入の決め手となりました。村正に関してはパッケージが紙ではなく木箱になっているというのが購入をそそります。
 それぞれどのくらい期待しているかは体験版の感想ページでも見てもらうとして…。とりあえず期待度の高い村正の方からプレイしようかと思います。当日は休みを取って、朝から買いに行くつもり。久しぶりに一日エロゲに集中しようかと思います。





 予約が終わったら次は新作のコーナーへ。先月から今週にかけて発売された作品が並べられているのですが、そんな中、コミュがまだ残っていました。


コミュ - 黒い竜と優しい王国 - Amazonの購入ページへ style=タイトル     コミュ-黒い竜と優しい王国-
メーカー     暁WORKS
発売日     2009年10月22日
シナリオ     日野亘 , 衆堂ジョオ
原画       さえき北都  
期待度      75


 体験版と前作のるい智をやった結果、このライターとは相性が良くないという結論に至って予約はしていませんでした。しかし、コミュが発売されて以降、巡回先が楽しそうにコミュをプレイしているのを見ると自分もやりたくなってきていてですね…。でも、自分の感性を信じるということにして売り場をあとにしました。
 結局見送ることにしましたが、体験版をやった身としてはどういうオチになったのかだけは気になっています。あの設定からどういう風にまとめるんだろう。





 最後に、帰り間際にコンシューマゲーム売り場で見かけてパッケージを手に取りながらしばらく悩んだ、Steins;Gate。

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(数量限定版)タイトル     Steins;Gate
メーカー     5pb
発売日     2009年10月15日
シナリオ     林直孝
原画       huke
音楽       ZIZZ , 阿保剛
期待度      85



 CHAOS;HEADのスタッフの新作ということで発表当初から注目していたゲーム。設定も楽しそうでワクワクしていたのですが、プラットフォームはコンシューマーのXBOX360。ノベルゲー好きな私ですが、据え置き機の場合はプレイ意欲が50%以上ダウンするんですよね。せめて体験版をPC用に配信してくれたら、購入に踏み切れるのに…とか思いながら発売まで過ごしていました。
 ところが、発売されて以降、ネットで絶賛している感想を多く見かけるんですよね。これは買っても良いんじゃないかと思えるくらいに。そんなことを思いながら10分ほど考えた結果、とりあえず、特典がどうなっててどこで購入するのが最適なのか家に帰って検討しようという考えに至りました。我ながら落ち着いた考えです。
 そして帰宅して、Steins;Gateのことをいろいろ調べていたら、いてもたってもいられなくてすぐにAmazonの購入ボタンを押していました。我ながら落ち着いていませんね。





 以上、今月発売のノベルゲーの話でした。なるべく出費は抑えようと思っていたのに気付いたらいろいろ購入することになってしまっていました。積みゲー化しないようにしないと…。

 次回は別称の話かノベルゲーの感想か最近手に入れたブツの話の予定。別称の話はいまいち頭の中でまとまっていないのでもうちょっと先になるかも。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.10.24(Sat) 23:53] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2009年9月のノベルゲー 雑感 

2009年09月19日 ()

 いつもより少し時期の早い「今月のノベルゲー雑感」です。今月は第3週の昨日(18日)に発売がある程度集中していたので、いつもより早くなりました。
 さて、今月私が特に注目している作品があります。もう言わなくてもわかってるとか言われそうですが、一応言っておきます。eden*です。


eden* Amazonの購入ページへ
タイトル     eden* They were only two, on the planet.
メーカー     minori
発売日     2009年9月18日
シナリオ     鏡遊
原画       ちこたむ , KIMちー
音楽       天門
期待度    85


 散々販売方法を考察していたeden*ですが、実は体験版は未プレイだったりします。ムービーも。そしてあらすじもろくに読んでいない状態です。というのもこのeden*、購入の動機が「ストーリーや設定がおもしろそうだから」ではなくて、「minoriがどんなものを作るのか興味があるから」なんですね。シナリオの方ももちろん興味はあるのですが、それよりもnbkzや監督の御影がどんなものを作るのかが気になるのです。なのでどんなものか楽しみは後に取っておこうということで、実際にゲームをプレイするまでは極力ゲームの内容にはふれないできました。
 そんなわけで、当然やります。やるのですが、まだ始めていません。というのも今回は通販だったのですが、昨日一日研究室に詰めていたのでまだ受け取れていません。今日受け取ってやるつもりです。
 感想については……、明日はツンデレ学会に行ったりするので当分先になるかと思います。期待せずに待っていて下さい。


 eden*の話をしてばっかですが、eden*の他にも注目しているものはあります。その一つがねこねこソフトのそらいろ。


そらいろ 初回版 Amazonの購入ページへ
タイトル     そらいろ
メーカー     ねこねこソフト
発売日      2009年9月18日
シナリオ     片岡とも , 酸橙ひびき , 海富一
原画        秋乃武彦 , あんころもち
期待度     80



 注目はなんといっても東京ドーム3杯分のぽんこつでしょう。ぽんこつと言えば片岡とも、片岡ともと言えばぽんこつです。ぽんこつパワーは世界を救う。別に間違ったことは言ってませんよね?
 片岡ともは好きなシナリオライターの1人なんですが、今月は好きなクリエイター(?)のnbkzの新作が出るのでそちらを先にやります。こちらは後輩のgen君に任せます。彼ならきっと今日中にフルコンプして明日の発売後イベントに参加してくれることでしょう(無茶振り)。


 そして今月はもう一つ個人的に超注目している作品があります。
 ハルカナソラではありません。夏ノ雨でもありません。そうあの作品です。












Garden 初回限定版タイトル  Garden
メーカー CUFFS
シナリオ トノイケダイスケ
原画     ☆画野朗
音楽    安瀬聖
発売日  2009年9月末予定
期待度  85


 そう、Gardenです。今月末に出るという噂のGardenです。ハルカナソラと夏ノ雨と同日発売だったらおもしろいのですがどうなることでしょうか。でも噂なのでひょっとすると今月は出ないかもしれません。
 2年以上楽しみにしていた作品なので発売が待ち遠しいです。



 以上、2009年9月のノベルゲー雑感でした。
 楽園の到着を今か今かと待ちわびています。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.09.19(Sat) 10:20] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2009年10月戦線の予定(暫定) 

2009年09月10日 ()

 このところ10月戦線を見極める~という名目で体験版をやってますが、そもそも10月がどんな状況になってるのか話してなかったので、今日はそれの話。
 まず、10月がどんな月かと言うと、中堅規模の売上を誇るメーカーの新作が一気に出る月です。なのでエロゲーマー的には大変で、人によっては5本とか余裕である月なんですね。特に萌えゲが集中してるのがきつい。私も例に漏れず、気になる新作が結構あったので、どれに特攻するか体験版をやって吟味していたわけです。
 具体的に、どんなものが発売されるのかというと…

 ・コミュ -黒い竜と優しい王国- (暁WORKS)
 ・装甲悪鬼村正 (NitroPlus)
 ・ましろ色シンフォニー (ぱれっと)
 ・恋色空模様 (すたじお緑茶)
 ・ひだまりバスケット (eufonie)
 ・さくらテイル -the tale of cherry blossoms septet- (Fizz)
 ・幼なじみは大統領 My girlfriend is the PRESIDENT. (ALcot)
 ・キスと魔王と紅茶 (ま~まれぇど)
 ・SHUFFLE! Essence+ (Navel)

 ざっとあげると、このくらいです。9個か。多いですね~。
 そんなわけでもともと期待度の高かった上4つの体験版をやってみたのですが、その結果、村正とましろ色にいこうかと考えてみます。村正はあんな気になる体験版をやらされて突っ込まずにはいられませんし、ましろ色はぱんにゃ様の実験台にならないといけないので。あ、当然、人気投票は毎日ぱんにゃ様に投票しています。一位になったらぱんにゃ様専用ルートのパッチが出るんですよね?
 コミュについては後輩のフェンリル君任せ。恋空は…あの体験版では予約に踏み切れない。…けど、絵が、絵が、私を呼んでいる気がする。

 今のところこんな感じです。あと一本くらい体験版をやってみてもいいけど(さくらテイルはもうあがってるはず)、さすがにそろそろ現実(積んでるやつ)に目を向けないといけない…。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.09.10(Thu) 23:16] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2009年8月のノベルゲー 雑感 

2009年08月25日 ()

 毎月恒例、新作ノベルゲーの話です。先月は多くの注目作が発売されましたが、それとはうって変わって今月の注目作は少なめ。実際今月は購入予定のものはありませんし…

 そんな8月で一番売れそうなのがこれ↓

真剣で私に恋しなさい!  初回版 (予約キャンペーン特典付き)真剣で私に恋しなさい!
(2009/08/28)
Windows

商品詳細を見る


 タカヒロの新作ですね。私はこの人の作品をプレイしたことがないのでよくわからないのですが、日常パートがおもしろいらしいです。コメディ部分に定評のある人のようです。私は特に惹かれるものもないので今回も見送りです。
 一つだけ言わせてもらうと、総理が総理でいるうちに発売されて良かったなぁと。ネタ的には大丈夫なんでしょうかね、総理。


 マジ恋の次をあげるとすればこれ↓

メモリア 初回限定版メモリア 初回限定版
(2009/08/28)
Windows

商品詳細を見る


 パープルの新作。何故か私にはメモリアンマンのイメージしかありません。
 最近のパープルはパッとしないので頑張って欲しいところ。単に春色桜瀬の評判がよくないだけのせいかもしれませんが…。演出やシステム周りなんかはすごい頑張ってるメーカーなので、あとはシナリオさえ良ければパープルはいけるはずなんですけどね…。
 来月発売のSignal Heartとともに頑張って欲しいものです。


 今月発売のものだとあとはこのくらい↓

&LOVE&LOVE
(2009/08/28)
Windows

商品詳細を見る



 Meteorの新作! 新ブランドCometのデビュー作ですね。
 話はそれますがMeteorといえば「神樹の館」をやってみたい。主にロミオ的な意味で。



 まあ、今月はこんなところですかね。そもそも取り上げるゲームがほとんどない…。3つで精一杯。
 今月は積みゲーが増えず、減っていく良い月になりそうです。来月はeden、そらいろ、素晴らしき日々(出るのか?)、Garden(出るのか?)と忙しい月になりそうなのでそれまでに目一杯減らしておきましょうか。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.08.25(Tue) 02:25] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2009年7月発売のノベルゲー 雑感 

2009年08月03日 ()

 いろいろ話のネタはありますが、まずはこの話題から。毎月恒例ノベルゲーの話です。
 そういや6月発売のノベルゲーの話ができてませんが、6月は特に購入したものもないので、『さくらさくら発売おめでとう』とだけ言って省略します。

 さて、7月の話です。7月は「きっと、澄みわたる朝色よりも、」、「Dies irae」、「Garden」と期待作が3つも出る、おそらく今年一番の勝負月…だったのですが、Gardenは9月に延期されてしまいました。これでCUFFS・CUBE・Sphereの3ブランドの作品が同時に出る!とかそんなどうでもいいことはおいておいて…、Gardenの件はのんびり待ちましょうか。今さら少しくらい延期されても動じません。まあトノイケの新作の告知も出たので、そちらにも期待。
 上にあげた3つ以外にも、「終わりなき夏 永遠なる音律」、「77」、「ナツユメナギサ」といった作品も出ます。しかし期待度はそれほど高くないので様子見で。この中の萌ゲーのようで実はそうではないっぽい作品がひとつ気になるところ。
 「H2O √after and another Complete story Edition」については金銭的・時間的余裕がないのでスルーで。でも追加部分がどうなってるのかはすごく気になってます。


 というわけで7月は朝色とDiesの2作が残りました。
 まず朝色について

きっと、澄みわたる朝色よりも、 豪華初回限定版きっと、澄みわたる朝色よりも、 豪華初回限定版
(2009/07/24)
Windows

商品詳細を見る

 朝色ですが、こちらはもう既にやり終えています。発売してから何よりも優先してプレイしたので2日で終わりました。
 構成の方はだいたい予想通り。そして出来の方は概ね期待通り。世間ではいろいろ文句を言ってる人もいますが、いい作品でした。神ゲーとまではいかないまでも、十分におもしろい作品でした。詳しい話はまたレビューの時にでもします。


 次に、Dies
 
Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-
(2009/07/24)
Windows

商品詳細を見る

 正式名称は「Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-」。長いですね。2007年に発売された「Dies irae」のリメイク版(4ルート中、2ルート収録)となっています。今度はちゃんと出来ているようで一安心。
 私の場合、こちらは製品版ではなくて旧作購入者用のパッチ版です。2ギガパッチをがんばって落としました。一度途中で回線が切れた時にはどうしようかと…。
 それでパッチをあててやろうとたら朝色が発売されたので、それ以降放置状態。全ルート収録の完全版「Dies irae Act est Fabula」が12月に出るようなので、それまで待ってもいいかなとは思っています。たぶん気分次第でやるかやらないかになるでしょう。12月まで自分の衝動が抑えられるかどうか。


 以上、7月の新作の話でした。次回はこの流れで朝色のレビュー、といきたいところですがまだ何を書くか全然考えていないので、もうちょっと先になると思います。とりあえずもう一周くらいやるかな。
 ということで、次回はビジュアルファンブックラッシュのうちの1冊の話をする予定。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.08.03(Mon) 23:11] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2009年5月発売のノベルゲー 雑感 

2009年05月31日 ()

 ブログ復帰第一弾は今月発売のノベルゲーの話。
 今月は特に購入した物はないのですが、まあ、気になる作品はいくつかあるので今回はそれの話です。


 今月は全部で4つ。まずはこれから↓

天神乱漫 ~LUCKY or UNLUCKY!?~天神乱漫 ~LUCKY or UNLUCKY!?~
(2009/05/29)
Windows

商品詳細を見る


 ゆずソフトの「天神乱漫」です。今月一番の注目作ですね。心なしか私の巡回先でやってる人を多く見ます。私もこぶいち/むりりんの絵に惹かれて購入。といきたいところでしたが、冷静になって見送りです。体験版はやったのですが購入に踏み切るだけの押しが足りなかったので、今回もゆずソフトは体験版止まりです。私を萌えさせるだけの力が足りない…。
 あとこの作品、ムービーが個人的には結構奇抜でした。あのポーズには噴く。ムービーとしての出来はそれほど良くはないのですが、あのポーズを見せたところだけは評価したい。



 お次はこちら↓

タユタマ -It\'s happy days- 初回限定版タユタマ -It\'s happy days- 初回限定版
(2009/05/29)
Windows

商品詳細を見る


 Lump of Sugarの「タユタマ -It’s Happy Days-」です。タユタマのファンディスクですね。天神乱漫ときょーぞんキャンペーンなる変わったものをやっています。あのキャンペーンの効果のほどが知りたい。
 先日、いつ空をやって気に入ったので、同じLumpのタユタマにも手を出そうかと思ったのですが、知人のキバヤシさん曰く、『朱門信者の求めるものは、タユタマにはない』、『萌木原信者ならすごく楽しめるけど…』ということらしいです。萌木原の絵は好きだけどファンクラブに入るレベルではない私はやはり控えておくべきでしょうか。

 追記:『大人気作品タユタマは万人にお薦めできるゲーム』らしいです。ちょっと訂正。



 続いてはこちら↓

花と乙女に祝福を 初回版花と乙女に祝福を 初回版
(2009/05/29)
Windows

商品詳細を見る


 ensembleの「花と乙女に祝福を」です。女装潜入もの。新ブランドの処女作ですが、はたしてどうなるのか楽しみ。
 それにしても最近は、こんなのとかこんなのまで出てるし、この女装少年ブームはいつまで続くんだろう。




 最後にちょっと気になるものを…

どんちゃんがきゅ~どんちゃんがきゅ~
(2009/05/29)
Windows

商品詳細を見る


 lightの「どんちゃんがきゅ~」です。去年出た「さかしき人にみるこころ」の続編(?)、いや番外編(?)になるんでしょうか。さかしき人に~の評判が上々なのでちょっと気になっています。何に惹かれるのかというと、どちらも短編だということ。短いのはいいですよね…。
 このどんちゃんがきゅ~の発売にふたつ合わせてやってみるのもいいかも。しばらく様子を見てから決めましょうか。




 以上、今月の気になる新作でした。まずは、今積まれているものからやっていこうと思います。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.05.31(Sun) 21:22] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by フェンリル
ブログ復帰お待ちしておりました。
天神爛漫は丁寧?には作ってありましたが体験版で魅かれるものがなければ回避するような作品であるような気がします。
やっぱり体験版時点が一番おもしろかったですから。

by udk
そうか、体験版がピークなんだったら、本編はやめておこうかな。
みんなの嬉しそうなプレイ感想を読んで楽しむとするよ。

コメントを閉じる▲

2009年4月発売のノベルゲー 雑感 

2009年04月30日 ()
 
 就活関係でいろいろごたごたしていたらいつの間にか4月も終わりが迫って参りました。ということで4月が終わる前に今月のノベルゲーの話。
 さて、今月も多くの新作が発売されましたが、今回は数を絞って、私がプレイ予定の2つの作品を取り上げようかと思います。




 まず1つ目は、ステージ☆ななの「narcissu 3rd -Die Driette Welt-」。HPはこちら

 同人サークルステージ☆なな制作のノベルゲーム(非18禁)、今月一番の注目作です。narcissu、narcissu-2nd-と続いてこの3rdではどうなるのか、1と2をやった身としては非常に楽しみです。4人のライターがそれぞれどのような話を書くのか、そこに期待。
 こちらはここのところ忙しかった私に変わって知人に確保してもらっているので、受け取り次第始めるつもりです。

 関連記事 : 3rd…だと…?(narcissu 3rd -Die Driette Welt-制作告知)
        : narcissu -SIDE 2nd- レビュー ~片岡とものゲーム作りのうまさ~




 2つ目は、FLATの「シークレットゲーム -KILLER QUEEN- DEPTH EDITION」。HPはこちら

 この作品については少々経緯が複雑でして…。まず、同人サークルFLATが2006年の夏コミでキラークイーン(PC18禁)を販売します。その後、2008年8月にイエティ(コンシューマ移植の会社)が新規ルートを追加して、シークレットゲームと題してPS2に移植販売(非18禁)します。それをさらに商業デビューしたFLATが2009年4月にPC18禁として逆移植して発売、これが本作となります。
 同人版「キラークイーン」はやったのですが、PS2版「シークレットゲーム」は家庭用ゲーム機でノベルゲームをやるのがだるいという理由によりやっていません。そこで今回逆移植としてPCで発売されたのでこれを機にやってみようかと思っています。同人版はおもしろかったことにはおもしろかったのですが、いまひとつまとまりに欠けていたので、本作、シークレットゲームでどのように話をまとめるかに注目しています。とりあえずはライターの健速に期待。
 ナルキ3rdが終わり次第、こちらも進めていく予定です。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.04.30(Thu) 23:48] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by 神奈水樹
私もシークレット買っちゃいました。
批評も何も聞かずに買っちゃったので、不安です。

とりあえずおもしろかったのなら安心です。

でもあの男の子が・・・・・うざいよー


さて、関係ない話ですが・・・・
相互リンクお願いしてよろしいでしょうか?

by udk
神奈さんもシークレットゲーム買われましたか。
同人版とは結構違うそうなのでどうなることか…。
良作だといいですね。

相互リンクについては構いませんよ。
こちらからもリンクはっておきますね。

コメントを閉じる▲

2009年3月発売のノベルゲー 雑感その2 

2009年03月24日 ()
 
 その1に続いて、3月発売のノベルゲーの話です。今日はその2ということで最終週発売のゲームの話。全部で4つ(+1)です。




 1本目は、CROSSNET Favoriteの「星空のメモリア

星空のメモリア星空のメモリア
(2009/03/27)
Windows

商品詳細を見る

 前作のウィズアニバーサリーはムービーが良かったので今作もムービーを見て簡単にチェック。制作はウィズと同じKIZAWA Studioでしたが、今回もいいムービーでした。橋本みゆきの主題歌と合わせて良い感じ。KIZAWAは純愛系ゲームのムービーはそこそこいいのを作る印象です。
 ウィズはルルゲーでしたがこの星空のメモリアはどうなるのでしょうか?妹ゲーと見せかけて何か別ゲーになるのをちょっと期待。ただウィズは最後の攻略キャラの「にゅるるー」まで辿り着くことができなかったので今作はちょっと手を出しにくいところ。



2本目は、LittleWitch velvetの「聖剣のフェアリース

聖剣のフェアリース 初回版聖剣のフェアリース 初回版
(2009/03/27)
Windows

商品詳細を見る

 LittleWitchのエロエロ路線、LittleWitch Velvetです。パッケージからして結構エロめ。これについては、店頭で流れてたアニメーションムービーに惹かれてしまったくちです。ムービーはいいですよ。
 そういやLittleWitchといえば、FFDが採用されているゲームをいつかやりたいと思っています。白詰かカルテットか、何かFFDがあるものを…。でも、ただ演出を見るためにやるのもどうかなと思っている今日この頃。



3本目は、CIRCUSの「Princess Party

Princess Party ~プリンセスパーティー~ 初回限定版Princess Party ~プリンセスパーティー
(2009/03/27)
Windows

商品詳細を見る

 これはなんて電波ソング。久しぶりに耳に残る電波ソングを聞きました。ムービーの中毒性は結構高め。最近はエロゲの主題歌も電波ソングが少なくなってきて盛り上がりに欠けていましたからね。 
 電波ソングとかバカサイズのバナーとかネタには事欠かない印象の作品です。未だD.C.関連の作品を連発しているCIRCUSですが、D.C.以外で頑張れるかそこに注目。



4本目は、あかべぇそふとつぅの「W.L.O. 世界恋愛機構

W.L.O. 世界恋愛機構W.L.O. 世界恋愛機構
(2009/03/26)
Windows

商品詳細を見る

 シナリオが6Mという噂のゲームですが、本当にそんなにあるのでしょうか?もしそうだったらプレイヤーは死ぬことになりそう…。さすがに6Mと聞くと物怖じしてしまいます。ぐだぐだにならないことを祈っています。
 


おまけ。某所で話題になったefっぽいという噂のゲーム。メーカーの公式ホームページはこちら

すくぅ~るふぁいぶ!  ~五つの秘密の物語~すくぅ~るふぁいぶ! ~五つの秘密の物語~
(2009/03/27)
Windows

商品詳細を見る

 efっぽいということでどんな内容になるのかちょっと期待。



以上、今月の新作その2でした。今月はどれにも特攻せずに大人しくすることになりそうです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.03.24(Tue) 07:49] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2009年3月発売のノベルゲー 雑感その1 

2009年03月21日 ()
  
 毎月恒例、今月発売のノベルゲーの話です。今月はいろいろチェックしているものが多いので、2回に分けて話をします。今日はその1ということで今週発売のゲームの話。全部で3つです。





 まず1つ目は、ユニゾンシフトブロッサムの「Flyable Heart


Flyable Heart 予約キャンペーン初回限定プレミアム版Flyable Heart 予約キャンペーン初回限定プレミアム版
(2009/03/19)
Windows

商品詳細を見る


 ハルヒやシャナでお馴染み、いとうのいぢ原画の新作です。
 のいぢ好きで通っている私としては当然即日購入して特攻…といきたいところですが、今回の「Flyable Heart」特攻は事情により見送らせていただきます。
 という旨を昨日、サークルの先輩達に話したら、「君が行かずに、誰が特攻するんだ?」って言われました。いや、確かに自分以外にこれに特攻できる人材は身内の中ではいないと思います。でも、体験版をやってこのゲームは何か違うとそう感じたんですよ。確かにのいぢ絵は好きです。同ブランドのななついろ★ドロップスは心の名作です。あれは最高にツボにはまりました。でも他ののいぢゲー、Peace@Peacesなんかはいまいちだったんですよ。そして、このFlyable Heartはななついろをやった時のようなあの感じはなかったんです。なので様子見です。この判断は間違ってないはず…。
 ホームページでやってる企画は毎回おもしろいんですけどね。男祭りとか最高でした。
 そういや会長(男)の抱き枕が付属のオフィシャル通販を頼んだ人はどのくらいいるんでしょうか?あれはさすがにスタッフ暴走しすぎ。でも、世間にはこんな悪夢の抱き枕もあるのであってもおかしくはない。





 お次はライアーソフトの 「水スペ 川野口ノブ探検隊 ~これが秘境だ! 人跡未踏! 立ちふさがる商店街!八鏡大学に隠された地球最大の謎を追え!!~


水スペ 川野口ノブ探検隊水スペ 川野口ノブ探検隊
(2009/03/19)
Windows

商品詳細を見る

 タイトルが全てを物語っている作品です。B級臭さがライアーっぽいですね。
 それにしてもこのタイトル長い。いったい何文字あるんでしょうね。あまりに長すぎてAmazonではタイトルが略されています。可愛そうに…。でも、何か惹かれてしまうタイトルです。
 先ほどFlyable Heartの話をしましたが、あれに特攻するのはまだぬるいです。本当の特攻とはこんな何が起こるかわからない全くもって未知の作品に挑むことだと思います。特攻するのは楽しそう。でも、タイトルからこれも予想がつきやすいか…。もし、これでもまだ足りないという人は無名のメーカーの陵辱ゲーをどうぞ。かなりの確率で爆死します。
 いろいろ気になる作品ですが、これよりも先にシャルノスと同じライターのインガノックをやるべきだと、先ほど私の脳内会議で決定したので残念ながら今回の特攻は無しで。





 最後は、F&Cの「Canvas3 ~白銀のポートレート~


Canvas3 ~白銀のポートレート~ 初回版 (予約特典:録り下しオリジナルドラマCD「第一回繚乱学園美術部料理対決!」付き)Canvas3 ~白銀のポートレート~ 初回版
(2009/03/20)
Windows

商品詳細を見る

 Canvasシリーズの最新作ですね。Canvasシリーズと言えば、F&C制作の王道ギャルゲーっていうイメージがあります。実際”1”も”2”もそんな感じでした。私は”1”がお気に入りです。絵が特にきれいですよね。
 これについては特攻している後輩の情報待ち。自分は特攻せず、後輩に任せているという情けない状況ですけど、まあ許して下さい。もうそんなに若くないんです。
 とりあえず、eufoniusの主題歌はいいですね。eufonius好きとしてこれだけ言っておきます。





 以上今週発売の新作でした。今週はどれにも手を出さずにいくつもりです。
 でも、この記事を書き終わった今、やっぱりFlyable Heartを確保しておくべきかと思ってる自分がいます。のいぢは好きだし、鑑賞用として購入しておいても…。予約券の期限が切れてない今ならまだできる。でもこれは確実に積みフラグですよね…。

 

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.03.21(Sat) 06:15] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2009年2月発売のノベルゲー 雑感 

2009年02月28日 ()
  
 今日は今月発売のノベルゲーの話。
 先月はいろいろ有力タイトルが多かったですが、今月は結構少なめ。あるメーカーの新作(?)が大量に売れること以外は大人しめの月になりそうな感じです。
 まあそんな月でも気になるタイトルはいくつかあるので、いつものようにコメントをつけて紹介していきます。今月は全部で3つ。





 まず1つ目は、今月一番売れるであろう、AUGUSTの「夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-


夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle- 初回版プレミアムエディション (予約特典付き)夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-
初回版プレミアムエディション (予約特典付き)

(2009/02/27)
Windows

商品詳細を見る


 夜明け前より瑠璃色な(けよりな)の後日談を収録した追加ディスク。FAが発売した今、何故今さらって気はしますが、これもオーガストの一つの戦略なのでしょう。
 けよりなは以前やったことがあるのですがそれほど私の琴線には触れなかったので、今回のMCはスルーの予定。まあ正直に言うと、『それほど気に入るキャラがいなかった』ただそれだけの理由だったりします。でも萌えゲーにおいて好きなキャラがいる/いないは結構大きい…。
 さて、いつものようにパッケージ画像を出すためにAmazonのリンクを貼ってみたのですが、このパッケージ、どこかで見たような気が…。気になったのでPS2版とPC版も貼り付けてみました。

 
夜明け前より瑠璃色な -Brighter than dawning blue-(初回限定版)夜明け前より瑠璃色な -Brighter than dawning blue-
(初回限定版)

(2006/12/07)
PlayStation2

商品詳細を見る


夜明け前より瑠璃色な 初回版 (DVD-ROM版)夜明け前より瑠璃色な 初回版 (DVD-ROM版)
(2005/09/22)
Windows

商品詳細を見る


 PC版、PS2版、MCと並べてみるとよく似ていますね。キャラクターの配置の仕方がそっくりです。違うところといえば、PC→PS2→MCになるにつれて少しずつキャラが増えているくらい? これは3つ並べてあったら間違ってしまいそうですね。
 これでさらに全部べっかんこう立ちだったりしたら最高だったのですが…。さすがにべっかんこう立ちはPC版だけのようです。ちょっと残念。





 けよりなMCの話が長くなってしまいましたが次に行きましょう。2つ目は、AXLの「Like a Butler」です。


Like a ButlerLike a Butler
(2009/02/27)
Windows

商品詳細を見る


 最近調子がいいAXLの新作です。内容はタイトル通りの執事もの。
 こちらは体験版の感想も書いているので詳しくはそちらをどうぞ。(Like a Butler 体験版 感想
 AXL恒例の嘘カウントダウンには今年も笑わせてもらいました。DMCとか本当にやり過ぎ(褒め言葉)。今となってはカウントダウンが終わってしまったのでもうお見せすることはできないのですが、AXLの次の新作が出る時はぜひ見て下さい。あれは本編に興味が無くてもおもしろいはず…。
 今のところ、2月の新作ではこのLike a Butlerをプレイする予定です。





 そして最後に紹介するのが、lightの「タペストリー


タペストリー -you will meet yourself- 初回版タペストリー -you will meet yourself- 初回版
(2009/02/27)
Windows

商品詳細を見る


 主人公の余命が半年、というところから始まる物語。こういう設定の話は悪くはないのですが、良くも悪くもライターの腕が全てとなるのでなかなか特攻しにくいところ。うまくシナリオを作れたら良作になるんだけど…、うーん…。体験版をやった感じは何とも言えないのでとりあえずは様子見。
 それよりも個人的にはアクティブ・ワイド・バルーン・システムがとっても気になります。漫画の台詞的表現を取り入れた演出方法はなかなかにおもしろい。何かの可能性をすごく感じます。話の内容云々よりもこの演出の考察をしたい、今はそんな気分。でもさすがにそれ目当てでゲームをやるのもどうかと思う今日この頃。





 以上、2月の新作ノベルゲーの話でした。

 俺、今やってるゲーム(ひまわり・ティンクル☆くるせいだーす)が終わったら…、Like a Butler やるんだ…

 と何かのフラグを立てておきます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.02.28(Sat) 03:50] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2009年1月発売のノベルゲー 雑感 

2009年01月22日 ()
   
 今日は今月発売のノベルゲーの話。
 2009年最初の今月は、さくらさくら・FlyableHeartが延期して有力タイトルが少し減りましたが、それでも祝福のカンパネラと俺たちに翼はないの2大作が発売されます。今月はこの2タイトルに注目でしょう。とりあえず私はカンパネラに特攻する予定。

 それではいつものように個人的に気になるタイトルを紹介していきます。全部で5つです。





 まず1つ目は、本日(1/22)発売のあっぷりけ妹才気煥発才色兼備の君たちへ

 
才気煥発才色兼備の君たちへ 初回版才気煥発才色兼備の君たちへ 初回版
(2009/01/22)
Windows

商品詳細を見る


 月刊あかべえ今月の新作です。12月のしゃんぐりら「暁の護衛~プリンシパルたちの休日~」、1月の発売の本作、2月の暁WORKS「DEVILS DEVEL CONCEPT」、3月のあかべぇそふとつぅ「W.L.O.世界恋愛機構」、としばらくはあかべえのターンが続きます。この流れで4月はWHEELの「~パンツを見せること、それが…~大宇宙の誇り」が出るに違いない。
 昨年は大人気だったあかべえ系列のソフト。今年はどうなるんでしょうか?某テニス漫画を思い出すタイトルの本作、私はそれほど惹かれなかったのでスルーの予定。






 2つ目は、明日(1/23)発売のコットンソフトアンバークォーツ


アンバークォーツ 初回版アンバークォーツ 初回版
(2009/01/23)
Windows

商品詳細を見る


 なんというかねこねこっぽい作品。登場人物が幼馴染という点でそんな雰囲気がします。良くも悪くも安定した作品になりそう。






 続いては、明日(1/23)発売のETERNAL輝光翼戦記 天空のユミナ


輝光翼戦記 天空のユミナ 特装版 (予約キャンペーン特典 ボーカルコレクション付き)輝光翼戦記 天空のユミナ 特装版
(予約キャンペーン特典 ボーカルコレクション付き)

(2009/01/23)
Windows

商品詳細を見る


 ただの生徒会バトルものかと思いきや壮大なスペースファンタジーだということが最近公開された「宇宙編ムービー」で気づきました。どんな超展開になるんでしょうね。ちょっとワクワクしてきました。
 それは別としてゲーム部分はおもしろそうな感じ。とりあえずそこに期待。
 そういえば、丸戸先生によると、ブランド名の「ETERNAL」はとある大魔法から取ったものらしいです…。さすが丸戸先生。よくわかってらっしゃる。






 4つ目は、来週(1/30)発売のういんどみる祝福のカンパネラ


祝福のカンパネラ 初回限定版祝福のカンパネラ 初回限定版
(2009/01/30)
Windows

商品詳細を見る


 1月の購入予定作品です。カンパネラに関しては体験版の感想をあげているので詳しくはこちらをどうぞ。そういや、ゲームパートの存在についてはホームページでも何も触れられませんね。なくなったんでしょうか。
 現在、発売日に休みが取れるように研究スケジュールを調整中。あとは先輩からの許可をもらうだけ。






 最後は、来週(1/30)発売のNavel俺たちに翼はない


俺たちに翼はない -Limited Edition-俺たちに翼はない -Limited Edition-
(2009/01/30)
Windows

商品詳細を見る


 4年以上前に制作が発表されたこの作品もいよいよ発売するようです。未だ発売するのが信じられませんが、マスターアップの告知も出たし、たぶん出るんでしょう。
 ライターの王雀孫はそれ散るの例もあるのでシナリオが激しく不安。なので、大人しく様子見でいこうと思います。今度は完成版が出ると良いですね。





 以上、今月発売の新作でした。今月はどうなるんでしょうね、

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.01.22(Thu) 05:01] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2008年12月発売のノベルゲー その2 

2008年12月05日 ()

 前回の記事の続きで今月発売のノベルゲーの話。今回も3つ紹介します。


 前回の3つの他に気になったのがドリパで目についた、CLOCKUPの「ザーメンセキュリティ2009

ザーメンセキュリティ2009ザーメンセキュリティ2009
(2008/12/19)
Windows

商品詳細を見る


 ウイルスバスターなどのセキュリティソフトと一緒に並んでいたら間違って手に取ってしまいそうなこのソフト。中身はタイトル通りのバカゲーっぽい感じです。2009年版を2008年内に出すあたりは結構優秀なセキュリティソフトだと思います。


 次は、12/26発売、ApRicoT(CROSSNET)の「Maple Colors 2

MapleColors2 ~メイプルカラーズセカンド~MapleColors2 ~メイプルカラーズセカンド~
(2008/12/19)
Windows

商品詳細を見る


 1がおもしろかったので2にも期待。1は演劇ものだったのですが演出が結構良かったんですよね。2になってどうなってるのか体験版くらいはやって確認しておきたいところ。ムービーはApRicoTらしく今回も凝ってましたね。
 個人的にはエロコメのMaple Colors Hも結構好きです。2もHは出るのかな?


 最後は、12/26発売、CIRCUSの「D.C.II P.C.~ダ・カーポII~プラスコミュニケーション

D.C.II P.C.~ダ・カーポII~プラスコミュニケーション 初回限定版D.C.II P.C.~ダ・カーポII~プラスコミュニケーション 初回限定版
(2008/12/26)
Windows

商品詳細を見る


 これはPC版「D.C.II P.C.~ダ・カーポII~」をコンシューマ移植した「D.C.II P.S.~ダ・カーポII~プラスシチュエーション」をさらにPCに逆移植したものとなります。D.C.Ⅱはいいさくらゲーでした。今回の攻略キャラは…もう何人いるのか把握できていません。
 それにしてもD.C.シリーズ多いですね。D.C.,D.C.W.S.,D.C.P.S,D.C.P.C.,D.C.S.V,D.C.F.S,D.C.Ⅱ,C.D.C.D,D.C.ⅡS.C.,D.C.P.K.,D.C.A.S.,C.D.C.D.2,D.C.ⅡP.S.,D.C.ⅡP.C.が全部わかる人ってどのくらいいるんでしょうかね?さらに全部やってる人となると…。ちなみに私は5つやっています。結構やってる方だと思うんですがどうでしょう?


 以上12月発売のものの中からいくつか取り上げて思うことを語ってみました。けど今のところ購入予定のものはありません。今月は新作をやらずゆっくりする予定。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.12.05(Fri) 20:33] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2008年12月発売のノベルゲー その1 

2008年12月04日 ()

 今日は今月発売のノベルゲームの話。いつもならこの企画は月末にやるのですが、12月は毎年発売日がバラバラになるので今の内にやっておこうと思います。今月の主要作品の発売予定はこんな感じ。

 ・12月 の激戦区 マスターアップ状況 (雑記サイトFiRSTRoN)

 12/5,12/12,12/19,12/26と毎週何かしら発売されます。普段の月なら第4週か第5週に集中するんですけどね。11月と比べるとよくわかります。どうしてこうなってるのかはよくわかりませんが、たぶん年末だからでしょう。
 今月は特に購入予定のものもないので、知ってる作品を広く浅く紹介していこうと思います。


 まず12/5発売なのが、Sphereの「ヨスガノソラ
 
ヨスガノソラ 初回限定版ヨスガノソラ 初回限定版
(2008/12/05)
Windows

商品詳細を見る


 CUFFSの姉妹ブランドSphereの第1作目です。ブランド1作目にして世間ではかなり大々的に扱われていますね。新人ライターに特攻するのはしんどいので今回は見送り。まあ十中八九ないと思いますが、Gardenのようにならないことを祈っています。


 次、12/12発売のものの中から、たぬきそふとの「姪少女

姪少女 初回版姪少女 初回版
(2008/12/12)
Windows

商品詳細を見る


 RUNEの娘姉妹を作っていたスタッフが独立して立ち上げたたぬきそふとの第一作。蛭少女に見えてしまうという人が続出しているという噂。それにしてもパッケージからして娘姉妹にそっくり。また変態作品ができるんでしょうかね。今度は回収されないといいですね。


 3つ目は、12/19発売の、ハイクオソフトの「さくらさくら

さくらさくら 初回版さくらさくら 初回版
(2008/12/19)
Windows Vista

商品詳細を見る


 先ほどホームページを見たら1/30に延期するとの告知がありました。個人的にはまだ延期すると思うのですがどうでしょう?仲間内では来年のさくらが咲く頃に発売するのではないかと予想されています。3/27あたりが濃厚だと思われるのですがどうでしょうか?
 茶太さんの主題歌は結構好きなんですけどね。


 他にも19日以降発売のものがいくつかあるのですが、この記事が長くなってきたのでまた次回に。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.12.04(Thu) 23:40] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2008年11月発売のノベルゲーム 

2008年11月22日 ()
   
 ぼるしちもクル☆くるもまだ終わってないけど、今日は今月発売のノベルゲーの話。
 今月もいろんなゲームが発売されます。その中で個人的に注目しているものが2つあります。その1つが、漆黒のシャルノス -What a beautiful tomorrow-


漆黒のシャルノス -What a beautiful tomorrow-漆黒のシャルノス -What a beautiful tomorrow- (LiarSoft)
(2008/11/21)
Windows

商品詳細を見る


 「蒼天のセレナリア 」「赫炎のインガノック」に続くライアーソフト・スチームパンクものの第3弾です。シナリオは前2作と同じ桜井光。ホームページを見てたら世界観がおもしろそうだったのでひそかにチェックしていました。
 このシャルノス、やってみたいのはやまやまなのですが、前2作(セレナリア・インガノック)をやってないんですよね。この2つも評判が良いのでいつかやろうとは思っていたのですが、そう思っている内にシャルノスが発売してしまいました。ライアーはやってみたい作品がForestとかいろいろあるのですが、いつも後回しになっちゃってるんですよね。まあ、今やってるのが終わって時間ができたらやろうと思います。(←積みフラグ)


 もう1つ個人的に注目しているのが、さかあがりハリケーン~LET’S PILE UP OUR SCHOOL!~


さかあがりハリケーンさかあがりハリケーン (戯画)
(2008/11/28)
Windows Vista

商品詳細を見る



 戯画の新作。学園物です。たまには王道学園物もいいですよね。9月のアレは王道とはちょっと違っていたし…。体験版をやった知人の評判もいいし、やってみたいところ。
 原画はねこにゃん。ねこにゃんの絵は新作が出る度に少しずつ良くなってる気がします。
 シナリオは木緒なち。サナララとかスカーレットとかフォセットの人です。サナララは良かったので期待。スカーレットは……そういえばまだやってない…。積まれたまんまです。さかハリより先にこっちをやるべきか?


 以上が今月の注目作です。
 どちらも先に積んでるものを先にやらなくてはいけない模様。
 そしてその前に今やってるのを終わらせないと…
 新作への道のりは険しい…
 
 

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.11.22(Sat) 12:33] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by go6
先ほどブログを見て書き込ませて頂きました。

ライアーソフトは結構好きなブランドだったりするので
「赫炎のインガノック」についてはプレイ済ですが、
「蒼天のセレナリア」については未プレイ。でもさほど
問題は無いと思います。
特にセレナリアは原画の雰囲気も全く違うので完全な別作品と考えても良い位ですし。インガノックにしても
「黄金瞳」、「クリッター」、「蒸気」といった言葉に見覚えがあるくらいでその説明もほぼ皆無でしたから。

で、体験版をプレイしましたがインガノックと比べると物語や世界観のクオリティはかなり上がっている様に
思いますね。ミニゲームは賛否両論ありそうだけど、
インガノックよりも若干取っつき易い雰囲気です。
なのでいきなり本作のみをプレーするのも良いと
思いますよ?

以上、通りがかりのお節介なコメントでした。

by udk
単体でやっても問題ないのですか。
それなら先にシャルノスをやってみましょうかね。

by tarou11代目
シャルノスはやってみて損は無いと思いますよ。
なんといっても
主人公兼ヒロインのメアリーの魅力はすばらしい。

コメントを閉じる▲

今月発売のノベルゲー(2008年9月) 

2008年09月26日 ()
 
 今月も月末の金曜日(=新作ノベルゲーの発売日)がやってきました。
 今月は下半期一番の激戦区になる予定でしたが、ぼるしちさかハリが延期したのでそこまでほどくはならない様子。

 というわけで今月は、ティンクル☆くるせいだーすとしゅぷれ~むキャンディ(サクラノ詩 第一章)の2つ(3つ?)をやる予定です。


 まず、ティンクル☆くるせいだーす(クルくる) について


ティンクル☆くるせいだーす 初回限定版 (予約特典付き) Amazonへのリンクタイトル  ティンクル☆くるせいだーす
メーカー Lillian
シナリオ 丸谷秀人 , しげた
原画     かんなぎれい
音楽    I' ve , アメディオ
発売日  2008年9月26日
期待度  80

   参考リンク : ティンクル☆くるせいだーす 体験版 感想

 プリンセスうぃっちぃず(プリっち)以来3年ぶりとなる”かんなぎれい&しげた”コンビの新作。プリっちからもう3年ですか。早いものです。
 体験版の感想でも書きましたが、このクルくるは私的にはかなりの期待作。今年の下半期一の期待作だったりします(単に他に期待できるようなのがないだけですが…)。体験版はちょっとよろしくない出来でしたがそれはそれ。製品版では良くなっていると期待しています。
 かなりボリュームがありそうなので、おそらくこの中では一番最後にやることになると思います。途中でだれたりしなければいいのですが…
 シナリオには多くを求めていません。ただただ楽しい日常シーンがあればそれでいい…



 次は、しゅぷれ~むキャンディ(しゅぷれンディ) について 


しゅぷれ~むキャンディ ~王道には王道たる理由があるんです! ~ 特装初回版タイトル  しゅぷれ~むキャンディ~王道には王道たる理由があるんです!~
メーカー 
シナリオ 藤倉絢一
原画     いぬがみきら , 深森 , karory , 梱枝りこ
発売日  2008年9月26日
期待度  75


   参考リンク : 今後発売予定のノベルゲーの話


 クルくるが不安だとか言っていますが、このしゅぷれンディはその比じゃないです。ケロQ枕の作品というだけの理由でやりますからね。むしろやりたいのはしゅぷれンディじゃなくて、予約特典のサクラノ詩の1章だったりするし…。
 ホームページから得られる作品情報が少ないのもまた不安になるところ。Lillianのホームページくらい充実させて欲しい。それでなくてもせめて体験版くらいWEBにアップして欲しいです。そうでないと雑誌を買ってない私にはできません。
 ホームページの設定を見る限り回避すべきレベルの作品なのですが、そこはケロQクオリティを期待して。王道とか言ってるけど、中身はカオスな作品であると信じています。学園ものの皮をかぶったオカルトものであると。逆に普通の学園もののギャルゲーだったらかなりきつい。
 どんな作品になるか全くもって未知数。とりあえずケロQ・枕に期待。



 最後に、サクラノ詩 ~春ノ雪~について


   参考リンク : サクラノ詩が久方ぶりの更新


 サクラノ詩の第一章。いわゆる体験版です。これは体験版なので前2つよりは気が楽。
 √after and anotherのサクラノ詩の学園が舞台となるはまじ・雪路ルートも良かったし期待しています。
 たぶん今日は真っ先にこれをやる予定。
 どんな作品になるのか楽しみです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.09.26(Fri) 00:01] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。