TOP > CATEGORY > 2009年お気に入り作品5選
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


2009年 お気に入りノベルゲーム 5選  

2010年03月10日 ()

 お待たせしました。2009年 お気に入りノベルゲーム 5選です。
 2009年に発売された新作の中で個人的に良かったものを5つあげました。

 それでは、順番に紹介していきます。


続きを読む↓

  


 1. Steins;Gate

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(数量限定版)
タイトル     Steins;Gate
メーカー     5pb
発売日     2009年10月15日
シナリオ     林直孝
原画       huke
音楽        阿保剛


 2009年お気に入りノベルゲーム、まず最初は、Steins;Gateです。完成度が非常に高い作品でした。例えるなら、限りなく神作に近い名作。
 私の最優先布教対象にも指定されているこのゲーム、とりあえず1人に布教して、気に入ってもらえることができました。さて次は誰の家に箱を持って行きましょうか。

 参考:Steins;Gate レビュー ~バタフライ効果の先に待っていたものは~





 2. 装甲悪鬼村正

装甲悪鬼村正 限定生産版 Amazonのページ
タイトル     装甲悪鬼村正
メーカー     NitroPlus
発売日     2009年10月30日
シナリオ     奈良原一鉄
原画       なまにくATK
音楽        ZIZZ


 お次は、装甲悪鬼村正。ヨロイ萌えという新たな境地を開拓した作品です。
 でも一番萌えるのは主人公の景明さん。これは譲れません。あ、景明さん、人気投票一位おめでとうございます。さすが景明さん、ヒロイン達なんて目じゃないですね。

 参考:装甲悪鬼村正 レビュー ~ヨロイに萌える日~




 3. きっと、澄みわたる朝色よりも、

きっと、澄みわたる朝色よりも、 豪華初回限定版
タイトル    きっと、澄みわたる朝色よりも、
メーカー    propeller
発売日     2009年7月24日
シナリオ   朱門優
原画      やすゆき , ヨダ
音楽      樋口秀樹


 2009年に私が一番はまったシナリオライター、朱門優の一作。
 去年の春、なんとなく「いつか、届く、あの空に。」をやってみたら撃沈されてしまったのがきっかけで、去年は朱門優作品にいろいろ手を出していきました。この朝色もそんな朱門作品のひとつ。この人の描く物語はなんというか”きれい”という言葉が似合います。物語しかり登場人物しかり、それぞれが理想を掲げて動く、それが美しいんですよね。
 久々にライター買いできるシナリオライターに出会えました。

 参考:きっと、澄みわたる朝色よりも、 レビュー ~あり得ない事を成し遂げてみせた朱門優~ 




 4. narcissu 3rd -Die Dritte Welt-より「メサイア」


タイトル画面

タイトル    narcissu 3rd -Die Dritte Welt-
サークル   ステージ☆なな
発売日    2009年4月24日
シナリオ   片岡とも , 早狩武志 , 酸橙ひびき , ごぉ
原画      緒方剛志
音楽      Barbarian on the Groove , 諸田英司 , Ebi , sentive , souten , 他多数

 続いては、narcissu 3rdより早狩武志の短編「メサイア」
 2009年にプレイした作品の中で一番心をえぐってきた作品です。
 次は5月の4thですね。集大成たる4thに期待。

 参考:narcissu 3rd -Die Dritte Welt- レビュー ~ジャンル:narcissuアンソロジー~




 5. Dies irae -Acta est Fabula-


Dies irae ~Acta est Fabula~ 完全版初回版

タイトル    Dies irae -Acta est Fabula-
メーカー   light
発売日    2009年12月25日
シナリオ   正田崇
原画       Gユウスケ
音楽      与猶啓至


    時よ止まれ    ――    おまえは美しい  
 Verwile doch     Du bist so schön


 論文の締め切り間際、このDiesの一節をよくつぶやいていました。
 そして最近、この論文提出後の開放感あふれる状況が永遠に続けばいいと思うようになり、またつぶやいています。
 この何気ない日常こそが大切。決して廚二っぽい気分に浸りたいとかそういうわけではないですよ?

 さて、内容の方は2007年版の怒りの日の内容から大きく進歩し、気になっていた永劫回帰についても納得のいく解説が加えられ、満足のいくものとなっていました。あとは怒りの庭の“庭”の方。今年中には最後まで出て欲しいなぁ。

 参考:Dies irae -Acta est Fabula- レビュー ~永劫回帰の終焉~




 以上、2009年お気に入りノベルゲー5選でした。今回は年の終わりにプレイしたのがラインナップする形となり、年明けからレビューをゆっくりあげていたらこんな時期の公開となってしまいました。2010年版は年明けすぐにあげたいですね。
 思えば個人的2009年はニトロと朱門の年でした。朱門優にはまり、ニトロの村正とシュタゲ(←正確には5pb)が締めるという年でした。朱門優は4月に小説の新刊、シュタゲはドラマCD、村正も今後もどこかで展開が続くようで、今後とも楽しみなクリエイター/作品です。
 2009年上半期は良作が少なく寂しいなぁと思いつつも、下半期に来て良作が多く出て、総合的には良い年だったと思います。この調子で今年も良作に恵まれると良いですね。とりあえずは目先の素晴らしき日々に期待。


 関連記事:2008年 お気に入りノベルゲーム 5選
       :ノベルゲーム レビューリスト








 -番外-



 最後に、2009年発売でなかったために惜しくも選外となってしまった作品について、一言だけ…






 0. いつか、届く、あの空に。


いつか、届く、あの空に。初回版
タイトル    いつか、届く、あの空に。
メーカー    Lump of Sugar
発売日     2007年1月26日
シナリオ   朱門優
原画       萌木原ふみたけ
音楽       大川茂伸 , 末廣健一郎






 此芽かわいいよ、此芽



 

 参考:いつか、届く、あの空に。 レビュー ~心に響く名シーン~

閉じる↑

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.03.10(Wed) 23:53] 2009年お気に入り作品5選Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


2009年 お気に入りライトノベル 5選 

2010年03月06日 ()


 2009年お気に入りライトノベル5選です。
 2009年に読んだラノベでおもしろかったのを5つあげました。

 それではどうぞ。


続きを読む↓



1.ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!


ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! (ファミ通文庫)ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! (ファミ通文庫)
(2009/01/30)
田尾 典丈

商品詳細を見る



 こんなギャルゲーやりてーー、なメタギャルゲーもの。
 2009年に読んだものの中では一番の衝撃度の作品でした。
 その発想は無かった。
 誰かこんなギャルゲ作ってくれませんか。お願いします。


 関連記事:ギャルゲーユーザーにオススメ 「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ」
      :自分がプレイしたギャルゲーの世界が現実化する、そんなメタギャルゲーがやりたい!
      :ループゲーはギャルゲーの構造上の問題を解決する1つの解となりうるか?






2.紫色のクオリア


紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る


 ヒロインの死という運命を覆すために、あの手この手を使って助けようとする少女の物語。
 あれもこれもSF設定を詰め込んで濃縮したストーリーがとてもおもしろかったです。
 ヒロインを救うためならどんなことでもやってのける主人公も良い感じ。
 良いSFだったのでいつか読書会を開きたいですね。

 余談ですが、その昔、私のサークルのロボアニメ好きの後輩がメンバー全員をロボに例えたことがありまして……私はそのとき「ザクウォーリア(ミーア専用機)」と称されました。他には「ジム」とか「ガズR」とか言われている人もいました。私はロボアニメが苦手なので彼の例えがよくわかりませんでしたが、ひょっとすると彼はこの小説のヒロイン(毬井)と同じ“人がロボットに見える体質”だったのかもしれません。今度彼に会った時にでも、真相を確かめて、ついでにクオリアを勧めておきます。






3.さよならピアノソナタ


さよならピアノソナタ―encore pieces (電撃文庫)さよならピアノソナタ―encore pieces (電撃文庫)
(2009/10/10)
杉井 光

商品詳細を見る


 2009年ニヤニヤが止まらなかったラノベナンバーワン
 1巻から4巻まで一気に読んだんですが、ずっとニヤニヤしてました。
 話の展開がすごく学園モノのエロゲーくさいかったです。
 真冬可愛いよ、真冬。以上。


 関連記事:あるエロゲオタの「さよならピアノソナタ」感想






4.ケモノガリ


ケモノガリ (ガガガ文庫)ケモノガリ (ガガガ文庫)
(2009/07/17)
東出 祐一郎

商品詳細を見る


 主人公が覚醒してひたすら無双するだけのB級アクションもの…なんですが、すごくおもしろいんですよ、これが。
 読んでてすごく引き込まれるというか気づいたら読み終わっていました。筆力すげぇって感じ。

 あやかしびと、Bullet Butlerのシナリオライター東出祐一郎の初の商業小説なんですが、昔読んだ吸血大戦よりもだいぶ上手くなっていました。この小説で氏の株が大幅向上したので、4月のエヴォリミットもやってみるつもり。







5.空ろの箱と零のマリア


 
空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)
(2009/01/07)
御影 瑛路

商品詳細を見る


 エンドレスエイトならぬエンドレススリー
 15498回のループなんてなんてその、27755回もループします。
 ループする期間は3月2日から3日にかけてなので、総時間的にはエンドレスエイトの方が上でしょうか。

 構成が上手く、ループの順番がシャッフルされているのとか良かったですね。
 2巻からはループものとはまた別の話ですがそっちもなかなかおもしろかったです。






 以上、2009年お気に入りライトノベル5選でした。
 思えば2009年はメタフィクションというかループものが多かった気がします。タイムトラベルしてたり、タイムリープしてたり、ループしてたり、人生やり直したり、永劫回帰だったたり…。特にラノベでこの手のものばかり読んでいましたね。クオリアに零のマリア、その日彼は死なずにすむか、クイックセーブ&ロード、ギャルゲヱの世界……。5年くらい前に大量にループノベルゲーにあたって以来でしょうか。
 これは自分の人生をセーブ/ロードしたいという私自身の渇望の表れか、それとも最近のラノベの流行りなのか…。いや、そもそもゼロ年代終わりにループものがよく見かけるようになったのは時代の表れで……と危険な現代思想ネタに発展しそうなのでこのネタはこの辺にしておきます。

 それにしても去年はいいラノベにいっぱい出会えたと思います。知人とネット関係から効率よく情報を収集できた成果ですかね。
 この流れだと次はクロノセクスコンプレックスかなぁ。



 参考:2008年 お気に入りライトノベル 5選
    :読書メーター - udkさんの読書メーター (最近の読書状況)


閉じる↑

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.03.06(Sat) 23:39] 2009年お気に入り作品5選Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ヤタ
>一番の衝撃度の作品
タイトルには惹かれていたのですが、あと一押しが
自分で見当たらずにスルーしていた作品でした。
が、udkさんのコメント読んで興味がでてきました。
そのうち買ってみようと思います。

>そっちもなかなかおもしろかったです
最近あまり見かけない、その時その時の物語のトリックを
読んでいるときに考えさせられる作品で、自分も愛読してます。
とりあえず今は4巻がどうなるか気になって仕方ないですね。

>ループものが多かった気がします
個人的にタイムトラベル系で、手軽に気軽に読めたのは
「僕たちのパラドクス」という作品。
そこまで良作ではないですが、タイムトラベル知らない人には
すすめやすかったな、という印象がありました。

by udk

>ギャルゲヱの世界~

 これは学園もののギャルゲー(エロゲ)をある程度こなしている人なら楽しめるところも多いと思うのでぜひ。


>空ろの箱と零のマリア(良い略称ないかな)

 このシリーズは続いてもおもしろさが落ちなかったのがいいですよね。 
 あとは、最終的にどういうところに落ち着けるのか次第ですかね。


>「僕たちのパラドクス」

 ふむふむ、これは知らなかったですね。私の時間モノリストに付け加えておきます。

コメントを閉じる▲

TOP

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。