TOP > sola DVD 第1巻 「sola color Ⅰ」 各話感想
 ← そらいろらじお出張版 CD vol.2 | TOP | 最近の らき☆すた

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


sola DVD 第1巻 「sola color Ⅰ」 各話感想 

2007年09月11日 ()
sola color.I (初回限定版)sola color.I (初回限定版)
(2007/06/22)
花田十輝; 古賀誠




1話~3話はアニメ本編の感想を書いてなかったので、ここで各話感想を。

DVD1巻には1話~3話が収録。
起承転結でいう「起」の部分。


        sola


蒼乃と茉莉、二人の少女の物語が始まる。



#01 「ソライロノカサ」


solaの始まり。
それは、過去の出来事から長い時が過ぎたある日、蒼乃が依人を創りだすことから始まる。
依人を創りだしたことにより蒼乃は衰弱し入院を余儀なくされる。
そして、創られた存在である依人はまるで人であるかのように世界にとけこんでいく。
石月姉妹とも仲良くなり、体調はあまり優れないながらも依人がいる生活を楽しむ蒼乃。

「Prologue of sola」での間接的な会話を経て、依人は公園で自販機を蹴っている茉莉を見つける。
これが二人の出会い。
このとき茉莉は偶然出会ったこの少年が依人だとは思いにもよらなかったはず。
そして、蒼乃は茉莉がこの街に来ているとは思いにもよらなかったはず。

依人と茉莉、二人はどうしても惹かれ合う運命にあるのでしょうか

蒼乃の虚構に満ちた平穏な日々も、ここで茉莉が依人と偶然出会ったことから徐々に崩れていく―



#02 「ミアゲルアオ」


1話からの流れで、辻堂の茉莉への襲撃後、茉莉を匿うことにした依人。
茉莉が夜禍人であることを知る。

そして、2話ラスト、依人の部屋の天井のソラ。
茉莉はあのソラを見た時、昔の依人が見せてくれたソラと同じソラを見て、何を思ったのでしょうか?
すでに死んだはずの自分の知る人と瓜二つで同じ名前の彼に、以前と同じ方法で見せられたソラはいったいどんなソラだったのでしょう?

ここでのシーンが最終話の回想とうまく対応しています。



#03 「オダヤカナヒ」


タイトル「オダヤカナヒ」の名のとおり、作中で最も穏やかな日々。
茉莉が依人のところに居候することにはなりましたが、まだ茉莉と蒼乃はお互いの存在をはっきりと認知してないために平穏な日が続きます。
茉莉と蒼乃の戦いなど微塵たりとも始まる気配はありませんし。
このころはあんな展開になるとは思いにもよらなかったです。



全体を通して考えると悪くはないのですが、やはり序盤の掴みが少し弱いですね。
もう少し目を引く構成にすべきだったと。
再度見ると蒼乃が夜禍であったり、茉莉の行動もよくわかるのですが…
最終話まで見た後、また1話から見てみるといろいろ感慨深いものですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.09.11(Tue) 00:10] solaTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← そらいろらじお出張版 CD vol.2 | TOP | 最近の らき☆すた

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/139-e486ca1a
 ← そらいろらじお出張版 CD vol.2 | TOP | 最近の らき☆すた

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。