TOP > sola ビジュアルファンブック 感想
 ← そらいろらじお出張版 CD vol.4 | TOP | MELTY BLOOD Act Cadenza Ver.B for Windows ~ネコアルクカオス ルート~

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


sola ビジュアルファンブック 感想 

2007年10月12日 ()

先日発売された sola のビジュアルファンブックを買ってきました。


sola ビジュアルファンブックsola ビジュアルファンブック
(2007/10/09)
ポストメディア編集部

商品詳細を見る



全128ページの中に「sola」の魅力を完全収録したビジュアルファンブック!

表紙は七尾奈留の書き下ろしイラストのカバー。
七尾奈留の絵はいいですね。蒼乃と茉莉の二人が白地の背景にきれいに描かれています。
あと何気にカバーがリバーシブル。裏面は古賀誠による蒼乃と茉莉の絵になっています。せっかくのリバーシブルなのですが、使うのはおそらく七尾奈留の方のみになりそうです。

さらにその表紙イラストをB2ポスターにして同封。
大きいサイズで見るイラストはいいですね。ちょっと折り目がついてしまっているのが残念でしたが、七尾奈留の絵がいいので許します。


そして肝心のファンブックの内容は、

・イラストギャラリー
・キャラクター紹介
・ストーリーガイド
・キャスト&スタッフインタビュー

などなど。盛りだくさんの内容。


イラストギャラリーには七尾奈留と古賀誠による版権イラストを多数掲載。
こうして見ると、七尾奈留による sola のイラストは数が少ないですね。もう少し sola の絵も描いて欲しいところ。ef でかなり忙しいんでしょうけど。そう考えると一つ一つのイラストが結構貴重ですね。


次にキャラクター紹介。こちらでは各キャラクターの設定やエピソードを紹介。また、七尾奈留・古賀誠の両者のキャラクターデザインに関してのコメントも掲載。キャラクター設定もいろいろ深く考えている様子でした。


次に各話毎のストーリーガイド。各話の簡単なストーリーの流れを絵コンテと共に紹介。
まだ発売されてないDVD5巻に収録される予定のスペシャルエピソードまで載っていて、アニメ全エピソードを紹介できていました。わかりやすく簡潔にまとめられていたと思います。


ストーリーガイドのあとに美術設定やグッズ紹介などがあり、最後に、キャスト&スタッフインタビューとなっています。
キャストインタビューでは、メイン声優7人のインタビュー。そして、スタッフの方では、久弥直樹(シナリオ原案・脚本)、七尾奈留(キャラデザ原案)、小林智樹(監督)、花田十輝(シリーズ構成・脚本)、古賀誠(キャラデザ・作画監督)のインタビュー。スタッフインタビューはなかなか楽しめました。


とまあ、基本的には普通のファンブックなのですが、このストーリーガイドの中の小林監督による各話解説はすごく良かったです。ストーリーの構成、演出、各シーンにおける意味や各キャラクターの心理など、どのように考えてこのアニメを製作していったのかよくわかります。

中でも13話(アニメ版 最終話)に対するコメントは非常に興味深かったです。
以下監督のコメントを引用

 13話で注意したことは、茉莉、蒼乃、依人の3人が迎える結末がそれぞれの立場で、あるいは客観的に見て、納得のいく結末になるかが重要でした。ただ13話と続くと、3人のキャラクターは成長し、創り手の想いを超えて3人が3人の未来を選択します。その結果生まれた結末は、正しかったと信じています。
 ただし蒼乃だけは少々事情が違います。3人が3人の選択と言いましたが、蒼乃は最初望んで人間になった訳ではありません(蒼乃の望みは、あくまで依人とのささやかな姉弟の生活)。納得するには時間が必要でした。なのでエピローグは、1年後の春にしました。この1年間蒼乃は苦しんだかもしれません。自殺を考えたかもしれません。ただ自分を人間に戻す為に消えていった茉莉や依人の最後の笑顔を思い出し生きる力にしたかもしれません。1年後、町に戻って来た蒼乃は笑顔です。生きている事に感謝をし、こよりや真名とのつながりに感謝をし、そんな新たな未来を与えてくれた茉莉と依人に感謝をしてこの物語は終わります。

 ちなみに最後の、トマトしるこの空き缶は、茉莉と依人が生きているという訳ではありません。ただいろいろな意見があるとは思いますが、私個人の意見としましては、虚構であるアニメーションのキャラクターがある意味、実在する人間のごとく、もしくはそれ以上に、見て下さった人それぞれの記憶の中に残ってくれたらという思いで作りました。


これによって私の sola に対する解釈がまた少し変わりました。
アニメスタッフは最終話をこういう想いでつくったんですね。
大いに参考になりました。


全体を通して見ると、監督や脚本家のコメント、七尾奈留のイラスト等見るべきところも多くあり良いファンブックだったと思います。
この本でさらに sola の世界がよくわかりました。
sola が好きな方にはぜひとも読んで欲しい1冊です。

 

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.10.12(Fri) 05:15] solaTrackback(1) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

by ゆう
solaのビジュアルブック。これは自分もすごく欲しい本です。
このアニメには現在進行形でハマってますので。
この記事を見てると、色々な事が書いてあるみたいですね。ww

コメントを閉じる▲

 ← そらいろらじお出張版 CD vol.4 | TOP | MELTY BLOOD Act Cadenza Ver.B for Windows ~ネコアルクカオス ルート~

COMMENT

solaのビジュアルブック。これは自分もすごく欲しい本です。
このアニメには現在進行形でハマってますので。
この記事を見てると、色々な事が書いてあるみたいですね。ww
[ 2007.10.12(Fri) 20:40] URL | ゆう #OARS9n6I | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/158-68848e2d

32×32ポッチのポッチをよく見ていなかったので、32センチと思い込んで、購入してしまったので、届いた瞬間、すごい小さいというイメージでした。大きさは、25センチ×25センチでした。もう少し、大きいのを買えばよかったと思いました。厚さもすごく薄いので、...
 ← そらいろらじお出張版 CD vol.4 | TOP | MELTY BLOOD Act Cadenza Ver.B for Windows ~ネコアルクカオス ルート~

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。