TOP > 2007年分野別良かった作品-漫画編-
 ← 2007年良かった作品 | TOP | 2007年を振り返って ―漫画―

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


2007年分野別良かった作品-漫画編- 

2008年01月19日 ()
 
2007年分野別良かった作品の漫画編です。
漫画は、2007年に初めて1巻を読んだものの中から、なるべく2007年発売のものを選びました。


それでは、順番に5つ紹介していきます。





1. 君に届け


君に届け 1 (1) (マーガレットコミックス)君に届け 1 (1) (マーガレットコミックス)
(2006/05/25)
椎名 軽穂

商品詳細を見る



まずはじめは、「君に届け」。
ピュアな恋愛と友情が丁寧に描かれている良い少女漫画です。
もうそんなに若くもないのに一時期すごくはまってました。
登場人物の純粋さが眩しいです。
こういう作品を待ってました。

そして久々に過去の感想記事を読み返したら、あまりのひどさに恥ずかしくなってきました。
あの時の自分に何があったのでしょう?
ちょっと削除したくなってきました。

現時点で5巻まで出ていますが、やはり1,2巻がいいですね。
1,2巻は神です。
あとは、短くきれいにまとめてくれることを願うばかり。





2. あっちこっち


あっちこっち 1 (1) (まんがタイムKRコミックス)あっちこっち 1 (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2007/10/27)
異識

商品詳細を見る



以前このブログでも取り上げた作品。
その後、知らないうちにサークルの身内の間では賛否両論な漫画として取り上げられていたようです。まあ、人を選ぶ作品ですからね。単純に、きらら系の4コマが苦手という人もいるでしょうし。人それぞれです。


なので、もう一度言っておきます。
私は、あっちこっちは大好きです。
最高ですね。
今でもたまに読み返しています。


どこがいいのかというと、大体のことは以前の記事でも書きましたが重要なのは、

・キャラクター
・絵柄
・作風

の3点です。
キャラクターについては、つみきのようなキャラが好きかどうかでしょうか。基本的につみき中心に話を進めているので。あっちこっちが楽しめないという人はおそらく彼女の良さがわからないのもあると思います。この漫画は、つみきと伊御のやり取りを楽しめるかどうかにかかってますから。

絵柄については個人の趣味ですから完全に好き嫌いはあるでしょう。この作者の絵は好きです。

作風については、きらら系によくある空気系4コマに近いです。特に大きな出来事も起こらず、登場人物のゆるい日常を綴る、なんというかほのぼのする感じ。あとは、作者の作風とかネタの好みとか。私は波長がぴったり合いましたけど、これも相性ですからね。

ポイントとしてはこんなところでしょうか。少しでも良さがわかってくれたらいいのですが…


いつになったら出るのかわからない2巻が待ち遠しいです。
今年中に出たらうれしいですね。





3. 医龍


医龍?Team Medical Dragon (1) ビッグコミックス―BIG COMIC SUPERIOR医龍?Team Medical Dragon (1) ビッグコミックス―BIG COMIC SUPERIOR
(2002/09/30)
永井 明、乃木坂 太郎 他

商品詳細を見る



素直におもしろかった漫画です。
去年の春、13巻まで一気に読んでしまいました。
あっちこっちで語りすぎたのでここでは抑え目に。

そういえば新刊読まないと。





4. 未来日記


未来日記 (1)未来日記 (1)
(2006/07/21)
えすの サカエ

商品詳細を見る



『ヤンデレ、ヤンデレ』と称されているのを聞いて読んでみた作品。
ヤンデレと聞いたら読んでみたくなる性質なので。
由乃の壊れっぷりがいいですね、この漫画。


しかし、我妻由乃はヤンデレというよりはただの狂人だと思うのですがどうでしょう?
ヤンデレというのは、例えば、アニメ版「SHUFFLE!」における芙蓉楓のような、アニメ版「Gift」における木之坂霧乃のような、そんなキャラクターだと思うんですよ。

ヤンデレとは、主人公に惚れており(デレ)、ストーリーの進行に従って明らかになる何らかの事情により、精神的に病ん(ヤン)でしまう女性、もしくはその状態を指す。(はてな キーワードより)

私の中ではこんな解釈です。

そして、由乃は始めから病んでいるというか狂っています。
だから、私の中では由乃はヤンデレとは思えないんですよね。





5. 新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん


新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん 1 初回限定特装版 (ガンガンファンタジーコミックス)新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん 1 初回限定特装版 (ガンガンファンタジーコミックス)
(2007/09/18)
氷川 へきる

商品詳細を見る



最後は、氷川へきるよりぱにぽにではなくてベホイミちゃん。
これは2007年に1巻が出てますからね。
未来ちゃん(小5,魔法少女)が可愛かったです。

ところで、ベホイミは魔法”少女”でいいのでしょうか?
某Strikers の自称魔法少女さん(魔王様)19歳は完全にアウトですからね。
A'Sの魔法少女達はありですが。
それで、ベホイミは高校一年生(16歳)だそうです。
とりあえず、同漫画に登場する未来ちゃん(小5)はOKとしてベホイミは魔法”少女”でセーフでしょうか?
私の基準ではアウトです。
高校生ですからね。

魔法少女が許されるのは小学生(よくて中学生)までと決まってますから。


参考リンク:「まほうしょうじょ」が許されるのは何学生まで?






以上5作品でした。
最後の方は作品と関係ないことを言ったりしてますが気にしない方向で。


以前より読んでる量は減ったにしても、去年もまたお気に入りの漫画が増えました。
今年もいい出会いがあるといいですね。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.01.19(Sat) 22:54] 2007年お気に入り作品5選Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 2007年良かった作品 | TOP | 2007年を振り返って ―漫画―

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/207-13a7a262
 ← 2007年良かった作品 | TOP | 2007年を振り返って ―漫画―

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。