TOP > 2008年3月発売ノベルゲー期待作
 ← 劇場版 空の境界 第一章 「俯瞰風景」 感想 | TOP | 近況2008.3.13

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


2008年3月発売ノベルゲー期待作 

2008年03月13日 ()
 
不安と期待が入り混じる新作の話です。

今月はさしてビッグタイトルが出るわけでもなく、まったりとした月で大量に新作が出ます。
でも残念ながら、私には今月はピンとくるエロゲーはありません。



しかし、コンシューマの方でちょっと気になるものが出ます。


それがこれ↓ 


12RIVEN -the Ψcliminal of integral-タイトル  12RIVEN -the Ψcliminal of integral-
メーカー KID
シナリオ 打越鋼太郎
原画     滝川悠 , bomi
音楽    阿保剛
発売日  2008年4月4日 (予定)



Ever17の打越鋼太郎がシナリオ担当の新作。
Ever17はすごい作品だったのでこちらにも期待しています。

そして今日はそのPS2版の発売日(3月13日)。でも、やるとしたらおそらく4月4日発売のPC版になるかと思います。先にPS2版の評判を聞いて、それからやるかどうか決めようかと。

まあ、最近いろいろやなことがあっともので、ちょっと不安なんですよ。焦って発売日にやらずとも、様子を見てからやるのもいいんじゃないかと思って。

また、不安要素もいろいろあってですね…
その一つが体験版でグラフィックがやばいということも噂されていること。シナリオさえ良ければあとはどうでもいい、と言いたいところですがやっぱり演出やグラフィックも重要ですから…
そして、そのシナリオ…
ストーリーはかなり良さそうに見えるのですが、あのゲームシステム(メタフィクション)がうまく機能するかが成功の鍵となりそう。たぶんシナリオは大丈夫だとは思ってるんですけどね。打越ならやってくれるはず…

そして、最大の不安はいつまでたってもキャラクター紹介などのコンテンツが更新されない公式HP。本当に開発がうまくいっていたのか怪しい。もう予算がなくて広報がうまくいってないのだとしたらかなりやばいかも。


インフィニティPLUS」なるものも気になっています。
これは今までのインフィニティシリーズが全部入ったバージョンとのこと。Ever17はやったことがあるのですが、Never7、Remember11はまだ未プレイなのでこれもありかと思っていたり。ちょっと高めですが、4つ入ってるならいいですかね。

あとPC版は何故かAmazonの独占販売
どうしてAmazonだけなんでしょうね?不思議です。



とりあえず、今晩、ネタバレを回避しつつ情報を集めることになりそうです。
無事吉報が聞けるといいのですが…
凶報はもう嫌

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.03.13(Thu) 04:56] 今月のノベルゲー雑感Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 劇場版 空の境界 第一章 「俯瞰風景」 感想 | TOP | 近況2008.3.13

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/229-0d169d43
 ← 劇場版 空の境界 第一章 「俯瞰風景」 感想 | TOP | 近況2008.3.13

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。