TOP > 劇場版 空の境界 第二章 「殺人考察(前)」 感想
 ← 銀色をやった日のこと…そんな春の日のこと | TOP |

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


劇場版 空の境界 第二章 「殺人考察(前)」 感想 

2008年03月30日 ()
先週の第一章 「俯瞰風景」に引き続き、第二章 「殺人考察(前)」 を見に行ってきました。


劇場版「空の境界」 公式サイト


実際に行った日から随分と日が経ってますがそれは気にしない方向で。
観てからしばらくしてから記事をあげる、それがこのブログのクオリティ。
本当は途中まで書き上げた記事が更新ミスって消えてしまってやる気がなくなったからです。
まあ、まれにあります、そういうことも。


それで映画館に観に行ったのですが、開始上映1時間ほど前に行ったにもかかわらず1席しか空いてないという混雑っぷり。どうも1・2章を連続で上映していたらしく、連続で観ていたお客さんが多かったせいで席が空いてないようでした。平日の昼間だというのに暇な人が多いんですね。
私の方が用事で時間を延ばせなかったので、結局、立ち見となりました。


そして、上映まで時間があったので仲間とちょっと話をしていました。

・2章って1章以上に地味だよね。コクトーがストーカーしてるだけだし…。何やるんだろ?
・それ以上に4章の「伽藍の洞」もやることないよね、逆に5章の「矛盾螺旋」はやること多すぎるし、どうやって分量調節するんだろ?
・式と織ってどういう風に区別をつけるのかな?
・それよりもきのこの作品って「しき」って名前のキャラクター多くない?
・ufotable お得意のクレイアニメ、2章はどうなる?


そんなことを話しつつ、映画の方はどうだったかというと…



 

・2章って1章以上に地味だよね。コクトーがストーカーしてるだけだし…。何やるんだろ?

2章も基本原作通りでした。原作の小説でいう地の文の説明を失くしてテンポ良くした感じ。
間違いなく原作既読者向け。原作既読者的には満足。


・それ以上に4章の「伽藍の洞」もやることないよね、逆に5章の「矛盾螺旋」はやること多すぎるし、どうやって分量調節するんだろ?

最後に伽藍の洞につなげるためのシーンが出てきました。おそらく次の3章「痛覚残留」で「伽藍の洞」の内容もやってしまうのではないかと。それで「矛盾螺旋」を二つに分けると。


・式と織ってどういう風に区別をつけるのかな?

実際は口調で「式」と「織」の差をつけていました。
しかし、これだと「式」が織」のふりをしていたりすると…見分けがつかない…
あと、映画の式は小説の時よりもなんだか可愛く見えてしまう。気のせいでしょうか。


・それよりもきのこの作品って「しき」って名前のキャラクター多くない?

空の境界には
 「両儀式」(女性人格)
 「両儀織」(男性人格)
 「両儀シキ」(小説の最後に出てくる人)
と3つの異なる人格(キャラクター)がいて、月姫には
 「遠野志貴」(月姫主人公)
 「七夜志貴」(メルブラに出てくる人)
 「遠野四季」(秋葉の実の兄)
とまた3人います。
ここで新たに事故の後「織」がいなくなった後の「式」はそれまでの「式」とは別人であると主張します。
これで合計7人の「しき」がいることになります。
『しき』って言うと7人のキャラが該当するわけです。
非常にややこしい。
きのこにはもう「しき」という名前のキャラを出すなと言いたい。

そして、次の型月の作品には3人目の「しろう」が出てくるのではないか?とは先輩の弁。


・ufotable お得意のクレイアニメ、2章はどうなる?

1章と同じくあのネコが出てきました。さらに、きのこのお化けまで出てきて…
まさかきのこが出てくるとは思いにもよらなかった…
次の第3章ではどんな展開に?

あと、白いネコと黒いネコも出てきていました。
次章も誰か型月のキャラが出てくるでしょうか?



以上2章の感想というか思ったことでした。
そして、次の第3章「痛覚残留」は、4/5(土)から公開だそうです。

翌週から授業が始まるので、もし観に行くなら…
 ・授業が終わった後、放課後に集まって夜に観に行く
 ・休日に観に行く
のどちらかになりそうです。

あと今回の反省を踏まえて時間帯は、1・2章放映の直後、16:40~の回は避けて、18:05~の以降の回にしようかと考えています。それと休日は人が多そうなので、できれば平日に行きらいですね。また、サーオリの時にでも意見を聞いてみようかと思っています。




あと、映画のDVDってどんなのになるのかなーと思ってちょっと調べてみたら…


劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【完全生産限定版】劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【完全生産限定版】
(2008/05/21)
坂本真綾、鈴村健一 他

商品詳細を見る



何やらごついものが出るようです。
全部買うとなると…これはさすがに無理です。
大人しく映画とパンフだけで済ませようと思います。




[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.03.30(Sun) 23:46] 劇場版 空の境界Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 銀色をやった日のこと…そんな春の日のこと | TOP |

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/236-0fde20d7
 ← 銀色をやった日のこと…そんな春の日のこと | TOP |

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。