TOP > ティンクル☆くるせいだーす 体験版 感想
 ← サクラノ詩が久方ぶりの更新 | TOP | プレイリストのある音楽鑑賞モード

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ティンクル☆くるせいだーす 体験版 感想 

2008年07月29日 ()
 
 本来なら先週の土日は、Lillianの新作「ティンクル☆くるせいだーす」をやる予定だったのですが、延期して9月26日発売となったので、代わりに今日は体験版の方をやってみました。



ティンクル☆くるせいだーす 初回限定版タイトル  ティンクル☆くるせいだーす
メーカー Lillian
シナリオ 丸谷秀人 , しげた
原画     かんなぎれい
音楽    I' ve , アメディオ
発売日  2008年9月26日
期待度  75



 「パティシエなにゃんこ」「プリンセスうぃっちぃず」に続くLillian最新作となるのがこの「ティンクル☆くるせいだーす」です。制作スタッフは、しげた&かんなぎれいのコンビ+丸谷秀人。
 しげた&かんなぎれいのコンビは、
  ・独特のゆる~い雰囲気の日常が良かった「パティシエなにゃんこ」
  ・ハイテンションなドタバタ魔女っ娘コメディが良かった「プリンセスうぃっちぃず」
と、テンポのいい会話でキャラクター同士の掛け合いが楽しい作品を毎回提供してくれます。
 それに加えて、「ゆのはな」「遙かに仰ぎ、麗しの(分校ルート)」の丸谷秀人。この人もゆのはな・かにしのと日常系の描写が結構上手いです。

 以上のスタッフで作られるティンクル☆くるせいだーす。今年下半期の注目作の1つです。上記作品が好きな私としてはかなり期待しています。


 そんな大きな期待がかかるティンクル☆くるせいだーす、体験版はどうだったかというと…


 なんだか製品版が不安になってくる体験版でした。


 別にシステムがバグだらけとかそういうことはないんです。むしろシステムはかなり快適で使いやすい。バトルパートの方も非常におもしろい。CGもプリっちの時よりも癖がなくなってきれい。プリっちの時と同様に立ち絵はよく動くし、演出技術力に関しては非常に高い。

 こんな風にいいところばかりなのに何が私を不安にさせるのかというと、それは脚本です。なんというか全体的に日常シーンがおもしろくないんです。会話の中で何かが足りない感じ。何が足りないかは具体的にいえませんが、もう一押し何かが欲しい。体験版の序盤の方なんか特に。話の導入部分が悪くていまいち各キャラクターの性格がつかめないまま進んでいくんですよね。
 それに話の方も先が気になるような引っ張っていくだけの力が足りない。
 私がこの作品に一番に期待しているところは日常のコメディ部分なのでそこの出来が悪いのは非常につらいです。ただ体験版の終盤(サリーが出てきてしばらく経ってから)あたりからだいぶ良くなっておもしろくなってきたので、まだ希望は持てます。

 もともと5月から延期を続けているこの本作ですが、その延期の理由が日常パートの改良であることを信じたい。製品版では過去作のようなテンポのいい日常シーンになっていることを祈って…。前作・前々作と良かったんだからできないことはないはず。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.07.29(Tue) 23:41] ティンクル☆くるせいだーすTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← サクラノ詩が久方ぶりの更新 | TOP | プレイリストのある音楽鑑賞モード

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/318-8fb6c2d4
 ← サクラノ詩が久方ぶりの更新 | TOP | プレイリストのある音楽鑑賞モード

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。