TOP > 幼女は幼いままがいい
 ← 劇場版 空の境界 第五章 「矛盾螺旋」 感想 | TOP | しゅぷれンディ 1人目

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


幼女は幼いままがいい 

2008年10月09日 ()

 子供の姿へと変身する飴と、子供の姿から元に戻る飴、しゅぷれ~むキャンディ(しゅぷれンディ)は主人公がこの2種類の魔法の飴を手に入れるところから物語が始まります。この飴を主人公は普段、子供の姿へと変身して女子校に潜入するために使っているのですが、この飴には他の効用もあります。

 それが、子供を大人の姿にする効果
 しゅぷれンディの時未ルートでは飴のその効果を使って話が進んでいきます。時未はヒロインの1人でだいたい小学校低学年くらいの幼い女の子(下図参照)。うへーが口癖のかなり頭の悪い子です。




             Before
                           ↑時未(幼女Ver)


 その彼女が魔法の飴を使うと…



             After
                           ↑時未(女子校生Ver)



 このように女子校生の姿へと変わります。心はそのままに姿形だけ変化します。つまり、見た目は大人、頭脳は子供なキャラになるわけです。その逆はたまに見かけることがありますが、外見だけ大人というのは珍しい。新しい何かが見えてきそうです。


 そして時未ルートをやった結果…

 これは違う。
 幼女は心も体も幼いから良いのであって、心だけ幼いというの何か違う。
 見た目は女子校生でも、中身が小学生というのは痛々しい。
 単に見せ方が悪かっただけかもしれませんが、これはダメだと私は思いました。
 新しい境地を開こうとしたけど、失敗した感じ。(*1~4)

 成長した幼女なんて幼女じゃない。

 時未ルートをやって強く思いました。








*1 そもそも単にこの手のキャラの性格が合わないだけかも
*2 シナリオの展開が悪かったのもあるかもしれない
*3 私がその良さに気づいてないだけかも…
*4 念のため言っておきますが、私は幼女が特別好きということはありません。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2008.10.09(Thu) 05:10] しゅぷれ~むキャンディTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 劇場版 空の境界 第五章 「矛盾螺旋」 感想 | TOP | しゅぷれンディ 1人目

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/366-8ccb98ef
 ← 劇場版 空の境界 第五章 「矛盾螺旋」 感想 | TOP | しゅぷれンディ 1人目

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。