TOP > パートボイスの可能性
 ← 祝2周年 | TOP | ロリっ娘宇宙人同棲ADV始めました

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


パートボイスの可能性 

2009年01月28日 ()
  
 先日、漆黒のシャルノスをやったのですが、最近のノベルゲームにしては珍しくパートボイスでした。その時いろいろ思うことがあったので今日はパートボイスについて考えてみようと思います。

 まず、パートボイスとは通常のフルボイス作品とは違い、ボイスのある部分とない部分があります。たいていは最初のうちは各キャラのボイスがあって、途中から無くなってその後重要なシーンにのみボイスが入ります。シャルノスだと、始めの1・2章はボイスがあって、その後重要なシーンと最後の章にのみボイスが入っていました。
 このようなパートボイスのゲームをやったのですが、その時感じたのが途中からボイスが無くなってもそれほど読み進めるのに気にならないこと。3章になっていきなりボイスが無くなった時はちょっと驚きましたが、別にボイスがなくても普通に読めました。ボイスが無いからといってそこまでマイナスになることもありませんでした。そして思ったのが、パートボイスのゲームも十分ありなのではないかということ。ボイスありとなしの長所をそれぞれうまく活用できるのではないかと考えました。

 ここでまずボイスを加えることによる影響を以下にまとめます。

(1)表現方法(演出)の幅の広がり
 ボイス(声)という要素を入れることによって様々な表現が可能になります。テキストでは表現しにくいこともボイスだと簡単にできたりします。

(2)キャラクターのイメージ(個性)の付加
 先の(1)ともかぶるんですが、キャラクターを構成する要素のうち声の要素は決して低くはありません。キャラの個性を出す上でテキスト・絵に次いで声は割と重要な働きをします。

(3)ノベルに時間という概念を生み出す
 読むと聞くの違いです。プレイヤーの自由な速度で読み進められるボイス無しのゲームとは違って、ボイスありだとそのボイスが終わるまで聞かなければなりません。プレイヤーの時間に対する自由度が低くなります。(別にクリックしてボイスを飛ばすことは可能ですがそれだとボイスの意味がありません。演出上重要な要素であるキャラクターの心情などをボイスで表現していることもあるのでできればボイスは全部聞いておきたいところ。)

(4)プレイ時間の増大
 声を聞く分プレイ時間も増えます。

(5)コスト
 プレイヤーにはあまり関係ありませんが、ボイスを入れようとするとその分コストがかかります。


 ボイスを付加すると以上のような影響が出てくることが考えられます。
 これらがパートボイスではどうかというと、まず(1)においては、ボイス演出ができる部分とできない部分ができます。しかし、演出上ボイスがどうしても必要な部分にだけはつけることもできます。ただし、ボイスの有無でその都度演出(主にテキスト)を変えなければならないという欠点もあります。
 次に(2)においては、はじめの数時間でボイスをつけることによりキャラクターのボイスイメージをプレイヤーに植え付けることが可能です。キャラのボイスが無い部分は少し寂しくなりますが、そこはプレイヤーの脳内再生でなんとか。ただ途中で出てくるキャラにボイスをつけるのが難しいという欠点もあります。
 (3)においてはボイスがある部分と無い部分とで違ってきます。基本はプレイヤーのペースで読み進めることができます。全部聞くのが面倒だという人でも部分部分だけだとボイスを聞くこともできるのではないでしょうか。
 (4)ボイスを全部聞くと仮定すると、ボイスの有無でプレイ時間が大きく変わります。忙しい人に優しい形です。
 (5)においてはボイスが少なくなる分、安くなります。

 つまりパートボイスだと、(2)のキャラのイメージを加えながら、(3)における時間の自由度が増え、必要なところには(1)の演出を加えることができます。また(4)の時間のない人、(5)の制作側にも優しいです。パートボイスだとボイスの良い点を取って悪い点を少なくすることができます。

 そんな中途半端なパートボイスよりもそれぞれの長短を十分に活かしていけるフルボイスもしくはボイス無しのゲームの方がいいのではないか、そう思われる方も多いと思います。それはそれで十分ありでしょう。ただ今回は、フルボイスとボイス無しの中間であるパートボイスという表現方法も十分ありだということを示したかったので。あくまでパートボイスも演出の1つの可能性として、こういう考えもいいんじゃないかということで。
 作る側の目的に応じてこの3つが選べたらいいのではないでしょうか。



関連記事:ノベルゲーにおける音声(ボイス)の有無について
        Fate stay/night PC版とPS2版[Realta Nua] テキストの違い

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.01.28(Wed) 09:17] ノベルゲーコラムTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 祝2周年 | TOP | ロリっ娘宇宙人同棲ADV始めました

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/449-fc8d2b9b
 ← 祝2周年 | TOP | ロリっ娘宇宙人同棲ADV始めました

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。