TOP > 劇場版 空の境界 第六章 「忘却録音」 感想
 ← シンフォニック=レイン レビュー ~雨の降る街で~ | TOP | プロフィール

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


劇場版 空の境界 第六章 「忘却録音」 感想  

2009年02月01日 ()
 
 今日は、劇場版 空の境界 第六章 「忘却録音」を見に行ってきました。六章だけ感想を書かないわけにはいかないので今回も軽い感想を。

 空の境界でも妹の鮮花がメインとなる少し異質な第六章。どのように映像化されるのか期待して劇場版を見に行きました。


  

 まずはじめはいつもどおりのクレイアニメ。そろそろネタがなくなってくるんじゃないかと心配しましたが、ちゃんと今回もやってくれました。
 今回のクレイアニメは……鮮香が館内で炎をの魔法を使うというもの。『燃やすのではなく萌えてください』というメッセージはまさにこの第六章を現していたと思います(クレイアニメネタバレにつき反転)

 そして、第六章「忘却録音」

 劇場版の第六章は、『鮮花による、鮮花ファンのための、鮮花萌えな内容でした』

 原作では六章は式と鮮花の2つの視点で物語を進めていく構成でしたが、劇場版では鮮花をメインの視点に据えた構成で鮮花の魅力をうまく表現することができていたと思います。黒桐との過去の話もうまく絡めてラストシーンにつなげていました。まあ、鮮花ファンには大満足な内容だったのではないでしょうか。(因みに私は藤野派です。三章は最高)
 これまでの劇場版は暗くて落ち着いたイメージの作風でしたが、六章はこれまでの章とはだいぶ変わって結構明るめな感じでした。ある意味別物でしたね。
 ただ、60分という限られた上映時間では忘却録音の全てを語るのは少々難しかったようです。佳織の死因が変わっていたりと尺の関係かいろいろ設定に変更が加えられていました。もうちょっとストーリーをうまく表現してくれたらなぁと思います。毎回状況説明をできるだけ省略して映像で見せようとする劇場版ですが、今回はさすがに端折りすぎだと思いました。矛盾螺旋の時のように2時間あれば…。黒霧皐月がすごく可愛そうでした。彼にもっと見せ場を作って欲しかった……。


 これで残すは最終章となる第七章「殺人考察(後)」。上映されるのが楽しみです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.02.01(Sun) 16:40] 劇場版 空の境界Trackback(1) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← シンフォニック=レイン レビュー ~雨の降る街で~ | TOP | プロフィール

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/454-ec6220fc

☆感想☆ ■劇場版空の境界/第六章「忘却録音」/感想:ランゲージダイアリー - livedoor Blog(ブログ) ■udkの雑記帳 - 劇場版 空の境界 第六章 「忘却録音」 感想 - ■easy*going: 劇場版『空の境界』 第6章「忘却録音」 感想 ココで見てきた。 寝坊して遅刻しそうに
[ 2009.02.05(Thu) 21:20 ] 訳の分からない日々
 ← シンフォニック=レイン レビュー ~雨の降る街で~ | TOP | プロフィール

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。