TOP > あるエロゲオタの「さよならピアノソナタ」感想
 ← 祝福のカンパネラ 所感 -ミネットルート- | TOP | 祝福のカンパネラ カリーナさんの次は…

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


あるエロゲオタの「さよならピアノソナタ」感想 

2009年02月11日 ()
  
 お久しぶりです。あれからカンパネラのミネットルートをやると見せかけて、実はほとんどやっていません。年に何度か訪れる読書の波がきたのでずっと本を読んでいました。なので今回もミネットの話はお預けです。明日こそは…。
 ということでいろいろ積み本を消化したのですが…、それでも枕元にある積み本の山の高さが低くなったように見えないのがまた不思議。結構読んだ気がするのですが、どうも気のせいのようです。

 そこで今回はいろいろ読んだ中でおもしろかったものをひとつ紹介。

 
さよならピアノソナタ (電撃文庫)さよならピアノソナタ (電撃文庫)
(2007/11)
杉井 光

商品詳細を見る


 電撃文庫の「さよならピアノソナタ」です。全4巻。
 週末読んでいたわけですが、読んだ後、再読したりして余韻に浸っていたらいつの間にか休みが終わっていました。恐ろしい本です。
 中身は、なんというかギャルゲーっぽい感じの話。音楽好きの主人公(鈍感)のもとに元ピアニストのヒロイン(転校生)が現れて、悩みを解決して仲良くなる話です。あと他にヒロイン候補として幼馴染と先輩の2人がいます。さらに原画イラストが植田亮(そして明日の世界より―原画)。なんかどこかにこんな話のエロゲがころがってそうです。そして途中で脳内に選択肢が思い浮んでくる私はきっとエロゲ脳。でも1巻の口絵を見て、『これどこのエロゲの紹介?』って思ったんだから仕方ない。今回はメインヒロインの真冬ルートでした。きっと選択肢によっては幼馴染や先輩のルートも……、ないか…。
 そんな美少女ゲーム大好きな私的にはかなりおもしろかったです、この作品。さすが2008年下半期ラノサイ杯でトップを飾るだけのことはありますね。
 お気に入りは1巻と4巻のラスト。あの展開の持っていき方は好きです。あとはもう少し自分にクラシックの知識があれば…。作中で挙げられる曲のBGMが欲しい、珍しくそう感じた小説でした。
 シナリオが良いギャルゲーが好きな人にオススメです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.02.11(Wed) 03:43] ラノベTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 祝福のカンパネラ 所感 -ミネットルート- | TOP | 祝福のカンパネラ カリーナさんの次は…

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/459-fe26a8fc
 ← 祝福のカンパネラ 所感 -ミネットルート- | TOP | 祝福のカンパネラ カリーナさんの次は…

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。