TOP > √after and another Complete story Edition について ~メーカーが認めた矛盾~
 ← きっと、澄みわたる朝色よりも、 体験版 感想 ~既存の形式にとらわれない構成?~ | TOP | 2009年5月発売のノベルゲー 雑感

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


√after and another Complete story Edition について ~メーカーが認めた矛盾~ 

2009年06月01日 ()

◆√after and another、まさかのComplete story Edition 発売 !

 神無さんからのタレコミで、2007年の10月に発売された√after and anotherですが、それのComplete story Edition(以下√aaa CsE)が発売するそうです。

 ソースはこちら(√after and another Complete story Edition : Getch.com

 リンク先の要点をまとめると…

(1)枕のデビュー作『H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~』、そのH2Oの補完ディスク『√after and another』、それら2つを1つの作品としてパッケージ化
(2)ただ単に2作品を繋げたのではなく、ストーリー部分をいちから見直し、各エンディング・アフターストーリーの構成を考慮しつつ、ひとつの長大な作品として矛盾のない形で再構築
(3)また、旧作では入れられなかった一部イベントシーン用に新規でイベントCGを描き下ろし、旧作をプレイしたユーザーでも新たに楽しめる要素が盛り込まれている

 要するに、H2Oの完全版が出るということですね。
 これを知った時はすごく驚きました。

 さて、ここで一つ気になったことがあります。それは、H2Oと√aaa、この2作品に構成上矛盾があることをメーカーが認めたということです。そしてそうなると疑問点として以下の2点が浮かび上がってきます。

 ・構成上矛盾があるというのにどうして√aaaを発売したのか?
 ・そして何故今のこの時期に完全版を発売するのか?


 それではこの2点について考えていきます。


◆構成上の矛盾

 まず、先ほどから述べている構成上の矛盾ですね。2作品の構成を比べて見ていきましょう。H2Oと√aaaの構成は以下の図のように示されます。


 H2O_フローチャート2  √aaa_フローチャート
         H2Oのフローチャート                  √aaaのフローチャート


 左は自作のH2Oのフローチャート、右は√aaaの方の本編からとってきたものです。√aaaの方は始めからの部分が共通パートになります。チャート上の名前が同じものは同一のシーンです。
 左右を見比べてもらったらわかると思うのですが、左のH2Oにあって、右の√aaaにないシーンがあります。まず、左図左下のはやみAfter。これは右図でいうはやみAfter Afterの前に位置するシーンです。このはやみAfterでの話を踏まえて、はやみAfterAfterの話が展開されるのですが、√aaaにはこのはやみAfterの話が収録されていないという問題があります。そのため、H2O本編をやらずに√aaaを理解するのは少々難しい。これが構成上の矛盾の例です。
 また、ひなたAfterについても同様です。ひなたAfterでの話√aaaで使われることがあります。
 そして最も重要な問題が一つ。√aaaにはあの精霊会議で有名な音羽のルートが存在しません!音羽ルートに関しては√aaaでは特に新しい話が加えられているわけではないので収録されていないのでしょうが、音羽ルートがないと締めがかなり悪くなります。
 他にも少年時代と青年時代(After)で主人公の性格が違うだとか、話によって違うだとかいう矛盾点もあります。

 このようにH2Oでのアフターストーリー及び音羽ルートを収録していないことによって√aaaでは構成上の矛盾がありました。しかし、なぜこのような問題があるのに√aaaを発売してしまったのか、問題が解決してから発売しなかったのかという点が気にかかります。私は√aaaで新規に追加されたシナリオを読んで満足しながらも、先ほどの構成を残念に思っていました。制作側にもいろいろ事情があるのでしょうけど、できればH2Oの完全版としてCsEなど出さずに√aaaを制作して欲しかった。そしてもっと欲を言えば、第一作のH2Oで√aaa CsEのようなものを出して欲しかったというのが私の気持ちです。

◆何故、今?

 できれば問題点のない作品を発売するのが理想ですが、後から悪かった点を修正するという姿勢自体は悪くないと思います。新作の制作が遅れてしまうという欠点はありますが、完全版(リメイク)を出すというということ自体はそれほど悪くはないと思っています。しかし、何故今なのか?完全版も出すならとっとと出せよと思います。商業上の理由もあるのでしょうが、できるだけそういうものは早く出して欲しいですね。
 

◆結局どうするのか?プレイするのか?

 私はH2Oという作品はいろいろ矛盾やら欠点やらあるけども好きです。それだけの魅力がこの作品にはあると思います。しかし、また再プレイするのは少々骨が折れます。
 しかも発売は、奇しくもDiesやGardenの修正シナリオが配布される予定の7月。7月はこの他にもpropellerの朝色やねこねこのそらいろも発売されるので私としては大変なことになっています。5本はさすがに無理。そんな余裕はありません。
 なのでこのCsEがどうなるのか確かめたいところではありますが、おそらく今回は見送ることになるかと。7月は他の作品を優先して、ケロQ・枕は9月発売の素晴らしき日々の方をやろうかと思います。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.06.01(Mon) 03:56] H2O・√afterandanotherTrackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

神奈水樹 by -
僕が書くと愚痴しかでない記事がudkさんだと真っ当な批評になる事に感服です。

そう考えると決して文句だけではないような気がしてきました。

√aaaはひなた(音羽)シナリオが無かったのが個人的に相当ショックでした・・・。
嫁だったのに扱いがトランプなのはなかった!

by udk
真っ当な批評ってほどでもないんですけどね…
わざわざこんな長いエントリを読んで下さってありがとうございます。

しかし、音羽はどうしてシナリオ無いんでしょうね。
音羽Anotherとか読んでみたい…。

by カーフ
PS2版の部分も入ってくるのでしょうね
とはいえ追加無し紫のFD箱商法よりは辛うじてマシレベル。
「気分転換にシナリオ書いたらできたのでじゃあ売ろうか」って感じです。

それをよくここまで前向きに評価できるなあと。

>音羽はどうしてシナリオ無い
だって音羽のキャラデザの人(月音さん)が辞めてますから・・・
*√aaaの時はすかぢが描いた

by udk
> PS2版の部分
確かに√aaa CsEにPS2版が入るという可能性もありますね。

> *√aaaの時はすかぢが描いた
√aaaの時はすかぢが描いてたんですか。それはわからなかったですね。

コメントを閉じる▲

 ← きっと、澄みわたる朝色よりも、 体験版 感想 ~既存の形式にとらわれない構成?~ | TOP | 2009年5月発売のノベルゲー 雑感

COMMENT

僕が書くと愚痴しかでない記事がudkさんだと真っ当な批評になる事に感服です。

そう考えると決して文句だけではないような気がしてきました。

√aaaはひなた(音羽)シナリオが無かったのが個人的に相当ショックでした・・・。
嫁だったのに扱いがトランプなのはなかった!
[ 2009.06.01(Mon) 20:24] URL | #- | EDIT |

真っ当な批評ってほどでもないんですけどね…
わざわざこんな長いエントリを読んで下さってありがとうございます。

しかし、音羽はどうしてシナリオ無いんでしょうね。
音羽Anotherとか読んでみたい…。
[ 2009.06.02(Tue) 03:23] URL | udk #QsgttT26 | EDIT |

PS2版の部分も入ってくるのでしょうね
とはいえ追加無し紫のFD箱商法よりは辛うじてマシレベル。
「気分転換にシナリオ書いたらできたのでじゃあ売ろうか」って感じです。

それをよくここまで前向きに評価できるなあと。

>音羽はどうしてシナリオ無い
だって音羽のキャラデザの人(月音さん)が辞めてますから・・・
*√aaaの時はすかぢが描いた
[ 2009.06.02(Tue) 07:00] URL | カーフ #- | EDIT |

> PS2版の部分
確かに√aaa CsEにPS2版が入るという可能性もありますね。

> *√aaaの時はすかぢが描いた
√aaaの時はすかぢが描いてたんですか。それはわからなかったですね。
[ 2009.06.02(Tue) 23:11] URL | udk #QsgttT26 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/521-42934c63
 ← きっと、澄みわたる朝色よりも、 体験版 感想 ~既存の形式にとらわれない構成?~ | TOP | 2009年5月発売のノベルゲー 雑感

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。