TOP > 11eyes CrossOver レビュー ~続・タイトルの真意~
 ← 11eyes CrossOver やとこさフルコンプ | TOP | XBOXのノベルゲームのたった一つの不満点

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


11eyes CrossOver レビュー ~続・タイトルの真意~ 

2009年06月16日 ()
 
11eyss CrossOver Amzazonへのリンク タイトル    11eyes CrossOver
 メーカー   5pb(Lass)
 発売日    2009年4月2日
 シナリオ   LEGIOん , 剣技マナ , 獅子雰麓
 原画       萩原音泉 , ちこたむ , 小沢悠 , 鳴海ゆう , KENGOU , よう太
 音楽      SuperSweep
 プレイ時期  2009年4月
 プレイ時間  約40時間
 評点      78




 2008年4月に発売された18禁PCゲーム「11eyes ~罪と罰と贖いの少女~」、その全年齢移植版となるのが本作「11eyes CrossOver」です。移植に際してPC版のシナリオ(以下:贖いの少女編)に加えて新シナリオ(虚ろなる鏡界編)を収録。同じ時間軸で2つのシナリオが進行する”クロスオーバー”を実現しています。
 今回のレビューでは、移植作としての評価およびタイトルの真意の2点を中心に話を進めていきます。


◆虚ろなる鏡界編に関して

 まず、今回新しく追加された「虚ろなる鏡界編」についてですが、なかなかおもしろかったです。贖いの少女編ほどではありませんでしたが。これについては贖いの少女編よりも分量的な面で劣る部分が大きいのかも。10時間かからずコンプできる分量の中編ですからね。これを読むために本作を購入しましたが、十分に満足。追加要素としては十分な新シナリオでした。
 また、クロスオーバーということで「虚ろなる鏡界」の同時期に「贖いの少女」でどんなことが起こっていたか確認しながら読み進めるとおもしろいかと思います。このシナリオも後述の”11の瞳”,”11の視点”になっていたらおもしろかったのですが、そうでなかったのはちょっと残念。


◆贖いの少女編に関して

 今回の移植に際して、この贖いの少女編のシナリオの変更はほぼありません。ストーリー的にはPC版とほぼ同じとなっています。ですから、一度、PC版をプレイした人は無理にやらなくてもいいかもしれません。
 その代わり、新規グラフィックが少し増え、演出がPC版よりも大きく強化されています。もともと良かった11eyesの演出がさらに良くなり、読みやすくなっています。なので、もう一度読みたい、もしくは初めてプレイする人にはいいでしょう、
 また、レーティングが18禁から全年齢へと変わったことで、当然ですがヒロインとのHシーンはなくなっています。他の移植作だと18禁シーンの代わりに追加イベント等を用意するものもありますが、本作に関してはそういったものはありません。そのため、元々分量の少なかったヒロインとの個別エンドでの絡みがさらに少なくなっています。虚ろなる鏡界編でもそうですが、個別エンドを用意するなら、もう少しそのヒロインとの絡みを増やして欲しいところ。私としては何でもかんでも攻略対象とするのではなく、もう少し攻略キャラを減らしてじっくり書いて欲しかったです。あと栞ルートが虚ろなる鏡界編であるために贖いの少女編ではなくなっています。


◆移植作総括

 追加シナリオもおもしろく、移植作としては十分に良作でした。単純に新規攻略キャラのルートを作るよりも、新シナリオを収録するというのは成功だったともいます。システム的にも特に問題なし。PC版が好きな人なら、虚ろなる鏡界編は十分にやる価値があるでしょう。



◆続・タイトルの真意 (ネタバレ注意)


 以下、PC版のレビュー(11eyes -罪と罰と贖いの少女- レビュー ~タイトルの真意~)で取り上げたタイトル”11eyes”の真意について虚ろなる鏡界編で得た情報を元に再考察します。


 上記のレビューにおいて、11eyesとはクロスビジョンモードにおける”11の視点”のことであると結論づけました。

 11eyesとは直訳すると”11の瞳”
 一見すると、主人公「駆」が片目であることから、駆達6人(駆・ゆか・美鈴・菊理・雪子・賢久)の瞳の合計数が11個であることが考えられる。だが、11eyesがこの意味であるとすると、中盤の栞の赤い夜への介入によって矛盾が生じてしまう。13eyesになってしまうからだ。したがって、11eyesを”11の瞳”とするには問題がある。

 しかし、”eye”の解釈を変えてやることにより、本作において11eyesはもう一つ別の意味を持つ。
 それが、”11人の視点”である。
 本作では、通常のノベルゲームとは異なり、クロスビジョン(Cross Vision)モードというシステムを搭載している。クロスビジョンモードとは、主人公である皐月駆とは別にそれ以外のキャラクターの視点から物語を見るシステムである。本作においてうまく機能していたこのシステム。物語序盤においては閲覧可能な視点の数は少ないが、話み進むにつれその数が増えていく。
 そして最終的にその視点の数は”11”となる。

           udkの雑記帳 -11eyes -罪と罰と贖いの少女- レビュー ~タイトルの真意~- より


 この”11の視点”については本作においても同様で、11eyesが11の視点であることに変わりありません。
 しかし、虚ろなる鏡界編に上記のレビューで否定した”11の瞳”説を肯定するある一文がありました。それが下記の文章。

 栞の身体は、全身が義体。
 義手、義足、義眼と同じように、作られた代用の身体なのだ

                                     11eyes CrossOver 虚ろなる鏡界編より


 栞の眼が義眼であるとすれば、考現部のメンバー7人の瞳の数は”11”。したがって”11eyes”となり、”11の眼”という意味も正しいことになります。先のレビューでは否定しましたがこの直訳的な意味も正しいようです。


 以上より、タイトルの11eyesとは…、

 ”11の眼””11の視点”

 2つの意味を有するタイトルであると言えるでしょう。
 11の瞳と11の視点が織り成す物語、それが11eyesです。



 関連記事 : 11eyes -罪と罰と贖いの少女- レビュー ~タイトルの真意~
         11eyes CrossOver 「虚ろなる鏡界」 感想
         11eyes CrossOver ビジュアルガイドブック 感想 ~続々・タイトルの真意~


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.06.16(Tue) 07:09] 11eyesTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by wizan
義眼であっても栞はその目をとおして世界を見てるわけだから隻眼の彼と違ってカウントしないってのはちょっとおかしい気がする。
 というかそれでは全身義体の彼女は生きていないも同義では?と考えるのは飛躍しすぎか?とまぁ栞スキーとして擁護。まぁX箱のはやってないんだけどね。

by udk
栞スキーさん、ご意見ありがとうございます。
義眼をカウントするかしないか、意見が分かれそうなところですね。


私個人としてはホームページ(http://lass.jp/product/11eyes/salespoint/index.html)に

勿論、1つの意味としては、駆の瞳の1つを引いて『11eyes』な訳ですが、ストーリーを進めていく上で、別の意味があることが分かっていくことになります。

とあるからできれば、”11の瞳”説も肯定したいところ。
今度発売するビジュアルガイドブックに何かしらその辺の情報が載っていることに期待したいですね。

コメントを閉じる▲

 ← 11eyes CrossOver やとこさフルコンプ | TOP | XBOXのノベルゲームのたった一つの不満点

COMMENT

義眼であっても栞はその目をとおして世界を見てるわけだから隻眼の彼と違ってカウントしないってのはちょっとおかしい気がする。
 というかそれでは全身義体の彼女は生きていないも同義では?と考えるのは飛躍しすぎか?とまぁ栞スキーとして擁護。まぁX箱のはやってないんだけどね。
[ 2009.06.16(Tue) 08:14] URL | wizan #17ClnxRY | EDIT |

栞スキーさん、ご意見ありがとうございます。
義眼をカウントするかしないか、意見が分かれそうなところですね。


私個人としてはホームページ(http://lass.jp/product/11eyes/salespoint/index.html)に

勿論、1つの意味としては、駆の瞳の1つを引いて『11eyes』な訳ですが、ストーリーを進めていく上で、別の意味があることが分かっていくことになります。

とあるからできれば、”11の瞳”説も肯定したいところ。
今度発売するビジュアルガイドブックに何かしらその辺の情報が載っていることに期待したいですね。
[ 2009.06.16(Tue) 08:45] URL | udk #QsgttT26 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/531-83443265
 ← 11eyes CrossOver やとこさフルコンプ | TOP | XBOXのノベルゲームのたった一つの不満点

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。