TOP > ノベルゲーにおける小さい生き物の立ち絵演出
 ← 俺の嫁なキャラ診断集 ~udkは○○の実験台にされています~ | TOP | ましろ色シンフォニー 体験版(TGver) 感想

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ノベルゲーにおける小さい生き物の立ち絵演出 

2009年08月29日 ()

 ノベルゲームでよくあるのが立ち絵による演出です。「背景とキャラクターの立ち絵をそれぞれ別に何種類も用意して、目的のシーンに合わせた組み合わせのものを表示する」お馴染みの演出方法です。
 通常、この立ち絵は人間のキャラが使われるので特に問題はないのですが、『これが特に小さい生き物の場合どうなるのか?』というのが今日の議題です。

 まず、この記事を書くに至ったのが先日体験版をプレイしたましろ色シンフォニーの”ぱんにゃ”というマスコットキャラ。非常に可愛いやつで、飼い主である先輩の頭の上に載ってる時とかもうたまりません。


 みう先輩の頭の上は居心地良さそう



 このように先輩の頭の上にいる時は、それ用の立ち絵を用意しているのでいいのですが、問題は先輩から離れた時。背が低いので人間の足下にいることになり、バストアップを表示する現行の立ち絵演出では地面の上にいるのを表示することができません。したがって、主人公とぱんにゃしかいない時、その光景はシュールなものになります。



 ぱんにゃ 舞空術!


 ぱんにゃ、浮いてる!
 
 『ぱんにゃ様は飛べるから問題ない』とかそういう夢設定はおいておいて…、こんな風に背景の中にポツンといると結構違和感があるんですよね。まあ、テキストによる描写もあるので、状況を理解することはなんとかできるんですけどね。でも、浮いてるのは…

 このように、小さすぎるキャラクターを表示しにくいというのは現行の立ち絵演出の一つの短所といったところでしょうか。


 参考までに、他のゲームではどのように表示しているのか気になって調べてみると…


 左から、トゲトゲ、フーセン、リョウコ



 RococoWorksのVolume7です。不思議生物用に枠を作ってそこに立ち絵を表示させていますね。




 林檎の相棒、キチえもん


 ぱじゃまソフトのプリンセスうぃっちぃずです。吹き出しのような枠を作り矢印をつけて下にいるということをアピールしています。この表現方法はうまいですね。


 先ほどは短所などと言いましたが、小さいキャラクターも表現次第でどうとでもなりますね。
 むしろ、メーカー独自の表現方法があってなかなかおもしろいですね。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.08.29(Sat) 23:19] ノベルゲーコラムTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

考察感想 by 近代衣服の残響
はじめまして、近代衣服の残響と申します。
毎回の考察や感想を楽しく読ませていただいています。

今回の考察、今まではさほど意識していなかった問題だけに、読んで「なるほどなぁ」と思いました。
「ぱんにゃ、浮いてる!」には笑いました。
しかしゲームにおけるマスコット・キャラクターの扱いというものを考えてみると、たいていはおざなりな扱いで、画面に表示すらされないということもあります。
そうすると、独自の表現方法を行っているメーカーは、細部まできちんと作っている、という証左になるのかなー、と思いました。

udkさんの考察は、実例を挙げて考察してくれるので、説得力があります。
これからもがんばってください。

Re: 考察感想 by udk
はじめまして、近代衣服の残響さん。
励みになるコメントありがとうございます。

>独自の表現方法を行っているメーカーは、細部まできちんと作っている、という証左になる
確かにそうですね。
演出面で独自の表現方法を作り出しているメーカーは好感が持てます。


コメントを閉じる▲

 ← 俺の嫁なキャラ診断集 ~udkは○○の実験台にされています~ | TOP | ましろ色シンフォニー 体験版(TGver) 感想

COMMENT

はじめまして、近代衣服の残響と申します。
毎回の考察や感想を楽しく読ませていただいています。

今回の考察、今まではさほど意識していなかった問題だけに、読んで「なるほどなぁ」と思いました。
「ぱんにゃ、浮いてる!」には笑いました。
しかしゲームにおけるマスコット・キャラクターの扱いというものを考えてみると、たいていはおざなりな扱いで、画面に表示すらされないということもあります。
そうすると、独自の表現方法を行っているメーカーは、細部まできちんと作っている、という証左になるのかなー、と思いました。

udkさんの考察は、実例を挙げて考察してくれるので、説得力があります。
これからもがんばってください。
[ 2009.08.30(Sun) 20:29] URL | 近代衣服の残響 #HIncy/x2 | EDIT |

はじめまして、近代衣服の残響さん。
励みになるコメントありがとうございます。

>独自の表現方法を行っているメーカーは、細部まできちんと作っている、という証左になる
確かにそうですね。
演出面で独自の表現方法を作り出しているメーカーは好感が持てます。

[ 2009.08.31(Mon) 12:33] URL | udk #QsgttT26 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/556-c02a5a78
 ← 俺の嫁なキャラ診断集 ~udkは○○の実験台にされています~ | TOP | ましろ色シンフォニー 体験版(TGver) 感想

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。