TOP > PC美少女ゲームにおける”18禁で販売する必要性” ~制作者側の視点から考えてみる~
 ← PC美少女ゲームの新しい販売方式 ~18禁要素を別売にすることによる利点と欠点~ | TOP | 2009年10月戦線の予定(暫定)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


PC美少女ゲームにおける”18禁で販売する必要性” ~制作者側の視点から考えてみる~ 

2009年09月12日 ()

 先日レビューを掲載した「きっと、澄みわたる朝色よりも、」ですが以下のコメントが寄せられました。

> そんなに素晴らしいゲーム、エロゲで出す必要あったのか?(タイトル:犠牲者続出)

 今回はこのコメントに対する返答をします。

 
きっと、澄みわたる朝色よりも、 豪華初回限定版
タイトル    きっと、澄みわたる朝色よりも、
メーカー    propeller
発売日     2009年7月24日
シナリオ   朱門優
原画      やすゆき , ヨダ
音楽      樋口秀樹




◆はじめに

 私は制作者ではないので、どうして制作者(propeller)が本作を18禁PCゲームで販売したのか正直なところはわかりません。制作者が18禁PCゲームで出す必要性があると感じたから、そうしたのでしょうし。全年齢で出す必要があったのならそうしたでしょう。その真相はわかりません。

 なので、ここでは”制作者が本作を全年齢ではなく18禁で販売する必要性”について私なりの考えを記します。「”エロゲにエロは不要”論」に通じるところもいくらかあるかと思いますが、今回は制作者側の視点で考察します。といっても実際にゲームを作って販売したことはないので完全に推測になりますが…。あとここでは”エロゲ”ではなく”18禁PCゲーム(18禁PC美少女ゲーム)”として話を進めていきます(2つの意味合いが微妙に違うので)。


◆18禁PCゲームで販売する必要性(1) シナリオ上エロシーンの描写が必要だった

 まず話の前提として、本作はシナリオ重視の作品です。そして作中にエロシーンは3つ存在します。一つはヒロインとして紹介されていたキャラクターとの未遂、もう一つは悪ふざけ、最後がメインヒロインとのシーンです。この中でシナリオ上必要性が高いのは、最後のシーンですね。監督の朱門優が「シナリオ上このHシーンが必要だ」と考えたのかもしれません。
 ただ、このシーンがなくとも物語を成立させることはおそらく可能であると思います。ですからコメントでも18禁で出す必要性について問いを投げかけたのでしょう。
 では、他に18禁で出す必要性というものでどういったことが考えられるでしょうか。(2)に続きます。


◆18禁PCゲームで販売する必要性(2) 18禁PCゲームという市場で販売したかった

 18禁PCゲームとそうでない全年齢のPCゲームでは大きく市場が異なります。売り場が違えばユーザー層も違う。
 これまで18禁PCゲームを中心に販売を行っていたブランドとしてはなるべく、販売方法や利益がしっかりしている「18禁PCゲームの市場で販売したかった」というのもあるでしょう。販売が難しい全年齢の市場に冒険するのを躊躇ったのかもしれません。


◆18禁PCゲームで販売する必要性(3) 18歳以上の方にプレイして欲しかった

 (2)のユーザー層の話と重なりますが、18歳以上のユーザーいわゆる「18禁PC美少女ゲームのユーザーにむけて販売したかった」というのもあると思います。特にシナリオを重視するユーザーですね。そのようなユーザーへのアピールという点では18禁PCゲームという媒体は有効であると考えられます。
 18禁、しかもエロ要素がついているということでユーザーの間口は確実に狭くなりますが、そうしてでも一定のユーザー層に絞りたかったのならそれはそれでいいでしょう。


◆18禁PCゲームで販売する必要性(4) 18禁という表現の自由度の高い場で制作したかった

 18禁ということで全年齢の作品よりも「表現の自由度」が増します。
 ここでいう”表現”とは何もエロ要素だけでなく、残虐な表現やグロテスクな表現なども含まれます。この表現方法が自由であることが18禁の何よりも大きい長所です。例えば、Fate/stay nightなどは全年齢に移植された際、そのためにある程度表現が変わっています
 「18禁という表現の自由度の高い場で制作したかった」というのも18禁を選択した理由かもしれません。



◆まとめ

 以上、”propellerが本作を全年齢ではなく18禁で販売する必要性”に関する私なりの考えを述べました。
 制作側が何を考えて18禁PCゲームで本作を発売したのか、それは上記の理由のいずれかであるかもしれませんし、複合しているかもしれませんし、いずれでもないのかもしれません。その真相はわかりません。

 ただ、今回の朝色の件に関しては、ホームページなどで、実際は攻略できないキャラクターを攻略できるように紹介をしていたのはよくなかったと思います。エロ要素やヒロインの攻略といった部分に期待しているユーザーも少なからずいるので、ユーザーによくわかるように情報を開示しなかったのはまずかったですね。



◆私の考え

 私としては、本作は18禁要素があることによって作品の質が下がったわけではないので、これはこれで良かったのではないかと考えています(たまに無理矢理エロシーンを挿入することで作品の質が著しく下がることがあるので)。
 私のノベルゲームに求めるものは『自分がおもしろいと思う作品をプレイしたい』というものです。つまりおもしろければ何でもいいということですね。そういった意味で本作はエロがあってもおもしろかったので私はとても満足しています。
 その上で、『制作者が本当に作りたい物を納得して作って欲しい』、というのが私の考えです。本作の18禁が(1)、(3)、(4)、のような理由であったならそれは歓迎しますが、(2)のような理由で無理矢理に18禁にしたのなら残念ですね。



◆余談

 18禁要素の有無という点でおもしろいのが今月発売されるminoriのeden*。全年齢版として発売され、18禁要素は別売のパッチで販売という新しい試みがなされます。言わばユーザーに必要性を委ねる形です。この2つの選択のうちユーザーがどちらを取るのか、その結果は非常に興味深いものになりそうです。



参考 : きっと、澄みわたる朝色よりも、 レビュー ~あり得ない事を成し遂げてみせた朱門優~
     Fate stay/night PC版とPS2版[Realta Nua] テキストの違い
     「“エロゲにエロは不要”論」の論点とその考察 (散録イリノイアより)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.09.12(Sat) 23:16] ノベルゲーコラムTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by 柚氷
eden*のような形式が主流になる場合、CS移植は減るような気がしますね…

私的意見
PC→CS機への移植時に経費諸費を仮定して、移植とエロ要素別売の場合を比較すると、案外差が出ないように思います、五分五分といかずとも

by udk
> eden*のような形式が主流になる場合、CS移植は減るような気がしますね…

それは間違いないでしょうね。主流になるかはともかくとして…


> 私的意見
> PC→CS機への移植時に経費諸費を仮定して、移植とエロ要素別売の場合を比較すると、案外差が出ないように思います、五分五分といかずとも

経費的にはどうなんでしょうね。差が出なかったらいいのですが…

コメントを閉じる▲

 ← PC美少女ゲームの新しい販売方式 ~18禁要素を別売にすることによる利点と欠点~ | TOP | 2009年10月戦線の予定(暫定)

COMMENT

eden*のような形式が主流になる場合、CS移植は減るような気がしますね…

私的意見
PC→CS機への移植時に経費諸費を仮定して、移植とエロ要素別売の場合を比較すると、案外差が出ないように思います、五分五分といかずとも
[ 2009.09.16(Wed) 01:54] URL | 柚氷 #iX7yvbak | EDIT |

> eden*のような形式が主流になる場合、CS移植は減るような気がしますね…

それは間違いないでしょうね。主流になるかはともかくとして…


> 私的意見
> PC→CS機への移植時に経費諸費を仮定して、移植とエロ要素別売の場合を比較すると、案外差が出ないように思います、五分五分といかずとも

経費的にはどうなんでしょうね。差が出なかったらいいのですが…
[ 2009.09.16(Wed) 02:03] URL | udk #QsgttT26 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/563-dde1e641
 ← PC美少女ゲームの新しい販売方式 ~18禁要素を別売にすることによる利点と欠点~ | TOP | 2009年10月戦線の予定(暫定)

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。