TOP > 「エロゲ価格もデフレが進んでいる!? 」を読んで
 ← プレイヤー=傍観者の図式を加速させるeden*の演出 | TOP | 1000円高い「9800円エロゲ」の増加とその理由

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


「エロゲ価格もデフレが進んでいる!? 」を読んで 

2009年10月06日 ()

 前回の記事(1000円高い「9800円エロゲ」の増加とその理由)にて

 今回は高価格なものを取り上げましたが、それとは逆に、低価格作品もここ最近増えてきているように思えます。ですから、今回の結果で9800円エロゲが増加していることはわかりましたが、一概にエロゲ全体の価格が上昇しているとはまだ言えません。
 その辺も含めたエロゲの価格の話はまたいずれ。


と書きましたが、前回の記事で約80本のエロゲを同梱版・リニューアル版と区別して疲れたので放置していました。1年分のエロゲ(約500本)となるとどうしたものかと。特に陵辱系のタイトルは知らないものも多いですし。


 そんな中、エロゲ関係の統計を取らせたら右に出るものはいない(?)efemeralさんが10年分のエロゲ価格度数分布を調べてくれました。

 ・エロゲ価格もデフレが進んでいる!? (spring efemeral)

 なかなか興味深いデータが確認できます。たださすがのefemeralさんも同梱版等を分類するのはやはりやってられなかったようで同梱版等も含めたデータになっていますが、それでもきれいにまとめられていて傾向がよくわかります。

 調査結果で注目したいのが、低価格作品の増加がはっきりと確認できるところです。抜きゲーを中心に低価格作品が増えてきているのは感じていましたが、標準価格帯の作品数に迫る勢いです。ただし低価格作品の中にはリニューアル版(廉価版)が多く含まれているので、実際には低価格作品の率はもうちょっと少ないでしょう。ですがこの割合の高さには目を見張るものがあります。

 私が調べた9800円エロゲ(高価格エロゲ)のエロゲ全体に占める率はあまり高くありません。というか低いです。ですが低価格帯の作品を除いて標準価格帯と高価格帯のみに注目すると、高価格帯の割合は横ばいですが、標準価格帯の割合は下がっていることがわかります。このことから標準価格帯以上の価格のエロゲに占める高価格帯作品の割合は高くなっているということが言えます。これも高価格作品の増加を私が感じ始めた要因の1つでしょう。
 これを見ていると高価格の大作と、標準価格の作品、それから低価格の抜きゲーといった棲み分けができてきそうですね。


 さて、今後の展開としては…efemeralさんが調査した

 ・エロゲ価格は10年以上据え置きである

 この統計方法2008年以降の移り変わりを調べて主要エロゲ価格分布を検討したり…、

 ・エロゲの売上本数の64%は、36%のタイトルに依存している

 上の記事のフェルミ分布なんかを使って、各年の全エロゲ販売本数に占める高価格帯作品の割合を調べてみたりしたいのですが…、まあ2009年が終わってからですかね。

 そして私がもう一度凝った統計記事をやる気力があれば……たぶんない…

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.10.06(Tue) 22:51] ノベルゲーコラムTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by 神奈水樹(後輩)
こんな猛者がいらっしゃるなんて!
ふむ……確かに9800円代は増えているけれども、通常価格商品は既に
2000年始めの時点で突然減少傾向に。

2000年を境に何かあったのでっしょうか?
さすがに7%突然下がるのは……。
個人的に大きいと思ったのは、媒体だと思います。
CD-ROMからDVD-ROMへの移行時期ではないでしょうか?

この記事とかも参考になるかな? と。
http://dakuryu.at.webry.info/200808/article_2.html

by udk
 2004年から標準価格帯(9000~10000)の割合が減少していますね。それとともに4000以下の低価格帯の割合が大きく増えています。2003年前後と言えばCDからDVDへの移行時期なんですが、それを標準価格帯の割合が減って低価格帯の割合が増えたのと関連づけるにはちょっとしんどいですね。
 「なぜ低価格帯のエロゲが増えてきたのか?」それを考察する必要がありそうですね。

コメントを閉じる▲

 ← プレイヤー=傍観者の図式を加速させるeden*の演出 | TOP | 1000円高い「9800円エロゲ」の増加とその理由

COMMENT

こんな猛者がいらっしゃるなんて!
ふむ……確かに9800円代は増えているけれども、通常価格商品は既に
2000年始めの時点で突然減少傾向に。

2000年を境に何かあったのでっしょうか?
さすがに7%突然下がるのは……。
個人的に大きいと思ったのは、媒体だと思います。
CD-ROMからDVD-ROMへの移行時期ではないでしょうか?

この記事とかも参考になるかな? と。
http://dakuryu.at.webry.info/200808/article_2.html
[ 2009.10.06(Tue) 23:52] URL | 神奈水樹(後輩) #- | EDIT |

 2004年から標準価格帯(9000~10000)の割合が減少していますね。それとともに4000以下の低価格帯の割合が大きく増えています。2003年前後と言えばCDからDVDへの移行時期なんですが、それを標準価格帯の割合が減って低価格帯の割合が増えたのと関連づけるにはちょっとしんどいですね。
 「なぜ低価格帯のエロゲが増えてきたのか?」それを考察する必要がありそうですね。
[ 2009.10.07(Wed) 01:08] URL | udk #QsgttT26 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/573-168a482e
 ← プレイヤー=傍観者の図式を加速させるeden*の演出 | TOP | 1000円高い「9800円エロゲ」の増加とその理由

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。