TOP > ましろ色シンフォニー レビュー ~恋の色はしろいいろ~
 ← 10月の新作の話に戻って… | TOP | しろくまベルスターズ♪ 余談

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ましろ色シンフォニー レビュー ~恋の色はしろいいろ~ 

2009年12月26日 ()


ましろ色シンフォニー
 タイトル      ましろ色シンフォニー
 メーカー     ぱれっと
 発売日      2009年10月30日
 シナリオ     保住圭 , おるごぅる , 北川晴
 原画         和泉つばす
 音楽        BURTRON
 プレイ時期    2009年11月
 プレイ時間    約20時間
 評点        78







 ”恋の色はしろいいろ”

 ”二人の色”で染めてゆける、無垢で、純真な、しろいいろ。



がキャッチフレーズの本作。今回”ぱれっと”が自身にのぱれっとに出した絵の具の色は”ましろ色”でした。
 ”しろ”というテーマで彩色が施された淡い色調のキャラクター達は作品の雰囲気にぴったりで、またシナリオもそのフレーズのとおり、まっしろな状態からスタートする男女の恋愛の初々しい様子が描けていました。純愛・いちゃラブ系のゲームの中では良い出来だったと思います。早期に共通パートから個別ルートに分岐させて、個別ルートを長めに取ることで二人の恋愛というにしっかりと尺を取っていました。二人が付き合いだしてから、まっしろだったキャンバスを互いの色で染めていく―そんないちゃラブ分も十分にあり、満足のいく構成でした。

 シナリオ的には、掴み・キャラ立ての共通パートは満足。どのキャラクターも生き生きしていて見ていて楽しめました。個別パートに関しては満足のいくシナリオもあれば少し不満のあるシナリオも…。4つのルートを3人のシナリオライターで分担しているせいか、ルートによってシナリオの出来の差が結構ありました。それについては最後にそれぞれのヒロインのルートについて簡単な感想コメントを載せておいたのでそちらを参照(ネタバレ注意)。


 最後にまとめとしてこの作品の特徴を3つあげると…

 ・魅力的な攻略キャラ(魅力的な非攻略キャラも)
 ・ぱれっと塗りのきれいなグラフィック
 ・初々しい恋愛がテーマの手堅くまとめられたシナリオ

 こんな感じの良くできた恋愛ものだったと思います。この3つが気になった人にはオススメです。



 以下、各ルートの感想(ネタバレ注意)





◆ 愛理ルート

 はじめ体験版をやった時はあまり特徴がない微妙なキャラでどうなることかと思っていましたが、ましろ色終了後は真逆の評価に。この愛理ルートが全ルート中一番良かったです。メインヒロインの面目躍如と言ったところでしょうか。少しずつ惹かれ合っていく様子が丁寧に描かれていたと思います。それから抑えきれなくなってバカップル化していく過程も。
 主人公との恋愛関係に関してつっこまれるとすぐボロを出してしまう感じがいいですね。墓穴を掘ったり、自滅したりする感じが。


◆ 桜乃ルート

 一番落ち着いたルート。無難な感じのルートでした。私は、妹と兄の恋愛話では兄妹であることの葛藤が描かれている作品が好きなので、そういった部分を描写できていた点は良。兄妹という部分にもっと深く踏み込んでくれるともっと良。ただ兄への恋心に気付いてからは良いのですが、逆にそうなるまでが単調だった気も。
 お気に入りは、背を向き合ったままの告白シーンと背が高いことをうまく利用したキスシーン。前者は一枚絵に、後者はテキストのうまさにやられました。


◆ アンジェルート

 アンジェでございます~な野良メイド。一歩間違えればホームレスかつニートなのですが、そこはぱれっと。住所不定に、美少女+メイドと言う要素をつけて魅力的なキャラにしていました。主人であること=恋人であることがどうも違和感があるのですが、恋愛ゲームでそこは気にしたらいけないんですかねぇ。
 個人的には、ヘッドドレスを外した時のアンジェが好み。そういや、風呂とかどうやって入ってるんだろう?ヘッドドレスをつけたまま?
 追記:アンジェ一人しかいない場合、ヘッドドレスを外しても大丈夫なようです。


◆ みうルート

 ぱんにゃ、沙凪、ぬこ部…といろいろな要素を詰め込んだのはいいものの構成上の甘さが出てしまったルート。ネタ的には一番おもしろかっただけにちょっと残念。アイディア的には良かったんだけどなぁ。このルートはもっと磨くことができるはず…。もうちょっと場面場面のつなぎがしっかりしてれば…。
 あと沙凪が可愛そう。こんな展開にしてルートがないのは…。沙凪との絡みはほどほどにしてぬこ部話だけをやっていれば良かったんじゃないかとも思います。
 でも、ぱんにゃがすごく可愛かったのでそれはそれで満足。ぱんにゃの話自体もかなり良かったですし。
 ぱんにゃ可愛いよ、ぱんにゃ。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2009.12.26(Sat) 17:10] ましろ色シンフォニーTrackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

Faxia by -
>>風呂とかどうやって入ってるんだろう?
>>ヘッドドレスをつけたまま?

自室や人前でなければ大丈夫、と言うセリフが有ったよーな記憶がー。

by udk
Faxiaさんご指摘どうもありがとうございます。

そんなこと言ってたんですか…
あとで確認しておきます。

by udk
確かに

『自分一人だけの空間ならば、いくらヘッドドレスを外そうとメイド服を脱ごうと大丈夫なんだけど。』

とありますね。
これで疑問が解けました。
Faxiaさん、ありがとうございます。

コメントを閉じる▲

 ← 10月の新作の話に戻って… | TOP | しろくまベルスターズ♪ 余談

COMMENT

>>風呂とかどうやって入ってるんだろう?
>>ヘッドドレスをつけたまま?

自室や人前でなければ大丈夫、と言うセリフが有ったよーな記憶がー。
[ 2009.12.27(Sun) 13:51] URL | #qbIq4rIg | EDIT |

Faxiaさんご指摘どうもありがとうございます。

そんなこと言ってたんですか…
あとで確認しておきます。
[ 2009.12.27(Sun) 23:17] URL | udk #QsgttT26 | EDIT |

確かに

『自分一人だけの空間ならば、いくらヘッドドレスを外そうとメイド服を脱ごうと大丈夫なんだけど。』

とありますね。
これで疑問が解けました。
Faxiaさん、ありがとうございます。
[ 2010.01.19(Tue) 22:01] URL | udk #QsgttT26 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/599-70d457ac
 ← 10月の新作の話に戻って… | TOP | しろくまベルスターズ♪ 余談

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。