TOP > ノベルゲームのシステムで無いとすごく困る機能
 ← 終ノ空 レビュー ~語りえぬことには、沈黙せねばならない~ | TOP | 生きてます…

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ノベルゲームのシステムで無いとすごく困る機能 

2010年05月31日 ()

 お久しぶりです。気づいたら前回の更新から1ヶ月くらい経っていました。あんまり空けすぎるのもよくないですね。もうちょっと定期的に何か書いていきましょうか。
 前回、前々回の記事で言っていた「すかぢ論」の方はほぼ完成しました。ひとまず主宰の方に提出して、誤字等がないか最終チェックをゆっくりかけている段階です。この企画においては様々な方にお世話になりました。この場を借りて礼を。

 4月、5月はだいたいこの原稿の作業をやっていたわけですが、その時に平行してすかぢ作品(ケロQ・枕作品)の方もはじめから読み直していました。終ノ空→二重影→モエかん→……→素晴らしき日々と一通り全部の作品を。そんな風に6,7作品分一気にやっていたら更新する暇があまり取れませんでした。近頃はノベルゲームのプレイ本数も減ってきていますが、たぶんその気になればまだ月4,5本はまだ消化できるんじゃないかとそう実感できました。
 同じ作者の作品を短い期間で全部一気に読むというのはこれまでやったことがなかったので、そんなところからも収穫が結構ありました。1999年発売の終ノ空から2010年発売の素晴らしき日々まで11年分ですからね。物語のテーマからグラフィック、システムに至るまでその変遷がよくわかります。その中から今回はシステム(インターフェイス)部分の話でも。

 終ノ空が発売した1999年というのはノベルゲームのシステムがある程度は確立しているものの、まだ完全には確立しておらず、今のゲームと比べるといろいろ不備もあります。特に昔のケロQはその辺のインターフェイスがかなり悪いです。その中で、ひとつだけなくてすごく困った機能があります。基本的な機能はあるけど、あるひとつの機能が足りない。さて、その頃のノベルゲームにあまりなかった機能とはなんでしょう?



 答えはバックログです。

 2000年前後のノベルゲームにはこの機能があったりなかったりしています。当時のゲームをある程度プレイしたことがある方はわかったでしょうか。ケロQの場合、終ノ空(1999)と二重影(2000)まではバックログ機能がないんですね。今Kanon問題で少し賑わっているKanon(1999)も確かバックログがなかったと記憶しています。
 バックログが無いゲームはここまで読みにくいというか、自分がここまでバックログに依存しているという事実に愕然としました。普段は気づきませんでしたが、かなりの頻度でバックログを使用していたようです。気がつくとマウスのホイールボタンに指が移動していました。どうしてでしょうね。昔やった時はそこまで気にならなかったんですけどね。一文一文をしっかり噛みしめて読んでいないのか、一度読んだ文章をちゃんと覚えてないのか。うーん、今回は原稿用に使えそうなテキストのスクリーンショットをいつもより多く取ったりしていたのもあるかもしれません。いつも気に入ったシーンやテキストのスクリーンショットを取るようになったのはブログ始めてからですし。逆に、昔は勢いでテキストを読んでいたけど今はちょっとしたことを気にするようになってバックログを多用するようになった、そういうことにしておきましょう。それなら私の面目も保たれます。
 なんかセーブ/ロードの次にバックログ機能がノベルゲームには必須なんじゃないかとまで思えてきました。セーブ/ロード→バックログ→スキップ→ウインドウ消去→テキスト瞬間表示の順に機能が必須なんじゃないかと。バックログ無しのゲームをプレイしたことがない人はバックログ禁止プレイをやってみたらわかると思います。結構しんどいですよ。

 似たような話を一般PCゲームをやっていた時にも言っていますね。「minoriのバックログが優秀すぎる件」の記事もそうだし、どうもこのブログはバックログに強い縁があるようです。いや、単に私がバックログにこだわっているだけとも…



 参考:バックログ機能について
     minoriのバックログが優秀すぎる件

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.05.31(Mon) 20:37] ノベルゲーコラムTrackback(0) | Comments(5)
↑TOPへ


COMMENT

by ヤタ
>バッグログ
自分の考えでは、現実世界で書籍を読むときに当たり前の動作ができないと
ノベルゲームでもけっこうつらいものがあるんじゃないかなと思います。
例えば―。

 セーブ⇒栞をはさむ
 ロード⇒栞の位置を確認して、そこを開く
 バックログ⇒本の前のページを開く

ノベルゲームのシステムとして、確実に必要なのは、現実の書籍を読むときにも行う動作である。
そしてそれは何かを読む(ノベルゲーでも現実の書籍でも)という動作において、できないばあいは
非常に不都合であるから、ノベルゲームでも、セーブとかロードとかバックログがないと相当しんどいのかなあと思います。

また、一つの考えとして、ノベルゲームがよりノベルよりになったのではないか?と思います。
昔はノベルゲームは、ノベルよりゲームという傾向があった。
(シナリオで勝負ということを考えていなかったのかもしれないですし、
ノベルゲームという感覚が当時は存在していなかったのかもしれないです)
だが、シナリオで勝負するようになり、ゲームからノベルへの傾向となってしまった。
だから、現実の書籍でも当たり前でできることを、ノベルゲームでもできるようにした

んじゃないのかなあ、と自分は思ったりしました。

それでは。

by wata
バックログはさすがに最近ではまず常備されてますが
自分の場合、文章を送っても音声の再生を続けるという機能がないと
プレイ中かなりストレスが溜まってしまいますね。

素晴らしき日々のレビューも楽しみにしています。

by udk
ヤタさん

>書籍を読むときに当たり前の動作ができないとノベルゲームでもけっこうつらい

 そうですね。あとは本のページを一気にめくったり(高速スキップ)、一気に巻き戻したり(高速巻き戻し)、特定のページに飛んだり(シーン回想)といったことも手軽にできるようになるともっと読みやすいですね。
 快適なプレイ環境(=読みやすさ)を追求し続けて、今のようなシステム環境になっているんでしょうね。


wataさん

>音声の再生を続けるという機能

 この機能は私もよく使用していますね。なるべくボイスは聞きたいけど、全部いちいち待って聞くのは面倒という時に便利なんですよね。

 素晴らしき日々のレビューは……期待している人がいるとなるとやる気が出てきました。もう少々お待ちください。週末に書く予定です。

by コハク
ヤタさんの意見に賛同ですね。
スキップなどは私自身多用する機能ですが、本を読み飛ばすという行為に相当しますし。

電子書籍が話題ですが、ノベルゲームのシステムを参考にすれば快適なUIが構築できるかもしれません。

by 七夜雅
はじめまして。

確かに最近はバックログ機能が無いゲームはほぼ無いですね、PS2のゲームですが2007年クソゲーオブザイヤーの四八(仮)はバックログも既読スキップも無かった様ですが。

間違えてクリックする事もあるし多用する機能ですね。
後wataさんと同じで音声再生を続ける機能があると大分快適になります。

コメントを閉じる▲

 ← 終ノ空 レビュー ~語りえぬことには、沈黙せねばならない~ | TOP | 生きてます…

COMMENT

>バッグログ
自分の考えでは、現実世界で書籍を読むときに当たり前の動作ができないと
ノベルゲームでもけっこうつらいものがあるんじゃないかなと思います。
例えば―。

 セーブ⇒栞をはさむ
 ロード⇒栞の位置を確認して、そこを開く
 バックログ⇒本の前のページを開く

ノベルゲームのシステムとして、確実に必要なのは、現実の書籍を読むときにも行う動作である。
そしてそれは何かを読む(ノベルゲーでも現実の書籍でも)という動作において、できないばあいは
非常に不都合であるから、ノベルゲームでも、セーブとかロードとかバックログがないと相当しんどいのかなあと思います。

また、一つの考えとして、ノベルゲームがよりノベルよりになったのではないか?と思います。
昔はノベルゲームは、ノベルよりゲームという傾向があった。
(シナリオで勝負ということを考えていなかったのかもしれないですし、
ノベルゲームという感覚が当時は存在していなかったのかもしれないです)
だが、シナリオで勝負するようになり、ゲームからノベルへの傾向となってしまった。
だから、現実の書籍でも当たり前でできることを、ノベルゲームでもできるようにした

んじゃないのかなあ、と自分は思ったりしました。

それでは。
[ 2010.05.31(Mon) 23:44] URL | ヤタ #- | EDIT |

バックログはさすがに最近ではまず常備されてますが
自分の場合、文章を送っても音声の再生を続けるという機能がないと
プレイ中かなりストレスが溜まってしまいますね。

素晴らしき日々のレビューも楽しみにしています。
[ 2010.06.03(Thu) 00:15] URL | wata #- | EDIT |

ヤタさん

>書籍を読むときに当たり前の動作ができないとノベルゲームでもけっこうつらい

 そうですね。あとは本のページを一気にめくったり(高速スキップ)、一気に巻き戻したり(高速巻き戻し)、特定のページに飛んだり(シーン回想)といったことも手軽にできるようになるともっと読みやすいですね。
 快適なプレイ環境(=読みやすさ)を追求し続けて、今のようなシステム環境になっているんでしょうね。


wataさん

>音声の再生を続けるという機能

 この機能は私もよく使用していますね。なるべくボイスは聞きたいけど、全部いちいち待って聞くのは面倒という時に便利なんですよね。

 素晴らしき日々のレビューは……期待している人がいるとなるとやる気が出てきました。もう少々お待ちください。週末に書く予定です。
[ 2010.06.03(Thu) 23:03] URL | udk #QsgttT26 | EDIT |

ヤタさんの意見に賛同ですね。
スキップなどは私自身多用する機能ですが、本を読み飛ばすという行為に相当しますし。

電子書籍が話題ですが、ノベルゲームのシステムを参考にすれば快適なUIが構築できるかもしれません。
[ 2010.06.05(Sat) 01:19] URL | コハク #n2xEIIGs | EDIT |

はじめまして。

確かに最近はバックログ機能が無いゲームはほぼ無いですね、PS2のゲームですが2007年クソゲーオブザイヤーの四八(仮)はバックログも既読スキップも無かった様ですが。

間違えてクリックする事もあるし多用する機能ですね。
後wataさんと同じで音声再生を続ける機能があると大分快適になります。
[ 2010.06.10(Thu) 02:09] URL | 七夜雅 #CZO1jjh. | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/640-cb003e62
 ← 終ノ空 レビュー ~語りえぬことには、沈黙せねばならない~ | TOP | 生きてます…

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。