TOP > SFメディアとしてのノベルゲームの可能性
 ← 京都SFフェスティバル「SFメディアとしてのビジュアルノベル」感想 | TOP | 良い意味で残念な学会 ~第六回ツンデレ学会 レポ~

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


SFメディアとしてのノベルゲームの可能性 

2010年10月11日 ()

◆SFメディアとしてのノベルゲームの可能性 -はじめに-

 これまで何十年も前から、小説、漫画、映像(アニメーション、実写ドラマ・映画)などのメディアでSF作品が作られてきました。そうした中で近年(と言っても20年以上、いやもっと前ですが)、ゲームという新しいメディアが誕生しました。それから紆余曲折を経てノベルゲームという物語を主軸においたゲームシステムが考案されました。今回はそのノベルゲームついてSFメディアとしての可能性を検討していきます。
 ゲームというメディアの中にはノベルゲーム以外にもRPGやシミュレーションなど様々なシステムがあるのですが、ここではゲーム全体の中からノベルゲームのみに限定します。また、主に美少女ゲームと呼ばれるジャンルのノベルゲームの話をします。


 まず、ノベルゲームのメディアとしての大きな特徴としては次の2点があげられます。

 (1)表現方式……テキスト、絵、音楽、そしてそれらを動かすためのシステム(スクリプト)で構成される。
             従来のSFメディアではできなかった表現が可能。

  ノベルゲームの画面構成
          図1 ノベルゲームの画面構成図

(2)選択肢の存在……選択肢を設けることによって、物語を分岐させ、全く別の可能性を示すことが可能。

  ノベルゲームの選択肢
          図2 ノベルゲームの選択肢

 ノベルゲームにはこのような特徴があります。
 このふたつの特徴に関してSFメディアとしてどのような可能性があるのか、これから検討していきます。



◆ノベルゲームの特有の表現形式

 ノベルゲームは基本的にテキスト、絵、音楽、そしてそれらを動かすためのシステム(スクリプト)で構成されます。それが他の媒体と比べてどう違うか、表1にテキスト・絵・音楽・動きに関してそれぞれのメディアで可能かどうか大まかにまとめました。

                  表1 SFメディアの比較
 
小説
ノベルゲーム
  漫画  .
  映像  .
テキスト
×
×(△:ライトノベル)
×
×
動き
×
×
 ○:可能,△:不得手,×:不可能

 ①テキスト:好きなだけ文章を書くことが可能。細かい設定を文章で示すことができる。
        膨大なSF設定を文章で提示することができる
 ②絵   :文章だけではなくそこに絵を加えることによって、読者に具体的な情景を見せることができる。
        SFだと未知の設定・情景を絵で示すことができる。
 ③音楽  :BGM、SE、ボイスで場の状況や聞こえる音を表わすことができる。
 ④動き  :アニメーションを挿入したり、文章のスピードをコントロールする動的演出が一部可能。

 このようにいくつもの要素を用いることができるのがノベルゲームの特徴です。これらの要素をつなぎ合わせて、図1のように、文章と立ち絵+背景(もしくは一枚絵)と音楽(BGM、SE、ボイス)で構成されます。
 このゲームシステム(表現方式)を利用して多種多様な物語が作られてきました。それはSFにおいても例外ではありません。

                表2 SFノベルゲーム作品例
【サイバー系】Heaven's Cage (Art)
こころナビ (Q-X)
バーチャコール・シリーズ (F&C)
バイナリィポット (オーガスト)
BALDR FORCE EXE (戯画)
.fuck[ドットファック] (BLACKRAINBOW)
化石の歌 (age)
luv wave (C's ware)
Be-reave Primary/Be-reave Secondary (ユニゾンシフト)
【近未来】鬼哭街 (Nitro+)
"Hello, world." (Nitro+)
あえかなる世界の終わりに (キャラメルBOX)
終末少女幻想アリスマチック (キャラメルBOX)
ロケットの夏 (月面基地前)
Horizont (Artel)
LOSTCHILD
D.U.O ~song for all~ (ぱんだはうす)
あやかしびと (propeller)
天使ノ二挺拳銃 (Nitro+)
【終末・時間/
タイムスリップ/
リピート・世界/
パラレルワールド/
異世界/未来世界】
CROSS†CHANNEL (FlyingShine)
終末の過ごし方(アボガドパワーズ)
最果てのイマ (Xuse【純米】)
腐り姫 (Liarsoft)
何処へ行くの、あの日 (MOONSTONE)
3days~満ちてゆく刻の彼方で~ (Lass)
Paradise Paradox (specious)
七彩かなた-夏休み!ドキラブバカンス夢冒険!- (千世)
痕-きずあと- (Leaf)
蒼色輪廻 (美遊)
エクソダスギルティー (アーベル)
この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (elf)
神樹の館 (Meteor)
DESIRE (C's ware)
AQUAS (MERCURIUS)
うたわれるもの (Leaf)
蒼天のセレナリア (Liarsoft)
夜明け前より瑠璃色な (オーガスト)
5th Luna (PlatinumSoft/ALTACIA)
ピンク・パンツァー (Liarsoft)
Parallel Harmony (C's ware)
ボーイミーツガール (フロントウイング)
いつか、届く、あの空に。 (Lump of Sugar)
【ロボ・人工生命体】BALDR BULLET “REVELLION” (戯画)
マブラヴ・シリーズ (age)
ルナそら (light)
To Heart・シリーズ (Leaf)
イ号型局地迎撃天使NANAKO ~かく戦えり、乙女達~ (Ape&Frog)
先攻遊撃桜花隊・YURI ~電子の聖霊たち~ (Ape&Frog)
TACTICSBRID (BLIP)
妖獣戦記-A.D.2048- (D.O.)
Rimlet (Tail)
この晴れた空の下で R18 (クロムウェル)
ぼくのたいせつなもの (TerraLunar)
マッチ売りの美少女 (GAIA)
白詰草話 (Littlewitch)
見上げた空におちていく (あっぷりけ)
MERI+DIA[マリアディアナ] (ぱれっと)
TALK to TALK (Clear)
【宇宙人・異生物】 しろクロ~白いこころと黒いツルギ~ (ALTERNA)
ジオグラマトン-DYOGRAMMATON- (CLOCK UP)
沙耶の唄 (Nitro+)
ぼーん・ふりーくす (Liarsoft)
妹でいこう! (Overflow)
【スペオペ】 CANNON BALL ~ねこねこマシン猛レース!~ (Liarsoft)
アルゴノーツ (F&C)
Soul Link (Navel)
Maverick Max (ブルーゲイル)
LOVE SEED (VOICE)
黎明のラヴェンデュラ (NOA)
Figurehead (STRONGER)
R.U.R.U.R~ル・ル・ル・ル~ このこのために、せめてきれいな星空を (light)
【超能力】そらをみあげて想うこと (BLACK LIGHT)
Sense Off (otherwise)
ちょ~イタ ~素晴らしき超能力人生~ (Liarsoft)
雫-しずく- (Leaf)
【パロディ・コメディ】 絶対地球防衛機メガラフター (Liarsoft)
えろぼーん (武礼堂)
マエバリ帝国の逆襲 (Ark Shell)
SHOGUN8-ショーグンエイト- (Liarsoft)
【SFヒーロー】 超昂天使 エスカレイヤー (AliceSoft)
機動少女プリティ・ギア (MAIKA-P)
ペルソナドライバー 霊姫 (MAIKA)

※1 erog @ ウィキ SFチックな作品リストより
※2  2007年以降の作品については一部を除き、入っていません
※3 18禁作品のみであり、非18禁作品は入っていません。
※4 一部、ノベルゲームとは言い難いゲームシステムの作品も含まれています。


 表2はノベルゲームで作られたSF作品の一部です(ところどころSFかどうか怪しい作品やSFの分類が間違っている作品もありますが、大目に見てください。要望があればその辺を訂正していきます)。表2を見ると、サイバー系、近未来など様々なジャンルのSF作品が作られていることがわかります。既にかなりの量のSF作品が作られており、SF作品を制作するメディアとして十分であることが言えます。


◆ノベルゲーム特有の存在 -選択肢-

 ノベルゲームに代表されるゲームメディアの最大の特徴は「選択肢による分岐」です。選択肢はゲームでのみ使える要素です。これにより、物語を分岐させ、いくつもの可能性を示すことが可能になります。

 
            図3 選択肢による分岐

 さて、ひとつ戻りまして、表2を見ると、SFの中でも特に多いものがあります。それが、ループものに代表される時間SFと平行世界SFです。これはノベルゲームの特徴である選択肢の存在により、ノベルゲームに非常に適したジャンルとなっています。
 ここで、ノベルゲームにおける選択肢とプレイヤーの関係について考えます。選択肢により分岐したルートを読んだプレイヤーはその後、もう一度最初からもしくは分岐する選択肢からストーリーをやり直し、他のルートを読みます。これはプレイヤーが作品内をループしているということにあてはまります。

 
            図4 プレイヤーのループ構造

 このループ構造に対し、プレイヤーだけでなく、作中の登場人物がループを自覚することが出来たら、簡単にループ作品ができるわけです。同様に選択肢による分岐ストーリーを平行世界と捉えれば平行世界モノのできあがりです。
 ノベルゲームはこのように選択肢を用いた特殊構造を容易に作れるという特徴があります。この選択肢という要素を活かして新たなSFが生まれる可能性は十二分にあるでしょう。


◆おわりに

 SFメディアとしてのノベルゲームの可能性を(1)表現形式(2)選択肢の存在、の2つの特徴から検討しました。その結果、SFメディアとして十分な素質を持っているという結論に至りました。
 ノベルゲームができてから十数年、ノベルゲームの中にはゲームというメディアを巧く活かしたSF作品が既にいくつもあります。SFメディアとしてはできてからまだ浅いですが、浅いからこそ、メディアを活かした作品がや独創的な作品が出る余地はまだまだ広く残っていると思います。
 まだ見ぬ、名作SFノベルゲームが出ることを願って――






参考:SFノベルゲーム40作

 エロゲー批評空間に登録されているPOV「SF仕立てのゲーム」をカスタムモードでソートして40作品を抽出したものになります。
 良いSF作品が多いので、なんとなくノベルゲームでSF作品がやりたくなった時は参考にどうぞ。

               表3 SFノベルゲーム40作(2010年10月時点)
マブラヴ オルタネイティヴ
BALDR SKY
CROSS†CHANNEL
ひまわり
Ever17 -the out of infinity-(非18禁)
Steins;Gate
BALDR FORCE EXE
最果てのイマ
R.U.R.U.R~ル・ル・ル・ル~ このこのために、せめてきれいな星空を ~
マブラヴ
沙耶の唄
エヴォリミット
planetarian ~ちいさなほしのゆめ~(非18禁)
この世の果てで恋を唄う少女YUNO
”Hello,world.”
フェイクアズール・アーコロジー
輝光翼戦記 天空のユミナ
スマガ -STAR MINE GIRL-
斬魔大聖デモンベイン
鬼哭街
ロケットの夏
あえかなる世界の終わりに
CANNONBALL~ねこねこマシン猛レース
機械仕掛けのイヴ Dea Ex Machina
Zwei Worter
夜明け前より瑠璃色な
BE-YOND (Win)
置き場がない!
XUSEの永遠のアセリア-The Spirit of Eternity Sword-
CHAOS;HEAD(非18禁)
Soul Link
PARADISE LOST
終末少女幻想アリスマチック
化石の歌
絶対地球防衛機メガラフター
うたわれるもの -散りゆく者への子守唄-(PS2)
MERI+DIA ~マリアディアナ~
BALDR FORCE
Figurehead
Remember11 -the age of infinity-(PS2)
age
戯画
FlyingShine
ぶらんくのーと(同人)
KID
5pb.
戯画
XUSE
light
age
NitroPlus
propeller
Key
elf
NitroPlus
あっぷりけ -妹-
ETERNAL
NitroPlus
NitroPlus
NitroPlus
TerraLunar
キャラメルBOX
Liar Soft
NineTail
CLOCKUP
AUGUST
elf
あかべぇそふとつぅ
XUSE
NitroPlus
Navel
light
キャラメルBOX
age
Liar Soft
AQUAPLUS
ぱれっと
戯画
STRONGER
KID

※5 抽出方法はこちらのページを参照。POV「SF仕立てのゲーム」のカスタム表示 ErogameScape-エロゲー批評空間-
※6 コンシューマ版の移植等で重複しているタイトルは省いています。
※7 SFノベルゲームというよりはSF美少女ゲームと言った方が適切かもしれません。



関連記事:京都SFフェスティバル「SFメディアとしてのビジュアルノベル」感想 -udkの雑記帳-
      erog @ ウィキ SFチックな作品リスト
      SF仕立てのゲーム -エロゲー批評空間-

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.10.11(Mon) 08:27] ノベルゲーコラムTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 京都SFフェスティバル「SFメディアとしてのビジュアルノベル」感想 | TOP | 良い意味で残念な学会 ~第六回ツンデレ学会 レポ~

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/655-6a052430
 ← 京都SFフェスティバル「SFメディアとしてのビジュアルノベル」感想 | TOP | 良い意味で残念な学会 ~第六回ツンデレ学会 レポ~

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。