TOP > キッキングホース★ラプソディ レビュー ~ラブコメ×いちゃラブ×可愛い女の子達=無限のニヤニヤ
 ← そういえば自分はラブコメが大好物だった。そんなことを思い出したキッキングホース★ラプソディ | TOP | ネタ企画はどこまで信用したらいいのだろう

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


キッキングホース★ラプソディ レビュー ~ラブコメ×いちゃラブ×可愛い女の子達=無限のニヤニヤ 

2010年12月03日 ()

キッキングホース★ラプソディ タイトル    キッキングホース★ラプソディ
 メーカー   ALcotハニカム
 発売日    2010年11月26日
 シナリオ   保住圭
 原画       ミヤスリサ
 音楽      MANACK
 プレイ時期  2010年11月
 プレイ時間  20時間
 評点      90








エロゲには 恋があふれているけれど
恋愛をテーマにした作品が少ないのは――
ラブコメが少ないのは――
何故だろう



 『キッキングホース★ラプソディ(キッキン)』には10種類のニヤニヤがあると思う。


(1)テンポ良い会話と軽快なコメディにニヤニヤ
(2)三角関係にニヤニヤ
(3)主人公と志乃がいちゃついてるのを見てニヤニヤ
(4)主人公と聖がいちゃついてるのを見てニヤニヤ
(5)主人公とのばらがいちゃついてるのを見てニヤニヤ
(6)エッチシーンにニヤニヤ
(7)他のヒロインがそのイチャラブっぷりを見て妬いているのを見てニヤニヤ
(8)青春している主人公達を見てニヤニヤ
(9)ラストシーンにニヤニヤ
(10)キッキンをプレイしてニヤニヤしている人達を見てニヤニヤ


 とりあえず思い浮かんだキッキンのニヤニヤポイントです。
 ニヤニヤしたシーンは数え切れないほどで……
 ニヤニヤした台詞も数え切れないほどに……
 頬がゆるみっぱなしのすばらしいニヤつきゲーでした。


 さて、このキッキンですが、エロゲでは珍しいラブコメものになります。男の子と女の子がいろいろあって結ばれてエッチなことをするというケースが多いエロゲですが、恋愛ゲームであるその実、恋愛に真摯に向き合った作品が少ないという側面も持ちます。さらにその恋愛をネタにコメディをやってる作品、いわゆるラブコメはほとんど見かけません。そういう背景があって、ラブコメエロゲと言えるような作品をこれまでやっていなかった私にとってこのキッキンは新鮮でした。

 ラブコメって言うとまずはコメディで、キッキンは会話がなかなかおもしろいんですよね。そこはバカなことを言うキャラクターとそれをツッコムのキャラクターとがうまく働いていました。それが、共通パートだけでなく、個別パートやシリアスな部分に入っても、時折笑わせるシーンが入ったりして、楽しく読み続けることができたのは良かったですね。
 ラブコメの恋愛部分に関してはと言うと、単純に主人公とヒロインが結ばれたらそれで終わりというストーリーではなく、男1人に女3人という設定を活かして、

 主人公とヒロインのカップルに他の2人のヒロインが妬いたり、
 主人公を二人のヒロインが取り合う三角関係になったり、
 ヒロイン一人を主人公ともう一人のヒロインが取り合うという謎(?)の三角関係になったり、

と、結ばれなかったキャラクターも恋愛関係に絡んでいかせて、うまい感じにコメディになっていました。

 もちろん、ずっとコメディをやっているというわけではなく、主人公とヒロインがくっついた後には、いちゃいちゃラブラブしだします。このイチャラブが最高に私の頬をゆるませるんですよ。それはもう、ニヤつきすぎて死にそうになるくらいに。3人のヒロイン全員、恋人関係になったあとのラブラブっぷりがいい。バカップルっぷりがすばらしい。さらにエッチシーンもラブラブでかつエロい。こんなカップルを見届けるためなら、「カップル爆発しろ」とか言って恋路の邪魔をしようとする人達を馬蹴りしてもいいような気がします。
 でも、物語的には恋路の邪魔があった方がいいと思ったのもこのキッキンでした。二人の仲を邪魔したりするキャラがいると、イチャイチャっぷりがさらに加速していきます、そして二人の仲を妬いたりするキャラがイチャラブを引き立てていくんですね。カップルには邪魔者はいない方がいい、でも物語的にはいた方がニヤニヤできるのです。

 そんな感じで、ラブコメとイチャラブがメインのキッキンですが、そのせいでシナリオが悪いということもありませんでした。必要なエピソードをだけを詰め込んだすっきりとした形になっていて、青春っていいなぁ、うらやましいぁあ、と思うシナリオでした。最後に読むことを推奨されているのばらルートを読んだ後は、すごい充足感に満たされました。



 『キッキングホース★ラプソディ』、可愛い女の子達のラブコメとイチャラブが詰まった良いニヤニヤゲーでした。
 プレイし終わった後はキッキンをプレイしてニヤニヤしている人達を見てニヤニヤしたりもしていました。
 ですが、終始ニヤついていた私に敵う人はきっといないでしょう。










エロゲには恋がいくらでもあふれていたけれど、
はじめてエロゲでやったラブコメが、自分には楽しくて楽しくて――
だからなんだろう
あぁ。いいなぁ。恋愛ものっていいなぁ
ラブコメっていいなぁ
と思ったのは

さあ、エロゲショップにいこう
WEBで新作を見て回ろう

そして、ラブコメを探そう。
今ならきっとキッキンみたいに楽しめるものも出てくるはず


また、こんな作品に出会えたらいいなぁ。




[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2010.12.03(Fri) 01:59] キッキングホース★ラプソディTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← そういえば自分はラブコメが大好物だった。そんなことを思い出したキッキングホース★ラプソディ | TOP | ネタ企画はどこまで信用したらいいのだろう

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/663-2d60ed18
 ← そういえば自分はラブコメが大好物だった。そんなことを思い出したキッキングホース★ラプソディ | TOP | ネタ企画はどこまで信用したらいいのだろう

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。