TOP > 冬コミ新刊 SF評論「日常SF」
 ← 冬コミお疲れ様でした | TOP | 晴れときどきお天気雨 レビュー ~晴れときどき桜の花びら~

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


冬コミ新刊 SF評論「日常SF」  

2011年12月29日 ()
 大阪大学SF研究会、冬コミで新刊を出します。



日常SF表紙絵




 今回の会誌は「日常SF」と題して、日常SFの話をします。


 でも、「日常SF?何それ、おいしいの?」という人もいるかもしれないので、会誌の序文を引っ張ってきました。




 日常SF 序文


 SF(Science Fiction)は、私達が今いる世界とは異なる仮想の世界を描くジャンルである。それは、私達にとっての非日常と言い換えてもいい。サイバーパンク、スペースオペラ、タイムトラベル等々、私達の世界からかけ離れた非日常を描いたものが多い。

 しかし、SFとは本当に非日常を描くジャンルなのだろうか?

 SFであっても日常を描くことはできるのではないだろうか?
 私達が気づいていないだけで日常を描いた作品は存在するのではないだろうか?

(1) SF的存在が日常に溶け込む例
 例えば、藤子・F・藤雄の『ドラえもん』。『ドラえもん』では22世紀から来た猫型ロボット「ドラえもん」というSF的非日常の存在を有している。だが、作品内で描かれるのはあくまで「ドラえもん」がいる世界の中の日常であり、「ドラえもん」がいる日常生活を主軸にしたコメディこそが『ドラえもん』という作品だ。このようにロボットや宇宙人のようなSF的存在が日常に溶け込んだ日常コメディ作品は多く存在する。

(2) SF世界での日常の例
 SF的存在が日常に溶け込む場合とは別に、SF的世界での日常を描く作品も存在する。例えば、芦奈野ひとしの『ヨコハマ買い出し紀行』では海面が上昇し人類が衰退していく世界での日常が描かれている。天野こずえの『ARIA』では火星をテラフォーミングした世界での日常が描かれている。このようにSF的舞台設定の中で日常を描く作品も存在するのだ。

 以上、「SF」と「日常」、ふたつのキーワードを有する例を紹介した。
 ここで、我々大阪大学SF研究会の一同は新たな概念を提唱する。

 その名も「日常SF」

 非日常を描くSFの中での特異点。SFとそれ以外のジャンルの境界線上に位置する日常SF。
 本誌ではその概念と該当する作品の紹介を行っていく。






 こんな会誌を作りました。
 日常SFが気になった人はぜひどうぞ。
 



 あと、夏コミで出したループ作品評論「円環の理」も追加で作ったので持っていきます。
 夏コミで買い逃した人、興味のある人はこちらもどうぞ

 参考:夏コミ新刊告知 『円環の理 -ループ作品評論-』



 以下の場所でお待ちしています。



 サークル:大阪大学SF研究会
 配置:3日目西た03b
 新刊:『日常SF』 
 既刊:『円環の理』




[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2011.12.29(Thu) 05:30] イベントTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 冬コミお疲れ様でした | TOP | 晴れときどきお天気雨 レビュー ~晴れときどき桜の花びら~

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/681-cb75e07c
 ← 冬コミお疲れ様でした | TOP | 晴れときどきお天気雨 レビュー ~晴れときどき桜の花びら~

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。