TOP > はつゆきさくら レビュー ~White Graduation~
 ← 創り手に感想を送るということ | TOP | your diary レビュー ~美少女ゲームの主人公の幸せとは?~

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


はつゆきさくら レビュー ~White Graduation~ 

2012年03月04日 ()

はつゆきさくら 初回限定版【予約特典:スペシャルサウンドトラック付き】 タイトル    はつゆきさくら
 メーカー   SAGA PLANETS
 発売日    2012年2月24日
 シナリオ   新島夕
 原画       ほんたにかなえ , とりのすけ , ちまろ
 音楽      水月遼
 プレイ時期  2012年2月
 プレイ時間  約20時間
 評点      88





 「 卒業、おめでとう―― 」

 そうやって主人公を心から祝福したくなる物語






◆美少女ゲームと“卒業”

 美少女ゲームに学園が舞台の作品は多くあれど、“卒業”がテーマの作品はそれほど多くない。その中でも“主人公”の卒業となると……それはほとんどない。学校に卒業はつきものだが、男の子と女の子が結ばれることが主眼の美少女ゲームでは卒業はさほど重要ではないのだろう。卒業はあくまで通過点としてエピローグに描かれるくらいだ。卒業を描いている作品でも、主人公のそれよりもヒロインの、主人公と周りの人達の卒業が目立つ。
 そんな中、本作『はつゆきさくら』は主人公の“卒業”を絶えず意識して描いている。それは各ルートで強調する卒業式とルート開始直後のランと主人公のやり取りによって。5分にも満たない回想だが、これが主人公の入学と卒業の大切さを色濃くしている。


◆卒業の難しさ

 学校を卒業すること、多くの人は何のこともなく卒業できていることだろう。私も大した労もせず、卒業できたクチだ。しかし、私の周りを振り返って見ると決して皆が皆卒業を迎えているわけではない。問題を起こし退学した高校の友人、単位不足や進路の事情により退学していった大学の先輩後輩達、振り返って見るとそんな人が何人もいた。そういった人達は卒業を迎えることなく去っていった。学校を卒業することが必ずしも人生の正解ではないが、卒業したくてもできなかった人を見ると、共に通っていた身としては寂しくもある。
 卒業とは決して簡単なものではない。


◆復讐と卒業

 本作では卒業を描くにあたって、主人公に決して卒業が叶わない障害を与えている。それは「復讐」である。主人公は愛する人を奪った者達への復讐のため、ゴーストの王となりゴースト達の復讐を成し得ようとする。復讐を行おうとすると卒業は叶わない。彼が卒業するためには自身の復讐と決別しなければならないのだ。
 本作は卒業の物語であると同時に復讐の物語でもある。最終的に物語は卒業に向かって収束していくが、話を動かしているのは終始復讐である。本作の舞台は復讐で満ちている。過去の不幸な事件により積み重なった復讐の想いは新たな復讐を生んでいく。1周目、復讐の妄執に取り付かれた主人公はトリガーとなり、街の破滅を引き起こす。続く2周目以降のアキラ、あずま、妻もまた復讐を成そうとする。そんな彼らがどうやって復讐を想い止めたか? ここで物語の全てを知る者「宮籐」の言葉を借りる。

痛みは正しく循環しなければならない
痛みを受けたならば……1人で抱え込まずに、その痛みを、誰かに受け止めてもらわなければならないのです
ため込み続ければ、やがて邪念に心を侵され、気付かないうちに、ゴーストに変貌してしまうでしょう


我々は忘れない。けれど、今を、生きるためには、復讐に囚われ続けては進めない。平穏は訪れない
自らのうちにある、無念を、義理を、けじめを。いくつもの、心を殺しながら……何食わぬ笑顔を浮かべて、生きなければならないときがある
それが大人というものです。社会に生きるということです

Chpter7 宮籐 


誰もが行き場のない想いを抱えている。その行き場のない想いを1人で抱え込もうとすると、それは復讐へと変わってしまう。そんな気持ちを低減するには誰かに受け止めてもらうしかない。そして、その想いと決別すること、それが大人になること。学園を卒業し、社会に出て行くことにつながるのだ。


◆主人公の卒業

 本作は、復讐との決別、そして決別後の卒業の流れがうまくいっていた。妻の復讐への決別、主人公の痛みを受け止めていった仲間達はとてもよかった。最後の最後、復讐に囚われていた主人公が復讐と決別し、自分の進むべき道を歩み出した時、彼はようやく卒業できたのだ。
 だからこそ主人公が卒業式を終えた後のキャラクター達とのやり取りへの感動につながる。

 「初雪から桜まで、卒業、おめでとう」

 初雪と桜、彼らは自身に取り付くゴーストから解放され、復讐と決別することができた。
 桜はゴーストだが、彼らなら卒業後も彼らの人生を歩んでいけることだろう。






 ……そして、これから卒業を迎えていく後輩達には「おめでとう」の言葉をかけてやりたい。
 大学を卒業するくらいどうということはないかもしれないが、それはとても大切なことのように思う。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2012.03.04(Sun) 20:50] はつゆきさくらTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 創り手に感想を送るということ | TOP | your diary レビュー ~美少女ゲームの主人公の幸せとは?~

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/686-055391e5
 ← 創り手に感想を送るということ | TOP | your diary レビュー ~美少女ゲームの主人公の幸せとは?~

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。