TOP > サクラノ詩 発売に寄せて―11年の刻を経た私―
 ← サクラノ詩――櫻の森の上を舞う―― 体験版 感想 すかぢ論2.0(序)梯子の上にある風景 | TOP | 近況(2014年8月)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


サクラノ詩 発売に寄せて―11年の刻を経た私― 

2015年10月23日 ()
 
 サクラノ詩が11年の時を経て、ようやく発売されようとしている。

 11年。11年という時は長い。発表当時は高校生だった少年も今はもうアラサーの社会人となってしまった。創作物は完成した瞬間、刻が静止して年を取らないが、現実世界はそうではない。

 2004年に出るのと2015年に出るのとでは、たとえ同じものが出たとしても大きく違う。時の経過は人を変えていく。延期した11年でプレイヤーはその年数だけ成長し、いくつもの創作物を読み解いていくことで創作物への受け取り方も変わってきた。もし仮に、サクラノ詩が2004年に発売されていたとしたら、それは私の人生に少なからず影響を与えていたかもしれない。それだけ11年という時は特別だ。
 そしてクリエイターもまた同様にこの11年で変わっていったことだろう。2004年発表当初と比べて、2015年のサクラノ詩はグラフィックだけ見ても大きく違う。この11年でシナリオライターが変わり、キャラクターデザインの担当者に至っては二度も変わった。特にシナリオライターのすかぢ氏については『素晴らしき日々』の制作を経て、創作物に対する意識は大きく変わっている。


 思えば2004年の当時、その絵を一目見ただけで惹きつけられた記憶がある。白と黒を基調として陰影を大きくつけた配色、数点のキービジュアルを見ただけで、根拠もなく名作のオーラを感じとっていた。『終ノ空』『二重影』『モエかん』エッジの効いたケロQの過去作の思い出もまた、『サクラノ詩』が同じく尖った作品になることを期待させた。
 それから2008年、第一章「春ノ雪」の公開。そして明るい日常ドタバタ劇の中にところどころ挟み込まれる影のある文章が、ただグラフィックが美麗なだけでの作品ではなくシナリオ面でも良作になることを期待させた。この時点で私は既にサクラノ詩に95点という期待値を出している。
 そして2010年の『素晴らしき日々』。すかぢ氏の全てをかけたこの作品は数年に一作の出来の傑作だった。たまたますかぢ作品を全て読んでいたというそれだけの理由で担当することになった『恋愛ゲームシナリオライタ論集』のすかぢ論担当。論考では"11年にわたる生の意義の探求"というテーマですかぢ氏の作品全ての変遷を辿っていった。そして、論を完成させた先に辿り着いたのはすかぢという人物がこの先どのような作品を世に送り出していくのか、『素晴らしき日々』の先の景色が見たいという気持ち。すかぢ作品と出会ったがために、私は『サクラノ詩』の最後を見届けなければならなくなった。

 こういった背景があるからこそ、このサクラノ詩に対しては特別な思い入れがある。そして、このような発売前から特別な思い入れのある作品も私には最後になるだろう。サクラノ詩、ノベルゲーム史上最長の延期作品。ノベルゲーム史上最後の大作というには大げさだが、私の中では最後と言ってしまっても過言ではない。『魔法使いの夜』も2012年に発売し、いよいよ残るは『サクラノ詩』だけだ。


 別にノベルゲームを引退するわけではないけど、この『サクラノ詩』の発売が私のノベルゲーム人生の節目になることは間違いないだろう。

 ノベルゲームを始めとするコンテンツを追いかけることに全力を注いだこの十数年、駆け上がった梯子の上にはどんな風景が待っているだろうか?




        2015年8月 2次元メディア・コンテンツ研究会 会誌掲載分 転載

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2015.10.23(Fri) 01:25] サクラノ詩Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← サクラノ詩――櫻の森の上を舞う―― 体験版 感想 すかぢ論2.0(序)梯子の上にある風景 | TOP | 近況(2014年8月)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/707-1191194a
 ← サクラノ詩――櫻の森の上を舞う―― 体験版 感想 すかぢ論2.0(序)梯子の上にある風景 | TOP | 近況(2014年8月)

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。