TOP > sola 第11話 感想
 ← sola 第12話 感想 | TOP | 真・らき☆すた 萌えドリル~旅立ち~ 感想

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


sola 第11話 感想 

2007年06月19日 ()
11話はこれまでのsolaの中でも特に良かったです。
今までは7話が色々な意味(蒼乃に萌えて、衝撃の展開を迎える話)ですごかったのですが、それに匹敵するほどの話でした。
11話は今まで以上にストーリーが良く、話の見せ方もうまかったです。

特に、夕日の中、屋上で真名から依人の記憶がなくなるシーンは最高でした。

 人々から依人と蒼乃の記憶が消えている中、真名が屋上で夕焼けを見ている依人のもとを訪れ、まだ依人にいなくなって欲しくないと必死に訴えかけ、

 忘れるはずない、そんなの
 忘れるはずないよ
 依人がどんなに願っても、どんない望んでも私、忘れないから
 絶対、忘れないから


と言うも依人がいなくなり、記憶がなくなって

 あれ、どうして私泣いてるんだろう
 どうして、涙が止まらないんだろう


と言って真名が涙する。このシーンがすばらしかったです。なんというか切ないです。
真名が懇願するところにはグッと来ました。

そして、
 こよりが蒼乃との別れの前に折り紙を教えてもらう、そのシーンも。離れたくないと泣きながら言うこよりにも少し感動しました。

今回、この二つの別れのシーンが非常に秀逸だったと思います。
これらのシーンだけ何回も繰り返し見てしまいました。


また、この11話では夕日の使い方がうまかったと思います。
夕日が背景のシーンは絵になりますね。
水面に真名と夕日が映っているのはきれいでした。
そして、日が沈んだ時に真名から依人の記憶を消しています。昼・夕方・夜と時間の移り変わりと物語の進行具合をうまく対応させています。solaは雨や電車、そして夕日と背景演出がうまいですね。

さらに夜になって、最後には、茉莉が蒼乃の前に姿を現しました。
今度こそ茉莉と蒼乃の間で決着がつくのでしょう。


solaも残すところあと2話

 ああ、戻そう…姉さんを…
 全てをありのままに


と依人が言ったようになるのでしょうか?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.19(Tue) 05:34] solaTrackback(2) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← sola 第12話 感想 | TOP | 真・らき☆すた 萌えドリル~旅立ち~ 感想

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://udk.blog91.fc2.com/tb.php/99-63677d89

絶対…忘れないから…わたしは――。幻は夢のようなもの、夢から覚めれば消えてしまう…夜が見せた幻の存在は、夢と消えゆく――。夜のとばりが降りるともに…静かな終わりのはじまり…依人の出した答えは、すべて
[ 2007.06.19(Tue) 20:08 ] SERA@らくblog

品質評価 26 / 萌え評価 20 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 1 / シリアス評価 68 / お色気評価 2 / 総合評価 21レビュー数 80 件 #11話「ムソウレンガ」のレビューです。
 ← sola 第12話 感想 | TOP | 真・らき☆すた 萌えドリル~旅立ち~ 感想

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

twitter

人気エントリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

記事一覧

ブログ内検索

メッセージフォーム

応援中

今後発売の期待作

オススメ作品

RSS

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。